けんちん汁がわかる!その魅力とは

けんちん汁の魅力とは何でしょうか。
けんちん汁の魅力は、一度にたくさんの野菜を摂る事が出来る上、醤油で味付けされている為、味自体がさっぱりしている事だと言われています。
一般的なけんちん汁には、にんじん、ごぼう、大根、コンニャク、豆腐などが使われており、1品でこれだけの食材を摂る事が出来る分、栄養分が豊富なのが、けんちん汁の魅力です。
そして、けんちん汁の味付けは、基本的に醤油で行われており、場所によっては、味噌仕立ての場合もあるようですが、醤油風味は味がさっぱりしていて食べやすいと言われています。
さらに、けんちん汁は自宅で作ると、家族4人でも300円以下で作れるのも、大きな魅力です。

けんちん汁の保存方法

けんちん汁は、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
けんちん汁は、醤油風味で味付けされるすまし汁なので、味噌汁と比べると、あまり保存が効かないと言われています。
まず、けんちん汁は、大根、里芋、にんじん、ごぼう、コンニャク、豆腐などが使われている汁物料理のひとつですが、自宅で作るなら、調理から3日以内に食べきるのが良いそうです。
出来るだけ早く食べ切らないと、里芋やごぼうが変色して、見た目も悪くなるだけでなく、風味や栄養分も落ちてしまうのです。
けんちん汁が飲まれるのは、冬の季節が多いのですが、保存は冷蔵庫で、室温で保存しない方が良いと言われています。

けんちん汁の種類

けんちん汁には、どんな種類があるのでしょうか。
けんちん汁は、元々精進料理のひとつで、お肉などの動物性タンパク質や、カツオだしなどが使われていないのが、特徴だと言われています。
一般的なけんちん汁と言えば、大根、ごぼう、にんじん、里芋、豆腐などを一緒に煮込んで、醤油で味付けするシンプルな物ですが、中には、けんちん汁を味噌風味に仕上げる方も居るそうです。
味噌風味だと、豚汁とあまり違いが無くなるため、けんちん汁と豚汁を勘違いする方も居るのですが、けんちん汁には肉類が使われていないという事を覚えておくと、区別が簡単でしょう。
また、地方によっては、けんちん汁に五穀米を入れる事もあるそうです。

けんちん汁の有名産地

けんちん汁の産地は、どこが有名なのでしょうか。
けんちん汁は、元々精進料理のひとつで、主に、建長寺の修行僧が作っていたと言われています。
精進料理と言う事で、基本的に肉類は使われておらず、ダシもかつお節ではなく、椎茸や昆布から出すのが良いとされているそうです。
しかし、けんちん汁には、にんじん、ごぼう、大根、里芋、コンニャク、豆腐など、沢山の野菜が使われていますから、それらの食材さえあれば、どこでも作れるシンプルな汁物料理だと言えるでしょう。
特に冬場には、けんちん汁を飲むだけで、かなり身体が温まるので、新鮮な食材を使って、自宅でけんちん汁を作ってみるのもオススメです。

けんちん汁の価格目安

けんちん汁の価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
けんちん汁は、使われている食材が多く、醤油を使って風味付けされている事もあり、定食屋さんなどで注文すると、350円ほどすると言われています。
ただ、けんちん汁は、定食屋さんだと、定食のメニューに含まれている事が多く、その場合には、けんちん汁の価格も200円ほどと割安になると言えるでしょう。
そして、けんちん汁のフリーズドライも販売されていますが、こちらは1人前200円ほどになるそうです。
ちなみに、自宅でけんちん汁を作る場合には、家族4人前でも300円以下で作る事が出来るので、時間さえあれば、自分で作った方がずっとお得だと言えるでしょう。

けんちん汁の栄養と効能

けんちん汁には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
けんちん汁には、豆腐、コンニャク、ごぼう、里芋、にんじん、大根などが含まれていますが、このうちのコンニャク、ごぼう、里芋、大根には、豊富な食物繊維が含まれています。
けんちん汁がよく飲まれる冬の季節は、運動も億劫になりがちで、お腹の調子が悪くなる事も多いのですが、けんちん汁は、お腹の調子を整えるのに有効な汁料理だと言えるでしょう。
そして、けんちん汁は、醤油仕立てで味付けされるのが一般的なので、動物性タンパク質が含まれていない分、カロリーがそこまで高くなく、ヘルシーに食べられると言われています。

けんちん汁のおいしい見分け方

けんちん汁にも、おいしさの見分け方法があるのでしょうか。
基本的に、調理済みのけんちん汁は、おいしさを見た目だけで見分けるのが難しいのですが、自宅でけんちん汁を作る場合には、素材にこだわる事が大切です。
けんちん汁には、豆腐、コンニャク、大根、にんじん、ごぼう、里芋などが使われていますが、けんちん汁のポイントとなる里芋は、表面の皮に傷や黒ずみがなく、縞模様がはっきりしている物を選ぶのが良いそうです。
そして、けんちん汁に使われる大根は、皮が白く、大根の身の上にある緑の部分があまり広くない物を選んだ方が良いでしょう。
ちなみに、ごぼうは泥付きの方が、鮮度が保たれるため、良いと言われています。