しゃぶしゃぶがわかる!その魅力とは

しゃぶしゃぶの魅力とは何でしょうか。
しゃぶしゃぶの魅力は、家族からカップル、仕事のお付き合いに至るまで様々な食事のシーンで人気がある事だと言われています。
このしゃぶしゃぶは、昔から高級料理として知られていますが、家庭で食べる場合には、しゃぶしゃぶに豚肉を使ったりする事で、かなり予算も抑えられます。
そして、外食する場合でも、最近は、リーズナブルにしゃぶしゃぶを楽しめるお店も増えてきていると言われています。
さらに、しゃぶしゃぶは、お肉だけでなく、茹で野菜も沢山食べられるヘルシーな料理というのも、1つの魅力です。

しゃぶしゃぶの保存方法

しゃぶしゃぶには、保存が効くのでしょうか。
これは、場合によって異なります。
まず、しゃぶしゃぶ用のお肉などを購入する場合には、すぐに食べる場合、冷蔵保存で大丈夫ですが、1週間以上先にならないと調理しない場合、冷凍庫で保存する方が良いと言われています。
調理済みのしゃぶしゃぶは、火が通っていても、あまり長持ちしないと言われており、しゃぶしゃぶ独特のお肉の柔らかさも無くなってしまうので、冷蔵庫で保存する場合にも、その日か、翌日には全て食べきってしまった方が良いでしょう。
しゃぶしゃぶは、冷しゃぶにする場合でも、調理してから、すぐに冷やして食べるのが1番なのです。

しゃぶしゃぶの種類

しゃぶしゃぶにも、沢山の種類があるのをご存知でしょうか。
まず、しゃぶしゃぶに使われるお肉は、牛肉が多いのですが、豚肉しゃぶしゃぶもヘルシーですし、鶏肉のつくねなども一緒に調理される事があると言われています。
そして、しゃぶしゃぶを煮るのは昆布ダシの場合が多いのですが、しゃぶしゃぶ専門店になると、1つの鍋が2つ~3つにわかれており、豆乳鍋や、すき焼き風鍋、ピリ辛鍋など、自分の好きな味を選ぶ事も出来るそうです。
しゃぶしゃぶは、同じお肉や野菜を食べていると飽きてしまう事もありますから、その点では、茹でる鍋のスープに味がついているのは、しゃぶしゃぶの楽しみを倍増出来るでしょう。

しゃぶしゃぶの有名産地

しゃぶしゃぶの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
しゃぶしゃぶは歴史が古い日本料理の1つなので、特に、日本一のしゃぶしゃぶを打ち出している地域は無いようです。
しかし、しゃぶしゃぶには、柔らかい牛肉や、豚肉が使われる事が多いため、和牛や、黒豚などの産地では、しゃぶしゃぶ用のお肉も沢山販売されていると言われています。
和牛と言えば、米沢牛や、神戸牛、松坂牛などが人気のある種類なので、あまりお安いしゃぶしゃぶ料理店では、目にしませんが、しゃぶしゃぶに使われるお肉の中では、かなり質が高いと言えるでしょう。
ちなみに、しゃぶしゃぶには、タコなどを入れる事もあり、魚介類が有名な地域でも人気があります。

しゃぶしゃぶの価格目安

しゃぶしゃぶの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
一般的に、しゃぶしゃぶは、高級料理として知られていますから、外食でしゃぶしゃぶを食べる場合には、それなりの予算が必要だと言われています。
日本料理店などで、しゃぶしゃぶを食べる場合の予算は、1人5000円~6000円ほどが一般的です。
しかし、最近では、格安でしゃぶしゃぶを食べられる専門店も増えてきており、食べ放題コースなどを使えば、3000円~4000円ほどで、ドリンク飲み放題のしゃぶしゃぶコースを楽しむ事が出来るそうです。
ちなみに、一般に販売されているしゃぶしゃぶ用牛肉の値段は、100g2000円~数万円と、かなりの差があると言えるでしょう。

しゃぶしゃぶの栄養と効能

しゃぶしゃぶには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
まず、しゃぶしゃぶに使われる牛肉や、豚肉には、タンパク質や鉄分、炭水化物などが沢山含まれています。
しゃぶしゃぶに使われるお肉は、基本的に脂身が多いので、食べすぎには注意が必要ですが、ダシで茹でて調理するだけあって、お肉料理にしてはカロリーが低めなのも、しゃぶしゃぶの特徴です。
そして、しゃぶしゃぶのお肉と一緒に茹でる白菜や、水菜、長ネギには、カロチンや、ビタミンCカルシウムが豊富に含まれており、消化促進や疲労回復、風邪予防などにも効果があると言われています。

しゃぶしゃぶのおいしい見分け方

しゃぶしゃぶには、おいしい見分け方法があるのでしょうか。
まず、しゃぶしゃぶは、しゃぶしゃぶに使われる牛肉や豚肉の質、そして、お肉を茹でる時間によって、おいしさが大きく異なると言われています。
しゃぶしゃぶに使われるのは、比較的脂身が多く、柔らかいお肉ですが、牛肉の場合には赤みの強いものを、豚肉の場合には、ピンク色の強いお肉がいいそうです。
そして、しゃぶしゃぶを調理する場合には、あまりお湯につける時間が長すぎると、お肉が固くなってしまうので、2秒から3秒ほどで調理は十分です。
ただ、豚肉の場合には、しっかりと調理する必要があるので、最低でも30秒~1分ほどは、煮る必要があるでしょう。