からし油がわかる!その魅力とは

からし油の魅力とは何でしょうか。
からし油の魅力は、油に独特の辛みが含まれているため、一部には、ファンが多い事だと言われています。
からし油は、黒からし、白からしの種子を圧縮して作られている為、からしのようなピリッとした香りがあるのが特徴です。
ただ、一般には、あまり存在自体が知られておらず、食用に使うには、辛すぎる油なのですが、辛党の中には、からし油料理が好きな方も多いと言えるでしょう。
そして、からし油は、一般には出回っていない分、油の種類としては、とても貴重だというのも魅力のひとつです。
味はともかく、貴重だと言う事は、からし油の大きな魅力だと言えるでしょう。

からし油の保存方法

からし油は、どのように保存するのが良いのでしょうか。
基本的に、からし油は、涼しく、日光の当たらない場所で保管するのが良いと言われています。
わざわざ冷蔵庫に入れて保存する必要はありませんが、からし油は、日光に当たる時間が長いと、中身が劣化して、栄養分も崩れてしまうので、良くないのです。
また、からし油を開封した後は、出来るだけ早めに使い切った方が、含まれている栄養分をキープ出来ると言われているので、可能なら、開封から3ヶ月以内に全てを使い切るのが良いでしょう。
からし油は、一般には、ほとんど出回っていない油ですが、もし購入出来た場合には、正しい保存をする必要があります。

からし油の種類

からし油にも種類があるのでしょうか。
基本的に、からし油は、黒からし、白からしの種子を絞って作られる油で、絡みが強く、カラシのようなピリッとした香りがあるのが特徴です。
ただ、からし油を揚げ油や、ドレッシングとして使うと、味全体が辛くなり過ぎてしまうため、食用よりも、スキンケア製品の原料として使われる事の方が多いと言われています。
そして、からし油自体、一般にはほとんど出回っていない傾向があり、ネットなどを使っても、からし油を購入するのは難しいようです。
また、からし油は、使われるカラシナの種類によって、種類が異なるようですが、最近では、からし油の販売自体が少ないため、沢山の種類を見る事もほとんど出来ません。

からし油の有名産地

からし油の産地では、どこが有名なのでしょうか。
最近では、からし油の販売自体が、ほとんどされていないのですが、からし油の原料となるカラシの産地としては、カナダ、インド、アメリカ、フランス、中国だと言われています。
国内では、調味料のからし以外、あまり使われる事のないカラシナですが、海外ではマスタードとして使う為の人気がとても高いため、カラシナの種子の収穫率も高いそうです。
また、国内では、からし油を見かける事は、ほとんどありませんが、カラシナの収穫が盛んなカナダやアメリカでは、日本よりも、沢山のからし油が販売されていると言われています。

からし油の価格目安

からし油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
残念ながら、からし油の価格は、明らかになっていません。
からし油は、カラシナの種子から採れる油なのですが、油自体の辛みが強く、食用に使ってもおいしくないため、一般には、出回っていないのです。
食用として使われていない為、購入者自体も少ないのか、ネットなどを使っても、からし油を販売しているお店すら出てきません。
もちろん、からし油はそこまで人気がある油ではないので、50mlで数万円という事はないでしょうが、購入者の需要がない分、からし油の情報を集めるのは難しいと言えるでしょう。

からし油の栄養と効能

からし油には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
からし油に含まれる栄養成分の中でも、特に特徴的なのが、「エルカ酸」です。
エルカ酸とは、炭水化物の一種で、特に、皮膚とヘルスケアには、欠かせない栄養分だと言われています。
エルカ酸を含む、からし油を肌につけると、化粧水のような役割をするため、肌がしっとりして、すべすべになるという効果があるそうです。
そして、からし油は、食用としても使う事が出来ますが、味自体は辛みが強く、あまりおいしくないため、主な使い道としては、ヘルスケア製品の原料として使われる事の方が多いと言えるでしょう。

からし油のおいしい見分け方

からし油にも、おいしさを見分ける方法があるのでしょうか。
残念ながら、からし油は、油に独特の辛みがあり、食用として使う事も出来ますが、一般にはあまり出回っていないため、おいしさを見分ける以前に手に入らないという問題があります。
また、からし油は、石鹸の原料として使われる事もあるのですが、この場合には、食用ではなくなるため、おいしさを見分ける必要が無いのです。
カラシナというと、からし油よりも、調味料としてのカラシの方が有名ですし、からし油は、普段目にする事がない分、見つけられたら、それだけでラッキーだと言えるでしょう。