ごま油がわかる!その魅力とは

ごま油の魅力とは何でしょうか。
ごま油の魅力は、その香りにあります。
ごま油は、一般の油と異なり、ゴマ独特の香ばしい香りがするため、少し料理にたらすだけで、食欲をそそる香りがします。
もちろん、ごま油の種類によって、この香りの強さも異なり、純正ごま油になれば、その香りも強くなると言えるでしょう。
そして、ごま油は、サラダ油と異なり、コレステロール値を上げないという効果があるため、普段使っている油から、ごま油に変えるだけで食事自体もヘルシーになるのが、大きな魅力だと言われています。
普通の油は価格が安いのですが、健康を目指すなら、ごま油の方が良いと言えるでしょう。

ごま油の保存方法

ごま油を保存する時には、どんな事に注意した方が良いのでしょうか。
基本的に、ごま油は腐る事がないのですが、ごま油のおいしさを保つ為には、上手な保存方法が大切です。
ごま油は常温で保存が可能なので、冷蔵庫で保存する必要がありませんが、基本的には20度ほどの室温で、強い光や熱が届かない所で保存した方が良いと言われています。
ごま油は、空気だけでなく、光や熱によっても、劣化、酸化が進んでしまうため、開封後は、3ヶ月以内に使い切った方が、おいしさをキープ出来ると言えるでしょう。
ちなみに、揚げ油として使った場合には、揚げカスを早めに取り除く事で、油の酸化を防ぐ事が出来ます。

ごま油の種類

ごま油には、どんな種類があるのでしょうか。
基本的に、ごま油は純正ごま油、調合ごま油の2種類に分けられます。
純正ごま油は、原材料として使っているゴマの量が多く、他の油と混ぜていない分、香りやうま味が強いという特徴があります。
もう一方の、調合ごま油は、純正ごま油と同じ製法で作られるのですが、他の油と混ぜている分、価格が安く、香りなどの面では、純正ごま油に劣ると言われています。
そして、ごま油の種類は他にも、黒ごまを使った黒絞り、白ごまを使った白絞りがあり、白絞りの方が高級で、大きなお店でないと扱っていない事が多いようです。
ちなみに、白絞りのごま油は、ボディーケアや、ヘアケアにも使われると祝えています。

ごま油の有名産地

ごま油の産地ではどこが有名なのでしょうか。
ごま油は、国内で作られている事もあるのですが、日本国内のゴマの生産量は非常に少ないため、ごま油に使われているゴマは、ほとんどが輸入品です。
ゴマの産地として有名なのは、スーダン、インド、タンザニア、中国などで、国内で販売されているごま油のほぼ全てに、これらの国原産のゴマが使われています。
ただ、ごま油は、ゴマの産地そのものよりも、製法や、純正、調合かによって味や香りが異なるため、安い物なら700円~、高いごま油になると、ビン1本で5000円ほどする事もあるそうです。
国内産のごまを使ったごま油は、とても貴重だと言えるでしょう。

ごま油の価格目安

ごま油の価格はいくらぐらいが目安なのでしょうか。
ごま油は、製法や産地、ゴマの種類などによって、価格が異なります。
まず、安いごま油だと、1本700円ほどで販売されていますが、高いごま油になると同じ量でも1500円以上する物もあり、あまりそれらの違いが分からない方も多いと言えるでしょう。
一般的に、ごま油の値段の違いは、純正ごま油か、調合ごま油かによって、大きく異なります。
純正ごま油は、他の油と混ぜていない分、必要なごまの量が多くなり、その分価格が上がります。
安価で販売されているごま油は、基本的に調合ごま油だと判断して良いでしょう。

ごま油の栄養と効能

ごま油には、どんな栄養素が含まれているかをご存知でしょうか。
ごま油の原料であるゴマは、健康食材として知られていますが、ごま油もビタミン、ミネラルが豊富だと言われています。
その中でも、セサミンという栄養素は、抗酸化作用があるため、疲れを回復させたり、老化を抑えるのにも有効だと言えるでしょう。
そして、ごま油に含まれるリノール酸、オレイン酸は、コレステロールを下げる効果があり、普通の油でコレステロール値に影響が出ている方は、ごま油に切り替えるのも、オススメです。
ちなみに、ごま油は、保湿性も高いため、美容の為に肌にオイルとしてごま油を塗り込む方も増えて来ていると言われています。

ごま油のおいしい見分け方

ごま油にも、おいしい見分けほほうがあるのでしょうか。
ごま油は、すでに加工された油ですが、この製法によって香りの強さ、おいしさは異なります。
まず、ごま油は、ごまを煎った後に圧縮し、ろ過、静粛、仕上げろ過という製法がとられています。
基本的に、国内で作られているごま油も、海外から輸入したごまを原料に使っている為、完全な国産のごま油はほとんどありません。
しかし、ごま油の表の表示に、純正と書いてあるものは、純正ごま油と言って、混ぜ物をしておらず、使っているゴマの量が多い分、香りが強くおいしいと言われています。
純正ごま油に比べると、調合ごま油の味は、やはり劣ると言えるでしょう。