からあげがわかる!その魅力とは

からあげの魅力とは何でしょうか。
からあげの魅力は、幅広い世代に人気があり、パーティからお弁当まで、様々な場面で応用が利く事だと言われています。
衣はかりかり、中はホクホクとしているからあげは、お子様からお年寄りまで、様々な世代に愛される庶民の味で、下準備も簡単なので、外で食べるだけでなく、家庭料理としても大変人気があります。
そして、からあげは、出来立てのほかほかもおいしいのですが、お弁当の具材としてもよく使われますし、パーティーなど、沢山の人が集まる際には、ボリュームもある為、シンプルな割に、様々なシーンで使えるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

からあげの保存方法

調理済みのからあげは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
これは、時期によっても異なりますが、夏以外の時期で、翌日中に食べきれるのであれば、常温保存して、食べる前にレンジで温めても問題ありません。
また、自宅でからあげを作り過ぎてしまい、まだいつ食べるか分からない場合には、からあげの熱が取れてから、ジップロックなど、空気が入らない袋に入れて、冷凍保存するのが良いと言われています。
解答する場合には、まずレンジで半解凍してから、トースターで暖めると、出来立てのような美味しさを引き出す事が出来るため、試してみると良いでしょう。

からあげの種類

からあげにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
一般的なからあげと言えば、からあげ粉でした準備をして揚げたシンプルなものが多いのですが、人によっては、からあげに、他の味付けをする方も居るようです。
例えば、からあげに片栗粉をまぶす時に、一緒に青のりをまぶす、のり風味からあげ、下味の汁にカレー粉を混ぜるカレー風味からあげ、おろしにんにくに味噌を加える味噌風味から揚げなど、様々です。
もちろん、からあげ自体の調理方法は変わりませんから、相性によっては、自分でからあげ料理を創作してみるのもオススメです。
ちなみに、からあげをサラダにまぶせる、からあげサラダも、夏場には美味しいと言われています。

からあげの有名産地

からあげには、有名な産地があるのでしょうか。
基本的に、からあげは調理法の1つなので、どんな地域でも材料があれば、調理する事が出来ますが、特に地鶏がおいしい地域では、からあげも盛んに販売されているそうです。
からあげには、鶏のもも肉が使われており、鶏肉は低脂肪のお肉なので、そこまで脂がのる事はありませんが、味の濃さや、特徴はその地方の地鶏によって、大きく異なると言われています。
特に、地鶏が有名な名古屋や、鹿児島、宮崎などの地方では、鶏肉の専門料理店も多いため、その土地ならではの、ご当地からあげを味わってみるのもオススメです。

からあげの価格目安

からあげの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
まず、家庭で作るからあげの場合は、鶏肉とからあげ粉の価格になるので、家族4人前で大体800円~1000円ほどになるのが一般的です。
そして、レストランなどでからあげを食べる場合には、2人前1000円ほどが目安だと言われており、高級なレストランでは、さらに値段が上がると言えるでしょう。
最近では、コンビニなどでもからあげを販売している事が多く、その価格も、1人前300円ほどが目安だと言われています。
からあげは、庶民の味として人気があるため、どんなレストランでも、そこまで高額になる事が無いでしょう。

からあげの栄養と効能

からあげには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
からあげに使われる鶏肉は、低脂肪、高タンパクの健康的なお肉として知られています。
低脂肪のお肉はダイエットなどにも有効なのですが、胃腸の弱い人が沢山食べても、お腹を壊したり、胃痛に悩まされる事が無いというメリットもあります。
ただ、からあげに鶏肉の皮も使う場合には、コラーゲンなどを豊富に摂取出来る分、コレステロール値が上がる事もあるので、人によっては注意が必要でしょう。
そして、からあげの鶏肉に多く含まれるビタミンAは、身体の粘膜を強くするため、風邪や、がん予防にも有効だと言われています。

からあげのおいしい見分け方

からあげにも、おいしさを見分けるポイントがあるのでしょうか。
からあげは、家庭で調理される事も多く、下準備さえしっかりとしていれば、失敗する事がほとんど無い料理の1つです。
ただ、からあげの専門店では、からあげに使う鶏肉の種類から、からあげ粉の調合などにこだわっている場合も多く、一般家庭で食べるのとは、少し違うと言われています。
もちろん、おいしいからあげを作る為には、新鮮な鶏肉が欠かせませんし、からあげ粉のように、適度に効いた塩分も必要です。
その為、場合によっては、美味しくないからあげもあるかもしれませんが、基本的に、からあげはどこで食べてもおいしいと言うのが魅力だと言えるでしょう。