すき焼きがわかる!その魅力とは

すき焼きの魅力とは何でしょうか。
すき焼きの魅力は、家族みんなで1つの鍋を囲んで、食事を楽しめるだけでなく、いつもより豪華な柔らかいお肉を楽しめる事だと言われています。
昔から、「すき焼きは、給料日後のごちそう」と言われるほど、特別な料理として親しまれてきましたし、1つの鍋を囲んで、家族みんなで食べるすき焼きは、とてもおいしいものです。
そして、すき焼きに使われる牛肉は、輸入物でも100グラム2000円程する事が多く、かなりお財布に余裕がある場合でないと、簡単に楽しむ事が出来ない料理なので、1つの料理でかなりリッチな気分になれるのも、すき焼きの魅力だと言えるでしょう。

すき焼きの保存方法

すき焼きが食べきれなかった場合には、どうやって保存するのが良いのでしょうか。
自宅ですき焼きをする場合には、すき焼きが残ってしまう事もあり、出来れば、まだ熱が冷めないうちに、タッパーなどの密閉容器に移して、冷蔵保存し、食べる時にレンジで温めるのが良いと言われています。
すき焼きの熱が少し残っている事で、すき焼きが冷める時に、容器の内部が真空状態になる為で、やや冷めた状態よりも、アツアツの状態で容器に移すのが良いそうです。
ただ、すき焼きは長期保存が利かない料理なので、冷蔵保存しても3日以内には、食べきってしまった方が良いでしょう。

すき焼きの種類

すき焼きには、どんな種類があるのでしょうか。
一般的に、すき焼きは、タレなどを使って味付けされる事が多いのですが、すき焼き料理店などでは、塩風味、焼肉風すき焼きなど、味のバリエーションも数種類あると言われています。
特に、すき焼きは味が強い事もあり、食べているうちに味に飽きてしまう場合が有り、お肉や野菜だけでなく、うどんを入れる事もあるのですが、自宅で新しいすき焼きの味に挑戦するのは、なかなか難しいと言えるでしょう。
そして、すき焼きに使う牛肉の種類によっても、すき焼きの味は大きく変わると言われており、いつもなら手が出ない和牛のすき焼きは、輸入牛肉に比べると絶品だと言われています。

すき焼きの有名産地

すき焼きにも、有名な産地があるのでしょうか。
すき焼きは、牛肉がメインになる料理なので、和牛が有名な土地では、すき焼き専門店も多いと言われています。
一般家庭では、すき焼きを外で食べる機会もほとんどありませんし、「自宅で食べるすき焼きの味が、唯一のすき焼き」という場合も多いようです。
普段スーパーで和牛肉を見かける事があっても、購入する事はほとんどありませんし、その点ではすき焼きを食べる地方よりも、どの種類の牛肉を使うかの方が、すき焼きの味に関係が強いと言えるでしょう。
ちなみに、松坂牛や、神戸牛などの地域では、すき焼き用のお肉も、割安に購入出来るそうです。

すき焼きの価格目安

すき焼きの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
すき焼きの価格は、すき焼きに使う牛肉の質と価格によって大きく異なります。
すき焼き用の国産和牛肉を購入する場合には、100グラム2500円~4000円以上すると言われています。
しかし、すき焼き用の牛肉でも、輸入の牛肉では、100グラム1500円ほどになる事が多く、一般のスーパー等で販売されているのは、この価格だと言えるでしょう。
ちなみに、すき焼きを外で食べる場合には、1人5000円~1万円ほどの予算は必要になる為、家族での外食では、数万円の予算も、場合によっては必要になると言われています。

すき焼きの栄養と効能

すき焼きは、お肉と沢山の野菜を使った、栄養バランスの良い料理として知られています。
すき焼きに使われる牛肉には、カルシウム、鉄分、タンパク質などが豊富に含まれており、食べてからすぐにパワーが湧いてくるような滋養強壮効果もあると言われています。
そして、すき焼きには、春菊や白菜なども沢山使われており、これらの野菜には免疫力を強化するビタミンAや、カルシウムなどが豊富に含まれています。
カルシウムは丈夫な骨を作る上で欠かせない成分ですし、春菊には鉄分も豊富に含まれているので、特に女性には沢山の効能を得られる料理だと言えるでしょう。
すき焼きは、様々な具材が一緒に調理される分、バランスよく栄養を補給出来るのです。

すき焼きのおいしい見分け方

すき焼きをする場合には、牛肉の選び方が重要です。
すき焼きに使われるのは、一般的に脂肪の多い牛の肩ロースや、モモで、脂の乗り方や、お肉の色合いによって、おいしさの見分けが出来るといわれています。
すき焼きで使うお肉は高級なので、一般のスーパーでもあまり質の悪いものはありませんが、基本的にお肉を選ぶ時には、キレイに霜が乗っていて、表面に脂の固まりがないかなどもチェックしましょう。
そして、お肉の色が黒っぽく変色していたり、逆にお肉の赤さやピンク色が、とても弱いのは、お肉の鮮度が無くなってきているため、あまりオススメ出来ません。