あしたばの食べ方

あしたばは、おひたし、炒め物、味噌汁の具材に使えると言われていますが、初めて調理する場合には、少し注意が必要です。
あしたばは、とてもアクが強い食材なので、最初に軽く茹でてから使う場合が多いのですが、あしたばからは黄色い液体が出てくる事が多く、この液体が洋服につくと、シミとなって取れない事がほとんどです。
もちろん、この黄色い液体は悪い物ではなく、むしろ、あしたばの栄養素がたっぷりつまった物なのですが、初めての調理だと、少し戸惑う事もあると言われています。
また、あしたばは、油のような香りも強いので、お味噌汁よりも、おひたしにした方が、初めての方は食べやすいと言えるでしょう。

あしたばの栽培

あしたばは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
これは、住んでいる地域によっても異なります。
まず、あしたばは、伊豆半島で栽培されている野菜のひとつで、かなり温暖な気候でないと、寒さで成長する前に枯れてしまうそうです。
あしたばは育つと葉も大きくなる為、それなりの広さも必要だと言われており、一般家庭では難しいでしょう。
もちろん、すでに八丈島などに住んでいる場合には、小さな土地でも、あしたばを作る事が出来るそうですが、あしたばは、除草の他に、肥料をあげたり、収穫も葉っぱと茎を1本ずつ取る為、他の野菜よりも手間ひまがかかると言われています。

あしたばの簡単な定番レシピ

あまり、食べる機会のないあしたばですが、あしたばを使ったレシピには、どんな種類があるのでしょうか。
あしたばは、八丈島などで栽培されているセリ科の野菜ですが、本場の八丈島では、あしたばをさっと茹でて、おひたしにして食べる事が多いと言われています。
あしたばは、ほうれん草などと違って、すこしクセが強く、油分も多い野菜なので、レモン汁と和えて、さっぱりと仕上げる事が多いようです。
また、炒め物や、天ぷらの具材として使ったりする事も出来ますが、あしたばを食べなれていない場合には、おひたしが妥当なレシピだと言えるでしょう。
あしたばは、好き嫌いが分かれる食材なので、まずはオーソドックスなメニューから挑戦してみると良いそうです。

あしたばのカロリー

あしたばには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
あしたばは、100g当たり33カロリーが含まれています。
しかし、あしたば1本は、大体15g(5カロリー)ほどですから、沢山食べても、そこまでダイエットに影響はありません。
むしろ、あしたばには、豊富な食物繊維が含まれているため、便秘解消にも効果的ですし、便秘が解消される事で肌あれば改善すると言われています。
さらに、あしたばに含まれているカルコンという成分は、セルライト解消にも効果があると言われているので、ダイエット中の女性にも、あしたばは、オススメの食材だと言えるでしょう。

あしたばがわかる!その魅力とは

あしたばの魅力とは、何でしょうか。
あしたばの魅力は、その栄養成分にあります。
あしたばには、カルコンと、クマリンという成分が含まれており、カルコンは、抗酸化、抗炎症性、抗菌作用があり、血栓の防止や、血糖値を下げる効果があると言われています。
そして、クマリンにも、抗酸化作用があり、ボケ防止にも効果がある為、日常的にあしたばを食べる事で、様々な効能を得られると言えるでしょう。
ちなみに、あしたばは、東京でも手に入りにくいのですが、最近では、サプリメントにも使われており、錠剤や粉末タイプもあるので、こちらの方が、飲みやすく、毎日続けやすいと言われています。

あしたばの保存方法

あしたばは、どんなふうに保存するのが良いのでしょうか。
あしたばは、八丈島などの伊豆諸島で収穫される事が多く、あまり生のあしたばが本土に入ってくる事はありません。
しかし、インターネットなどを使えば、あしたばを郵送してもらう事も可能だと言えるでしょう。
あしたばは、鮮度が重要なセリ科の野菜なので、購入後は、冷蔵庫で保管するのが良いそうです。
ただ、あしたばを冷やしすぎると、栄養分も弱くなってしまうため、野菜室に入れる前に、新聞紙で包んでおくと、適度な温度で保管出来ると言われています。
また、あしたばは、乾燥しやすい為、出来るだけ早めに食べる事も大切です。

あしたばの種類

あしたばには、種類があるのでしょうか。
あしたばは、日本原産のセリ科の野菜で、主に八丈島など、伊豆半島で栽培されています。
あしたばには、高い栄養分が含まれているため、伊豆半島以外でも育てられる品種開発が進められているそうです。
しかし、伊豆半島のように暖かい気候の地方でないと、あしたばは、寒さで成長出来ずに枯れてしまうため、現在の所は、あしたばの種類がないと言えるでしょう。
また、生のあしたばは、なかなか入手出来なくても、健康サプリメントや青汁などに、あしたばが使われる事も多くなってきたので、加工健康食品を利用するのも、オススメです。

あしたばの有名産地

あしたばの産地と言えば、どこなのでしょうか。
あしたばの産地は、八丈島や伊豆半島です。
あしたばは、日本原産の野菜で、温暖な気候の伊豆諸島で育ちやすいセリ科の野菜です。
現在の所、あしたばの栽培は、伊豆半島でしか行われておらず、他の地域では気候が寒すぎて、あしたばの栽培が出来ないそうです。
しかし、あしたばには、高い栄養素が含まれているため、全国各地から需要があるのは確かで、あしたばを加工した、健康サプリメントなどが人気を集めていると言われています。
ちなみに、現在の所は、海外でも、あしたばを育てている地域はないと言えるでしょう。

あしたばの価格目安

あしたばの価格は、どれ位が目安になるのでしょうか。
あしたばは、あまり販売量が多くない分、価格も少し高めになっていると言われています。
最近では、あしたばが、青汁や、健康サプリメントとして販売冴えている事も多く、価格は、100g1700円ほどになるそうです。
生のあしたばになると、東京の八丈島で販売されているのですが、一束300円ほどが相場だと言えるでしょう。
生のあしたばは、新鮮なうちに食べないと、すぐに悪くなってしまう事もあり、高い栄養分を保ったまま、長く保存するとなると、やはりあしたばを使ったサプリメントなどの製品の方が、優れていると言われています。

あしたばの栄養と効能

あしたばには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
あしたばは、葉もの野菜の中でも、高い栄養素が含まれている事で知られています。
まず、あしたばには、ほうれん草や、ケールの2倍ほどの食物繊維を含んでいるため、お腹にやさしく、しみそばかす対策にも、効果があると言われています。
そして、あしたばに含まれるクマリンという栄養分は、抗菌作用が強く、アルツハイマーの予防に効果的なので、生食だけでなく、あしたばを使ったサプリメントなどを飲むのも良いでしょう。
さらに、あしたばは、抗がん作用のあるカルコンという栄養分も含まれており、日常的に少しずつ食べる事で、高い健康効果を得られると言われています。

あしたばのおいしい見分け方

あしたばのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、生のあしたばのおいしい時期は、7月~10月です。
日本国内では、特に、八丈島などの伊豆諸島で栽培される事が多いあしたばですが、やはり時期に食べるあしたばは、栄養価も高く、おいしいと言われています。
また、あしたばの鮮度は、葉っぱの色でも、見分ける事が出来ます。
葉っぱの色が鮮やかな緑で、葉っぱの先までみずみずしい物は、鮮度が高い証なので、おいしいと言えるでしょう。
ちなみに、あしたばは、成長しすぎると茎が堅くなるので、あまりに堅そうな物は、購入を控えた方が良いと言われています。