きのこ(野生)の食べ方

きのこ(野生)は、どんな事に注意して食べたら良いのでしょうか。
きのこ(野生)で一番注意しないといけないのは、毒を持っているかどうかです。
「天然きのこ」として販売されている商品なら安心ですが、自分できのこ(野生)を採取する場合には、きのこの種類を沢山覚えて、正しく食べられるきのこ(野生)を選ぶ事が一番大切です。
毒があるきのこ(野生)の中には、食中毒を起こしたり、食べ合わせによって、アレルギー反応を引き起こす物もありますから、間違って食べてしまうと、とても危険だといえるでしょう。
ちなみに、毒キノコの毒は、病院でも取り除く事が難しいと言われています。

きのこ(野生)の栽培

きのこ(野生)は、枯れ木や、湿気の多い場所で勝手に繁殖してしまいますが、私たちの身近で、自然繁殖するきのこ(野生)のほとんどは、食用きのこでは無い為、食べない方が良いと言われています。
食用じゃないきのこ(野生)を食べると、食中毒を起こす危険性が高く、ものによっては、ショック死する場合もあります。
その為、身近に勝手に生えているきのこ(野生)は、食べられないと考えた方が良いでしょう。
きのこの栽培がしたい場合には、種類によって、栽培キットなどが販売されており、野生ではなくなってしまいますが、安全にきのこの栽培を楽しめるのでオススメです。

きのこ(野生)の簡単な定番レシピ

きのこ(野生)は、どんな風に調理するのがおいしいのでしょうか。
これは、きのこ(野生)の種類によっても異なりますが、香りがつよいきのこ(野生)なら、網焼きにするだけでも、おいしいと言われています。
網焼きにすると、その分、きのこ(野生)の香りも強くなりますし、本来の味を楽しめるという面では、ベストな食べ方と言えるかもしれません。
しかし、味が薄かったり、香りも弱いきのこ(野生)の場合には、炒め物などにした方が、おいしい場合もありますし、物によっては、鍋物にいれるのもオススメです。
実際に、香りが強いキノコの方が少ないので、調理法で工夫するのもひとつの楽しみだと言えるでしょう。

きのこ(野生)のカロリー

きのこ(野生)のカロリーは、いくつぐらいなのでしょうか。
これは、きのこ(野生)の種類によっても異なりますが、平均的なカロリー数は、100gあたり、15カロリーから22カロリーだと言われています。
しかし、きのこ(野生)は、100gまとめて摂取すること自体、とても少ないので、その点では、一食のカロリーも低めに抑えられると言えるでしょう。
もちろん、きのこ(野生)を網焼きにするだけなら、カロリーも低いのですが、バターソテーや、ソースにすると、その分、カロリーも高くなるので、ダイエット中の方は、調理法にも気を使った方が良いと言われています。

きのこ(野生)の保存方法

きのこ(野生)は、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
きのこ(野生)の場合は、保存料などが使われていない分、栽培されたきのこより傷みやすいと言われています。
特に、きのこ(野生)は、収穫した瞬間から鮮度が落ちて行きますから、その点でも、購入したその日の内に食べてしまった方が良いでしょう。
また、きのこ(野生)は、香りが強い事がひとつの特徴ですが、時間が経つに連れて、この香りも弱くなってきますから、せっかく天然のきのこを購入するなら、早いうちに食べきるのがオススメです。
ちなみに、自分で収穫したきのこ(野生)も、安全な事を確かめてから、早めに調理して使いきってしまいましょう。

きのこ(野生)の種類

きのこ(野生)には、どんな種類があるのでしょうか。
日本は、温暖湿潤な環境なので、世界一きのこの種類が多い国だと言われています。
その為、日本国内のきのこの種類だけでも、数千種類になると言われているのですが、大きく分けると、カサの形で部類分けされる事が多いようです。
例えば、カサがラッパ状のきのこや、ボール型のきのこ、珊瑚状のきのこ、ゼリー状のきのこ、カサの裏側がひだになるなどなど、様々だと言われています。
また、成熟したひだの色も、白、黒、黄色、ピンク、赤などに分類されており、食用に出来るきのこ(野生)は、全体のごくわずかだと言えるでしょう。

きのこ(野生)の有名産地

きのこ(野生)の産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
きのこ(野生)の産地は、全国でも沢山ありますが、林や山が多い分、長野県での収穫量は多いと言われています。
もちろん、きのこ(野生)の場合には、プロ以外にも、キノコ狩りをしている人達がいますから、その点では、実際にどのくらいの量が年間に収穫されているのかは分かっていませんが、秋口には、特にキノコ狩りをする人が多いと言えるでしょう。
ただ、最近は、簡単にキノコを栽培出来るキットなども販売されている為、わざわざきのこ(野生)を採らなくても、自宅できのこを栽培する方も増えて来ていると言われています。

きのこ(野生)の価格目安

きのこ(野生)の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、きのこの種類によっても大きく異なります。
きのこの中でも最高級と言われる松茸は、栽培が出来ないため、常に野生のものを収穫する必要がありますが、これは箱などに入って、1万円以上で販売されている事もよくあります。
逆に、食用のきのこは、野生でなくても、すでに栽培されたきのことして販売されていますから、100g100円ほどの物もありますし、その価格もピンキリだと言えるでしょう。
ちなみに、野生のきのこの方が、自然の中で育っている分、味も濃く、香りも良いという特徴があると言われています。

きのこ(野生)の栄養と効能

きのこ(野生)には、どんな栄養分があるのでしょうか。
基本的に、どんな種類のきのこでも、きのこ(野生)と栽培きのこの栄養成分に違いはないと言われています。
しかし、きのこ(野生)の方が、長い時間をかけて、自然の中で育っている分、栄養の量は多いと言えるでしょう。
多くのきのこは、食物繊維や、ナイアシン、グルタミン酸などを含んでいる事で知られていますが、きのこ(野生)の方が、この量も多いと言われています。
中には、栄養素が、きのこ(野生)の方が2倍~3倍多い場合もあるので、同じ量を食べても、健康への効果が高いと言えるでしょう。

きのこ(野生)のおいしい見分け方

きのこ(野生)のおいしさは、どこで見分けられるのでしょうか。
まず、きのこ(野生)と行っても、沢山の種類があるので、しっかりとそのキノコの特徴を知っておく事が大切です。
そして、市販されるきのこ(野生)については、その種類のきのこの産地を選ぶ事もおいしさを見分ける方法だと言えるでしょう。
そして、きのこ(野生)を採りに行く場合には、十分きのこの事を知っているベテランの方と一緒に、キノコ狩りに参加するのが一番で、きのこの図鑑などを持って、きのこを見極めるのは危険だと言われています。
奥が深いきのこ(野生)だからこそ、正しい知識が必要なのです。

きのこ(野生)がわかる!その魅力とは

きのこ(野生)の魅力とはなんでしょうか。
きのこ(野生)の魅力は、自然の中で育っている分、栄養素も豊富で、香りが良く、味も濃い事だと言われています。
きのこ(野生)は、土から生える物もあれば、枯れ木に生える物もあり、肥料などは使っていませんが、栄養分は栽培されたきのこよりも高いと言えるでしょう。
そして、きのこ(野生)は、栽培きのこよりもサイズが大振りの事も多く、香りが強いのも、大きな魅力だと言われています。
しかし、きのこ(野生)の種類は多いので、気軽にキノコ狩りをするのは、毒キノコを採ってしまう危険があるので、初心者の方には、オススメ出来ません。