かぼちゃの食べ方

かぼちゃは、大きいサイズを購入すると、消費するだけでも大変だと言われています。
特に一人暮らしや、家族の人数が少ない場合には、どうやってかぼちゃを食べきるかという事だけで、カボチャばかりのレシピになってしまう事もあります。
基本的に、かぼちゃはカットしなければ、涼しい場所で1ヶ月から2ヶ月ほど保存が可能なのですが、もしカットした場合には、種をワタを抜いてから、堅めに茹でて、ラップに包んでから冷凍するのが良いでしょう。
かぼちゃは、夏野菜のひとつなので、冬場は値上がりしますし、夏場に安く購入しておいて、冬の食卓に使うと言うのも、オススメです。

かぼちゃの栽培

かぼちゃは、家庭菜園でも栽培する事が出来るのでしょうか。
かぼちゃは、栽培する地域の機構によって、種まきや収穫の時期がずれますが、家庭でも育てられる野菜のひとつです。
中間地、暖地なら、3月の始め~5月の中旬にかけて、寒冷地なら4月の中旬~6月の中旬にかけて種を巻きます。
かぼちゃは、ツルが伸びてくる種類なので、葉も少し間引きして、生育が良いものを3本ほどのばすと良いでしょう。
また、かぼちゃは、人工授粉させると、確実に実を付ける事が出来ると言われており、収穫は暖地が6月中旬~8月の上旬、中間地が7月の上旬~8月の下旬、寒冷地が8月の上旬~9月の上旬だと言われています。

かぼちゃの簡単な定番レシピ

かぼちゃの定番レシピと言えば、かぼちゃの煮付けです。
かぼちゃの煮付けは、カボチャ、醤油、砂糖、みりん、水があれば簡単に作れる簡単料理で、カボチャを一口大に切ってから、調味料を混ぜ合わせて、ラップに包んでからレンジでチンするだけで出来てしまいます。
もちろん、煮付けと言えば、しっかりとお鍋でコトコトと煮込んだ方が味がしみるのですが、レンジで温めるだけでも、かぼちゃがほっこりと仕上がっておいしいそうです。
さらに、かぼちゃのポタージュを自分で作る方もいますが、この場合には、けっこうな手間がかかるので、休日など、料理に時間をかけられる日に作った方が良いでしょう。

かぼちゃのカロリー

かぼちゃには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
かぼちゃは、100gあたり91カロリーと、野菜にしてはカロリーが高いと言われています。
かぼちゃは、夏野菜のひとつなので、カロリーが高いのは珍しいのですが、その分、ビタミン群が豊富で、食物繊維も含んでいる為、栄養素が高いと言えるでしょう。
もちろん、かぼちゃは、お芋などの種類と同じように、食べ過ぎると太ってしまうと言われていますが、基本的に、おかずの一品として食べる分には、まったく問題ないと言われています。
ただ、かぼちゃを使ったお菓子は、糖分も強いので、その分、太りやすいそうです。

かぼちゃがわかる!その魅力とは

かぼちゃの魅力とは何でしょうか。
かぼちゃの魅力は、その甘みと、使い勝手の良さだと言われています。
まず、かぼちゃは、野菜の中でも、とても甘みが強い野菜で、子供から大人まで幅広い世代に人気があると言われています。
その甘みから、お菓子として使われる事も多く、パンプキンプリンや、パンプキンケーキなど、沢山の量を買っても、お菓子の材料として使えるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。
さらに、かぼちゃは、料理に使われる場合でも、煮物、焼き物などに応用が利くため、ひとつの野菜で、様々な料理のバリエーションを楽しめるのが、魅力だと言われています。

かぼちゃの保存方法

かぼちゃは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
かぼちゃは、カットしていない状態なら、かなり長い期間保存が可能です。
1玉のかぼちゃは、涼しい所においておけば、1ヶ月~2ヶ月ほどの保存が出来るため、冬場は常温でも大丈夫でしょう。
ただ、カットしてあるかぼちゃの場合には、種とワタを取ってからラップに包んで野菜室で保存します。
この場合には、1週間ほど保存が可能ですが、すぐに食べる予定が無い場合には、堅めに茹でてから、皮を取った状態で冷凍するのが良いと言われています。
ちなみに、かぼちゃは、収穫後に熟成して甘みが強くなる野菜なので、1玉で購入した場合には、2週間ほど熟成させると、さらに甘くなると言えるでしょう。

かぼちゃの種類

かぼちゃには、どんな種類があるのでしょうか。
私達が普段食べる事が多いのが、皮が緑で中身が黄色がかった黒皮栗カボチャという種類です。
この黒皮栗かぼちゃは加熱すると、さらに甘みが強くなる性質があり、7月~8月の夏のシーズンに沢山売られています。
また、かぼちゃは夏野菜なので、冬に販売されているかぼちゃは、ニュージーランドやメキシコなどの南半球から輸入している物が多いそうです。
その他にも、カボチャには、皮が明るいオレンジ色をした赤皮栗かぼちゃ、白っぽい皮の色をした白皮栗カボチャ、緑の色がとても暗い黒皮かぼちゃなど、様々な種類があると言われています。

かぼちゃの有名産地

かぼちゃの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
日本国内のかぼちゃの産地と言えば、北海道です。
北海道では、日本で出荷されているかぼちゃの約6割を占めており、大きな大地で育ったかぼちゃは、甘みが強くおいしいと言われています。
北海道の次には、鹿児島県がかぼちゃの産地として有名ですが、北海道の出荷量の方が約9倍多いと言えるでしょう。
また、輸入先としては、ニュージーランドが1位で、メキシコからも輸入する事が多いそうです。
かぼちゃは、元々夏野菜なので、日本が冬の間は、その時期に夏にあたる南半球の国から、かぼちゃを輸入する事が多いと言われています。

かぼちゃの価格目安

かぼちゃの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
かぼちゃの価格は、大きさによっても異なりますが、小さいサイズであれば、1玉150円~200円ほどで購入出来ると言われています。
もちろん、どこで収穫されたかぼちゃかによって、値段や、カボチャの頻出は異なるのですが、中くらいのサイズであれば、半分で250円~300円ホドするでしょう。
しかし、かぼちゃは、皮が厚く、種が多い野菜なので、小さいカボチャの方が、実際に食べられる部分が少ないと言われています。
大きいカボチャを買っても食べきれないという方も多いのですが、かぼちゃは、冷凍も出来る野菜ですし、おかずだけでなく、おやつにも使えるのがポイントです。

かぼちゃの栄養と効能

かぼちゃには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
かぼちゃには、豊富なβカロテンが含まれています。
βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変わるという特性があり、免疫力を高める効果があるそうです。
特に、がん予防、風邪予防、老化防止などの効能も含んでいる為、日常的に摂取するのがオススメです。
また、かぼちゃには、血圧の上昇を抑えるカリウムも豊富に含まれているため、高血圧の方にもピッタリな食材です。
さらに、かぼちゃには、ルテインという栄養素も含まれており、これは眼精疲労や眼病予防にも、効果が高いと言われています。
かぼちゃの魅力は、おいしさだけでなく、その栄養分にもあると言えるでしょう。

かぼちゃのおいしい見分け方

かぼちゃは、どうやって、おいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、1玉で販売されているかぼちゃは、皮が硬く、全体の形も左右対称の物を選ぶのが良いと言われています。
かぼちゃの中には、皮がごつごつしていて、不格好な物もありますが、これは栄養分がまんべんなく行き渡っていないので、一部はとてもおいしくても、一部はマズいと言う事がよくあるそうです。
そして、すでにカットした状態で売られている場合には、中身の色が濃くて、種とワタがつまっている物がおいしいと言われています。
また、種が膨らんでいる物の方が、甘みも強くおいしいと言えるでしょう。