えんどうの食べ方

えんどうは、どの種類も食べ方が一緒なのでしょうか。
えんどうには、いくつかの種類があり、それによって食べられる部分も異なります。
まず、豆が大きいえんどうは、サヤから豆を出してから煮る必要がありますが、スナップエンドウという種類は、サヤごと食べる事が出来ます。
サヤエンドウも、サヤを噛んだ時にパリッという食感があるのが魅力ですから、種類によって下準備も変わってくると言えるでしょう。
ちなみに、えんどうの仲間であるグリーンピースは、缶詰で販売されている事が多く、缶詰の場合には、そのまま食べる事も出来ますが、水煮の臭いが気になる場合もあるので調理した方が良いと言われています。

えんどうの栽培

えんどうは、小さな庭があれば、家庭菜園でも育てる事が出来ると言われています。
えんどうの種まきシーズンは、10月中旬~11月初旬で、種まきをする2週間ほど前には、堆肥を作っておく必要があり、種を植えてからも、種の上に3センチほど土を重ねます。
そうしないと、えんどうの根が浮き上がって発芽に障害が出てくるのです。
えんどうは、ツルで育つ野菜ですから、ツルが伸びてきたら、支柱を立てて、上に伸びるようにする必要があると言えるでしょう。
収穫の時期は、5月上旬から6月の下旬で、連作障害になる可能性があるので、5年は、同じ場所に作付けしないという事も重要だと言われています。

えんどうの簡単な定番レシピ

えんどうは、どんな風に食べるのが一般的なのでしょうか。
これは、えんどうの種類によっても異なりますが、豆が大きいえんどうの場合には、サラダにしたり、ご飯と混ぜたり、付け合わせとして食べられる事が多いと言われています。
例えば、キャベツのサラダに、茹でたソーセージとえんどうをいれて混ぜたり、もち米と一緒に焚いて、豆ご飯として食べれば、豆の香りも楽しめると言えるでしょう。
また、えんどうの仲間であるサヤエンドウは、煮物料理の具材として入れられている事が多いですし、グリーンピースは、付け合わせや、煮込み料理に合うと言われています。

えんどうのカロリー

えんどうには、どれくらいのカロリーがあるのでしょうか。
えんどうは、豆類の野菜の中でも、特にカロリーが多いと言われています。
えんどうには、100gあたり、茹でた状態で148カロリー、乾燥した状態で352カロリーが含まれています。
352カロリーになると、すでにショートケーキなどのカロリーを超えていますから、ダイエット中の方は、特に乾燥させたえんどうの摂取には注意した方が良いでしょう。
もちろん、えんどうには、豊富な食物繊維が含まれていますから、日常的に口にする事によって、便秘解消などのメリットがありますが、栄養素が高い分、カロリーも上がってしまうと言われています。

えんどうの保存方法

えんどうは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
えんどうは、購入後、出来だけ早くサヤから実を取り出して、茹でてしまった方が良いと言われています。
生のままおいておくと、えんどうのサヤや実がどんどん乾燥して、風味なども落ちてしまいますから、すぐに使いきれない場合でも、5割ほど茹でた状態で、凍らせてしまうのが良いでしょう。
また、ビニール袋などに入れて冷凍しておけば、必要な時に取り出して、水でさっと洗えば、必要な分だけ取り出す事が出来ますし、煮込み料理や炒め物の場合には、調理中に自然と解凍されるので、わざわざ解凍する時間を作らなくて良いのもポイントです。

えんどうの種類

えんどうには、沢山の種類があると言われています。
まず、私達が普段えんどうと呼んでいるのは、ひとつのサヤに豆が6つ~7つほど入っている種類で、サヤのサイズも大きいと言われています。
特に、スナップエンドウという種類は、サヤごと食べられるのが特徴で、甘みが有り、サヤもパリッとしているのが、大きな特徴だと言えるでしょう。
そして、サヤがかなり薄くなっているのが、キヌサヤエンドウという種類で、こちらもサヤごと食べる事が出来ますが、スナップエンドウと比べると、厚みがまったく違います。
また、グリーンピースもえんどうの種類ですが、こちらは缶詰として販売されている事が多いと言われています。

えんどうの有名産地

えんどうの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
えんどうの国内産地は、和歌山県が有名です。
和歌山県のえんどう生産量は、全国第一位で、キヌサヤエンドウやオランダエンドウなどの品種も、合わせて栽培しています。
えんどうは、和歌山県のような温暖な土地で育ちやすいと言われており、東京などの大都市で販売されているえんどうのほとんどは、和歌山県産のえんどうだと言えるでしょう。
また、最近では、ネットを使って、えんどうの販売を行っている農家の方も多いので、機会があれば、産地直送のネット通販サービスを利用してみるのもオススメです。
ちなみに、グリーンピースの生産量は、アメリカが多いようです。

えんどうの価格目安

えんどうの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
生のえんどうは、100gあたり、200円~250円ほどだと言われています。
ただ、えんどうは、エンドウ豆と表記される事もありますが、グリーンピースとして缶詰で販売されているものも多いので、その場合には、400gほどで200円と割安になると言えるでしょう。
もちろん、生のえんどうを調理した方が、味も良いですが、価格面で言えば、缶詰の方が購入しやすいと言われています。
ちなみに、えんどうは、塩えんどうとして、150g袋入り、100円程度で販売されている事もあるようなので、用途によっても、価格が異なると言えるでしょう。

えんどうの栄養と効能

えんどうには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
えんどうには、オレイン酸や、食物繊維が多く含まれていると言われています。
オレイン酸は一般にも知られている通り、コレステロールを減らす効果が高いため、糖尿病や動脈硬化などの予防に効果があると言われています。
そして、えんどうに含まれる食物繊維は、腸内細菌を増やして、調子を整えるため、便秘気味の方は、日常的に摂取する事で、かなりお通じが良くなると言えるでしょう。
また、えんどうは、がん細胞の発生を防ぐ効果もある為、日常的に摂取する事で、健康への効果も多いに期待出来ると言われています。
調理法によっても異なりますが、えんどうは、かなりヘルシーな食材です。

えんどうのおいしい見分け方

えんどうは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
えんどうは、サヤに包まれているマメなので、見た目でおいしさを見分けるのは難しいという方もいるのですが、サヤだけでも、見分けられるポイントがあるそうです。
おいしいえんどうのサヤは、全体がふっくらしていて、緑色が強く、はりがあると言われています。
緑色も、一部だけが濃い色というわけではなく、全体的に色が均一になっているものを選ぶのが良いと言えるでしょう。
また、えんどうのガクの部分が、みずみずしくサヤがピンと張っているものを選ぶと、失敗が少ないそうです。
中身が見えないえんどうだからこそ、見分けのポイントを覚えておく事が大切なのです。

えんどうがわかる!その魅力とは

えんどうの魅力とはなんでしょうか。
えんどうの魅力は、第一に使い勝手が良い事だと言われています。
まず、えんどうは、ご飯と一緒に炒め物にしてもおいしいですし、煮込みものの具材として、お肉の付け合わせとしても、様々なシーンで使えます。
生のえんどうを殻から出して、自分で煮込んでも良いですし、そこまで味にこだわりがないのなら、調理が簡単な缶詰タイプでも、使いやすいと言えるでしょう。
そして、えんどうは、コレステロールを下げる硬貨があるため、日常的に摂取する事で、健康への影響も大きくなると言われています。
ちなみに、えんどうが嫌いなお子様でも、調理法によっては食べられるのも、えんどうの大きな魅力だと言えるでしょう。