そら豆の食べ方

そら豆には、どんな食べ方があるのでしょうか。
そら豆は、煮ても焼いても、あげてもおいしい食材だと言われています。
そら豆は、簡単に塩ゆでするだけでも食べられるのですが、それでは少し寂しいという方には、そら豆をサラダのトッピングに加えるのもオススメです。
また、炒め物にする場合には、下茹でをしておいた方が良いのですが、ベーコンなどと合わせれば、即席のおかずが出来上がりますし、ごはんにも良く合うと言われています。
さらに、そら豆の天ぷらや煮物は、昔から馴染まれてきた料理のひとつですし、そら豆は、調理法によっても、和風、イタリアン、フレンチなど、様々な料理に応用出来るのが大きな魅力だと言えるでしょう。

そら豆の栽培

そら豆は、自分でも栽培出来るのでしょうか。
そら豆の種は、ネットやホームセンターなどでも販売されています。
種まきの時期は、10月で、生育適温は、15度~25度なので、出来るだけ温度を下げすぎないようにしてあげる事が重要だと言えるでしょう。
また、同じ10月でも、種まきが早すぎたり、遅すぎると実がなる時に、障害になってしまいますから、18度くらいの日が続く時期に行いましょう。
水やりは、植え付け直後以外は、あまり与える必要がないのですが、乾燥した日が続く場合には、土が濡れる位に水をあげるのが良いそうです。
ちなみに、収穫は、5月~6月にかけてで、1つのサヤの大きさが15センチくらいになったらちょうど良い時期だと言えるでしょう。

そら豆の簡単な定番レシピ

そら豆には、どんなレシピがあるのでしょうか。
そら豆の定番レシピと言えば、そら豆の天ぷらです。
特に、そら豆は、エビとの相性がいいため、一緒に天ぷらにすれば、風味も引き立つと言えるでしょう。
材料は、そら豆1袋、エビ15尾、小麦粉100g、冷水150cc、油適量です。
まず、そら豆をサヤから出して、皮をむいておきます。
エビが大きい場合には、3等分に切ります。
小麦粉と冷水を混ぜて、油を170度~180度に温めます。
さっとエビとそら豆をころもに漬けて、まとめるようにしてさっとあげれば出来上がりです。
新鮮な食材なら塩だけでも、十分おいしく食べられると言われています。

そら豆のカロリー

そら豆には、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
そら豆には、100gあたり、112カロリーがあると言われています。
豆類には、栄養がつまっていると言われていますが、栄養分が高い分、カロリーも非常に高く、カロリー数も、ごはん1杯分とほとんど変わらないと言えるでしょう。
ただ、そら豆は、煮物にすると使用する量も多くなるのですが、スープやサラダなどのトッピングに使う場合には、使う量自体も少ないので、そこまでカロリーの事を気にする必要は無いと言われています。
また、そら豆は、葉酸、食物繊維、カリウム、亜鉛などの栄養素を豊富に含んでいるので、少量を日常的に食べるのが良いそうです。

そら豆がわかる!その魅力とは

そら豆の魅力とはなんでしょうか。
そら豆の魅力は、栄養が豊富で、様々な料理に応用出来る事だと言われています。
まず、豆類には、栄養分が凝縮していると言われていますが、そら豆には、豊富なカリウム、食物繊維、鉄分などが含まれており、生活習慣病や、便秘解消、貧血予防などにも、効果があると言えるでしょう。
また、そら豆は、天ぷらやナムル、スープ、煮物などの様々な料理に使える万能な野菜ですから、沢山まとめ買いしても、使い道に困りにくいと言うのが大きな魅力です。
ちなみに、そら豆は茹でてから冷凍すると、長期保存も可能なので、その点でも、使いやすい野菜だと言われています。

そら豆の保存方法

そら豆は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
そら豆は、乾燥に弱い為、袋入りなどで購入した場合には、そのまま袋を開けないで冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
ただ、この場合だと、保存期間が購入から3日ほどなので、長期保存をしたい場合には、まずそら豆の豆だけを取り出して、堅めに茹でてから、袋に入れて冷凍保存するのが良いと言われています。
こうすれば、2ヶ月ほどの長期保存も出来ますし、使う時には、水をかければ、そら豆ひとつひとつに分かれるので、その点でも、調理にも使いやすいと言えるでしょう。
ちなみに、そら豆は、サラダや塩ゆでだけでなく、揚げ物や炒め物、煮物、スープなどに使う事が出来ます。

そら豆の種類

そら豆には、どんな種類があるのでしょうか。
そら豆には、いくつかの品種がありますが、一般に流通しているのは、打越一寸、仁徳一寸などの、一寸系の品種で、豆の大きさは3センチくらい、サヤの長さは、15センチ前後だと言われています。
この一寸の品種の特徴は、茹でるなど、火を通す事で、ホクホクとした食感が楽しめるだけでなく、甘みが強い事だと言えるでしょう。
他にも、そら豆には、種類がありますが、一寸以外は、加工用に使われる事が多いため、あまり一般には出回る事がないと言われています。
ちなみに、そら豆の歴史は長く、4000年前のエジプトでも、栽培されていたそうです。

そら豆の有名産地

そら豆の産地と言えば、どこなのでしょうか。
日本国内のそら豆の産地では、鹿児島県や、千葉県が有名です。
ネット通販では、千葉県産の品種が販売されている事が多いのですが、スーパーでは、鹿児島県のそら豆がよく販売されていますし、販売される量自体も多いと言えるでしょう。
また、茨城県も、そら豆を栽培しているので、この3つの県が、全国のそら豆の60%以上を生産していると言われています。
ちなみに、そら豆は、昔から様々な国で栽培されており、はっきりとした原産国は、いまだに明らかになっていないようです。
長期保存の可能な豆類の歴史は、深いと言えるでしょう。

そら豆の価格目安

そら豆の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
そら豆は、1キロあたり600円~1000円と、産地や品種によってもことなります。
まず、そら豆の産地としては、千葉県が有名なのですが、千葉県のそら豆ですから、その位の価格幅がありますし、ネットなどで購入すると送料なども、別にかかるので、その点でも注意が必要です。
また、そら豆を栽培する為の種の価格は、1袋あたり600円と少し高価になりますが、その分、収穫出来る量も多いので、手間を惜しまない方であれば、そら豆の栽培に挑戦してみるのも良いでしょう。
さらに、そら豆の時期には価格も安くなりますが、出始めの時期には、価格も割高になると言われています。

そら豆の栄養と効能

そら豆には、どんな効能があるのでしょうか。
そら豆には、豊富なカリウムが含まれています。
カリウムは、体内に溜まった余分なナトリウムを体外に排出してくれるという効果があるので、血管への負担を減らし、高血圧や、心筋梗塞、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があるそうです。
また、そら豆には、葉酸や鉄分も含まれており、血液を作るのに効果的なので、貧血症の方や、妊娠中・生理中の方にも、オススメだと言えるでしょう。
ちなみに、そら豆には、食物繊維も含まれている為、便秘症の方は日常的に食べると、お腹の調子を整える効果があると言われています。

そら豆のおいしい見分け方

そら豆は、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
まず、そら豆は、さや全体の色にむらがなく、均等に膨らみがあり、弾力があるものを選ぶのが良いでしょう。
新鮮なそら豆のサヤは、鮮やかな黄緑色をしていますし、逆に、悪くなっている物は、黄色、または茶色っぽく変色していますから、その場合には、そのサヤだけよけておいた方が良いと言われています。
また、そら豆は、サヤ付きの方が鮮度が落ちにくいという特徴があるので、すぐに食べきれない場合には、サヤ付きのそら豆を購入した方が良いでしょう。
ちなみに、新鮮なそら豆には、うぶ毛がついてくる事が多いようです。