あまに油がわかる!その魅力とは

あまに油の魅力とは何でしょうか。
あまに油の魅力は、健康効果が高く、肌に塗る事でも、肌荒れやアトピーを予防出来る事だと言われています。
あまに油には、脂肪を分解する効果のあるオレイン酸、αリノレン酸が豊富に含まれている為、ある程度の量を摂取しても、コレステロール値が上がる事はありません。
特に、あまに油は、肌への効果が絶大で、アトピーの方や、肌が荒れやすい赤ちゃんの肌に塗ったり、マッサージオイルとして使う事で、湿疹や、肌のかゆみを抑える効果もあると言われています。
あまに油は、熱を通さずに摂取するのが基本なので、「油を飲むのはイヤ」という方は、カプセルなどを飲むのもオススメです。

あまに油の保存方法

あまに油にも、特別な保存方法があるのでしょうか。
あまに油は、他のオイルに比べると、劣化のスピードが早いため、開封したあまに油は、1ヶ月以内に使い切る事が原則だと言われています。
また、あまに油は、熱を加えると、中に含まれている栄養成分が破壊されてしまうという特徴があるため、日光が当たる場所に保存するのはタブーで、冷蔵庫に入れておく必要はありませんが、日陰で涼しい場所に保存した方が良いでしょう。
あまに油というと、大きなビンを買った方がお買い得に感じるようですが、実際には、劣化が早く、すぐに悪くなってしまうため、小さなボトルを数本買った方が、健康への効果が高いと言われています。

あまに油の種類

あまに油にも、種類があるのでしょうか。
基本的に、あまに油の種類は、あまに油の原料である亜麻の産地によって異なります。
一番人気が高く、あまに油の味もクセが少ないのが、カナダ産の亜麻で、カナダは、亜麻の世界的な産地なので、その点でも、上質の亜麻が採れると言われています。
そして、あまに油は、生食用、肌用、栄養カプセルとして販売されており、生食ではドレッシング、またはそのまま飲むという方法を取ります。
生食用のあまに油は、肌にも使う事が出来るため、そのまま肌に塗りこんでも良いでしょう。
さらに、「あまに油をそのまま飲むのは苦手」という方は、あまに油のカプセルを飲むのもオススメです。

あまに油の有名産地

あまに油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
あまに油の原料として使われる亜麻の産地としては、カナダ、中国、インド、アメリカなどが有名です。
特に、カナダ産の亜麻は、あまに油にした時にクセが少なく、栄養素も豊富な為、そのまま飲むタイプのあまに油では、人気が高いと言われています。
その他の国の亜麻は、生食の場合にクセが強く感じる事もあるので、肌に塗る用、ドレッシング用と使い分けるのもひとつの方法だと言えるでしょう。
また、亜麻は、国内でも栽培されているのですが、生産量はかなり少ないため、完全な国内産あまに油を見つけるのは、ほぼ不可能だと言われています。

あまに油の価格目安

あまに油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
あまに油は、300mlあたり、1000円~1500円ほどする高級なオイルです。
このあまに油は、食用としてだけでなく、肌に塗る事でアトピーや、肌荒れを防ぐ事が可能で、国内ではあまり知られていない分、入手が難しく、価格も比較的高めだと言われています。
ただ、あまに油は、熱を加えると栄養素が崩れてしまうという性質があるため、食用油として使う場合には、加熱せずにそのまま飲むか、ドレッシングなどに使うという方法がいいそうです。
ちなみに、あまに油は、食用油と言うよりも、健康食品として扱われている事が多いと言われています。

あまに油の栄養と効能

あまに油には、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
あまに油は、オメガ3脂肪酸という山河含まれており、これらを摂取する事で、脳神経や視神経の働きを助けてくれる効果があると言われています。
そして、あまに油は、加熱すると栄養分が破壊されてしまうという特徴があるため、ドレッシングとして使ったり、生のまま飲むという方法があります。
ただ、肌荒れが気になる方は、そのまま肌に塗り込んだり、ボディーマッサージをする事で、肌荒れや、アトピーなどに効果があるそうです。
ちなみに、あまに油は、劣化が早いため、開封後は1ヶ月以内に使い切った方が良いと言われています。

あまに油のおいしい見分け方

あまに油にも、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
基本的に、あまに油は、原料として使われる「亜麻」の産地によって、味わいも異なると言われています。
一番クセが少ない亜麻は、カナダで栽培されており、あまに油を購入する際にも原産国をチェックすると良いでしょう。
あまに油は、肌に塗る、ドレッシングとして使うと言う他に、生でそのまま飲む、という方法があり、クセが強すぎると飲むのも大変ですから、その点でも、クセが少なく、味が柔らかいあまに油を選ぶ事が重要なのです。
また、亜麻は中国や、インドなどでも栽培されていますが、カナダ産の亜麻に比べると、クセが強いため、肌に塗る用と使い分けるのも重要だと言えるでしょう。