あんずの保存方法

生のあんずは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
あんずは、くだものの中でも、傷みやすいため、購入後の保存方法は重要だと言われています。
特に、中身が熟して、実が柔らかく、香りが強くなっているあんずは、冷蔵庫で保管して、2日~3日中に食べきってしまいましょう。
そして、冷蔵庫に入れると、熟成が止まってしまうので、まだ堅い実は、常温で保存した方がいいと言われています。
また、すぐにあんずを食べきれない場合には、生のまま保存するよりも、あんずジャムなどにした方が良いと言われているため、自家製のあんずジャムを作ってみるのも、オススメです。

あんずの食べ方

あんずには、どんな食べ方があるのでしょうか。
これは、あんずの種類によって異なります。
あんずは、国内でも青森県や長野県などで栽培されていますが、国内産の品種は、甘みより酸味が強いため、生食よりも、ジャムや干しあんずにした方が、良いと言われています。
また、ヨーロッパ、アメリカ、カナダなどで作られているあんずの場合には、甘みが強い品種が多いため、水で洗えば、すぐに食べる事が出来ます。
ただ、輸入品になると鮮度が落ちやすいため、あまり国内には、生のあんずが販売されていないと言われています。
国内では、生のあんずは高級品の部類に入るでしょう。

あんずの種類

あんずには、どんな種類があるのでしょか。
あんずは、元々中国、中央アジアで作られていた果物なので、日本国内での歴史が長く、種類も多いと言われています。
まず、ヨーロッパなどで精算されているあんず(アプリコット)は、アジアのあんずよりも、甘みが強く、酸味が弱いそうです。
日本国内で生産されているあんずは、平和、昭和、新潟大実などが有名で、どの種類も酸味が強く、生食よりかは、ジャムなどの加工用に使われています。
大きさは、平和、新潟大実、昭和の順に大きく、海外では、甘みが強く、生食にむいているハーコット、ゴールドコットなどの品種が人気だと言えるでしょう。

あんずの有名産地

あんずの産地は、どこが有名なのでしょうか。
まず、あんずは、元々中国や、中央アジア原産の果物で、日本国内でも、沢山の種類が栽培されています。
日本国内のあんず生産量は、青森県が54%と一番多く、その次に長野県が45%と続くため、その他の検で生産されているのは、1%ほどしか無いと言われています。
あんずは、寒冷地で育ちやすく、日本国内で収穫されるあんずのほとんどは、酸味が強いため、干しあんずにしたり、あんずジャムとして、加工される事が多いようです。
また、あんずは、アメリカやカナダなどでも、生産されており、海外のあんずの方が、甘みが強いと言われています。

あんずの栽培

あんずは、自宅で栽培する事も出来るのでしょうか。
あんずは、木になる果物なので、庭などがあれば育てる事が出来ます。
ホームセンターには、あんずの苗木も販売されていますし、実際にあんずを収穫出来るようになるまでには、10年ほどかかると言われていますが、栽培には、そこまでの手間がかかりませんから、一般家庭向きの果物だと言えるでしょう。
あんずは、青森県や長野県など、温度差の激しい地域で育てられているのですが、寒冷な地域にあんずを栽培すると、開花後に、晩霜の被害を受ける事が多いので、地面から話すように、樹高を高く作る事が大切だと言われています。

あんずの簡単な定番レシピ

あんずの定番レシピというと何なのでしょうか。
あんずは、酸味が強い果物なので、あんずジャムなどに加工して食べるのが一般的です。
あんずの材料は、生のあんずを1キロ、グラニュー糖500gのみで、あんずをキレイに洗ってから、皮はむかずに、半分に切って、種を取ります。
ホーローの鍋に入れて、グラニュー糖をかけた状態でしばらくおくと、自然にあんずから水分が出てくるので、その水分と一緒に弱火で煮込みます。
あんずは、アクが出る果物でもあるので、アクを取り除きながら、焦がさないようにかき回すと良いでしょう。
全体が馴染んだら、熱湯で殺菌消毒した瓶にあんずを詰め手、冷ましてから、冷蔵庫で保管すれば、あんずジャムの出来上がりです。

あんずがわかる!その魅力とは

あんずの魅力とは何でしょうか。
あんずの魅力は、加工法によって、様々な味を楽しめるだけでなく、健康にも高い効果を発揮する事だと言われています。
まず、あんずは、生のあんずよりも、干しあんずや、あんずジャムに使われる事が多く、昔ながらの、あんず棒アイスも販売されています。
あんずは、果物の中でも、すこしクセがある味なので、好き嫌いは別れるのですが、加工法によって、味わいも変わってくると言えるでしょう。
また、あんずには、カリウムが豊富に含まれているので、高血圧・動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞などを予防してくれる効果があるのも、大きな魅力だと言われています。

あんずの価格目安

あんずの価格は、いくらぐらいが相場なのでしょうか。
あんずは、干しあんずとして販売されている事が多く、価格は200g200円~1000円と、産地や栽培方法によって、大きな差があると言われています。
そして、あんずジャムの場合には、400gほどの瓶で、300円~500円ほどで売られている事が多いようです。
あんずは、生の状態だと悪くなってしまうのがとても早いため、一般にはあまり販売されていませんし、販売されていても、100g400円ほどと高めに設定されていると言われています。
その為、干したあんずの方が、一般にも手に入りやすいと言えるでしょう。

あんずの栄養と効能

あんずには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
あんずには、豊富なβカロテンと、カリウムが含まれています。
βカロテンは、体内に入ると、ビタミンAに変わる栄養素で、これを日常的に摂取する事で、老化防止の効果があると言われています。
また、脳卒中や心筋梗塞を防ぐ効果も高い為、不健康な生活を送っている方には、あんずがオススメです。
また、あんずに含まれるカリウムは、高血圧などにも効果があるそうです。
ちなみに、あんずには、疲労回復や冷え性にも効果が高いクエン酸、リンゴ酸、喘息などに効果があるアミグダリンという成分なども含んでいると言われています。

あんずのカロリー

あんずには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
まず、生のあんずは、100gあたり、35カロリーと、果物の中では標準的なカロリーの量だと言われています。
あんず1個は、大きめのもので70gほどになりますから、一粒25カロリーと考えれば、毎日食べてもヘルシーです。
しかし、あんずは、ジャムや干しあんずとして加工されている事の方が多く、干しあんずの場合には、100gあたり、288カロリーも含まれているそうです。
砂糖を大量に使って加工している事もあり、ダイエット食材と言うのは難しいかもしれません。
ただ、干しあんずには、その分、高い栄養素も含まれているので、総合して考える必要があるでしょう。

あんずのおいしい見分け方

あんずは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
一般には、販売量が少ないのですが、生のあんずを購入する場合には、ふっくらとして、実が丸いあんずを選ぶのが良いと言われています。
皮全体の色がオレンジ色になっている事も大切で、色にムラがあったり、黒ずんでいるものは、傷んでいる事が多いので、購入を控えましょう。
また、すでに熟しているあんずは、香りが強いため、すぐに食べきる場合にはオススメですが、まだ食べきるまでに時間がかかる場合には、少し香りが弱めのものを選んだ方が良いと言われています。
おいしいあんずは、ブランドものよりも、実をしっかりと見て、見極める必要があるでしょう。