たまねぎの食べ方

たまねぎは辛味が強いため、生食をする場合には、下準備が必要です。
まず、サラダやサンドイッチに、スライスした生のたまねぎを入れる場合には、たまねぎを塩で揉んだり、水にさらす事で、たまねぎ独特の臭みや辛味が抜けて、食べやすくなると言われています。
また時間が無い場合には、スライスしたたまねぎを、ざるに入れて、熱湯を10秒ほどかけるだけでも、辛味が無くなるそうです。
そして、たまねぎの健康成分である硫化アリルは、水溶性なので、たまねぎの栄養分をしっかり摂りたいと言う方は、たまねぎをスープに使うと、溶け出した栄養分も、摂取出来ると言われています。

たまねぎの栽培

たまねぎは、家庭菜園の中でも人気の高い野菜のひとつです。
最近では、ホームセンターで簡単にたまねぎを栽培出来る「オニオンセット」なども販売されており、8月下旬に植えつける事で、年内に収穫が出来る簡単な作りになっています。
また、自分で種まきから行う場合には、9月の中旬から下旬にかけて種をまき、発芽するまでは、敷き藁をするなど、土を覆ってあげると成長しやすくなるそうです。
水やりはシーズンによっても異なりますが、基本的に土が乾燥しないように、水やりを行うのが良いでしょう。
ちなみに、たまねぎの収穫後は、畑やベランダなどにおいて乾かし、日陰などに吊るす事で、長持ちすると言われています。

たまねぎの簡単な定番レシピ

たまねぎの簡単レシピと言えば、何でしょうか。
たまねぎは、どんな料理にも応用が利く、万能野菜で、定番レシピも多いと言えるでしょう。
例えば、シンプルにたまねぎをフライにした、オニオンリングも人気がありますし、お味噌汁にたまねぎを入れる家庭も多いと言われています。
また、たまねぎの中でも、新たまねぎは、辛味が少ないため、生食でも美味しく食べる事が出来ます。
特に、たまねぎとトマトをスライスして、レモンやドレッシングなどで味付けしたサラダは、血液の流れを良くして、疲れを取るのにピッタリなコンビネーションだと言えるでしょう。
また、炒め物にも、たまねぎは重宝すると言われています。

たまねぎのカロリー

たまねぎには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
たまねぎは、100gで37カロリーが含まれています。
中くらいのたまねぎひとつが、220gほどなので、1玉で大体81カロリーが含まれていると言えるでしょう。
たまねぎには、多くの水分が含まれているため、野菜の中でも、そこまでカロリーが多い方ではありません。
また、たまねぎを切る時には、涙が出てしまいますが、これは硫化アリルという栄養成分が、たまねぎを切る時に分散する事で起こります。
そして、硫化アリルには、体の新陳代謝を活発にして、疲労回復を早めるという効果があるので、日常的にたまねぎを使う事が大切だと言われています。

たまねぎがわかる!その魅力とは

たまねぎの魅力とはなんでしょうか。
たまねぎの魅力は、炒め物からスープ、サラダ、バーベキューや、カレーの具材まで、日常的な食事のメニューから、アウトドアのレシピに至るまで、様々な料理に応用が利く事だと言えるでしょう。
そして、多くの野菜と異なり、保存方法も常温で平気な分、野外で料理をする場合にも、保存が簡単なのがたまねぎの大きな魅力です。
さらに、たまねぎには、血液をサラサラにする効果があると言われており、日常的に口にする事で、滋養強壮や糖尿病予防にも、効果があると言われています。
味がシンプルだからこそ、たまねぎは、どんな料理の場面でも融通が利く野菜なのです。

たまねぎの保存方法

たまねぎを保存する時には、何か特別な方法があるのでしょうか。
多くの野菜は、購入後冷蔵庫で保存するのが良いと言われていますが、たまねぎの場合は、長期保存が可能な野菜なので、冷蔵庫よりも、通気性の良いかごなどに入れて、常温で保存するのが良いと言われています。
これは、たまねぎが湿気に弱く、湿気を多く吸える冷蔵庫の中だと、常温で保存するよりも早く新しい根が出てきてしまう為です。
そして、カット済みのたまねぎは、ラップなどで切り口の乾燥を防ぐのがよく、その後は冷蔵庫で保存して、早めに使い切るのが良いでしょう。
ちなみに、たまねぎはリンゴと一緒に保存すると、たまねぎが成長してしまいおいしさが減ると言われています。

たまねぎの種類

日常的に口にする事の多いたまねぎですが、このたまねぎにも、沢山の種類があるのをご存知でしょうか。
まず、国内で主流とされているのが黄たまねぎで、皮が濃い黄色をしていて、食欲不振や、イライラを抑える辛みの成分として知られる硫化アリルが沢山含まれているのが、この種類です。
そして、皮の色が紫色をしている紫たまねぎは、黄たまねぎに比べると辛みが少ないため、生食が出来るサラダなどに多く使われています。
皮の色が紫色なので、サラダなどを合わせると、色合いもとても良いのです。
さらに、甘みが強い白たまねぎも、サラダなどに合わせるのがぴったりですが、紫たまねぎと比べると、若干値段が高いようです。

たまねぎの有名産地

たまねぎの国内産地と言えば、北海道です。
雄大な北海道では、たまねぎの他にも、ジャガイモや人参などが、沢山収穫されています。
北海道の他にも、関西、九州、愛知県などで、たまねぎが収穫されていますが、国内産たまねぎの半分以上が、北海道で収穫されているのだそうです。
北海道産のたまねぎは、寒い気候のおかげで栄養が凝縮しており、新たまねぎなどは、国内産のたまねぎの中でも、特に甘いと言われています。
その甘さは「たまねぎは辛いもの」と思っている方も、北海道のたまねぎを食べて驚いてしまう程なのだとか。
ただ、国内産たまねぎの値段は、ここ数年で高騰していると言われています。

たまねぎの価格目安

たまねぎの価格目安は、いくらぐらいなのでしょうか。
たまねぎの価格は、ここ数年で高騰しており、最近では、スーパーでも1キロ300円ほどが価格目安になっています。
数年前、いや、去年ですら、1キロ100円ほどだったのが、1年で3倍~4倍に値段が高騰している傾向があり、毎日の料理に使う野菜である分、家計のダメージは大きいと言えるでしょう。
ただ、たまねぎを販売するスーパーも、今までは1キロで袋売りしていたのを、500グラムにして、値段の高騰感をカモフラージュしている事が多いので、日常でたまねぎの価格高騰に気付く事は、かなり少ないと言われています。

たまねぎの栄養と効能

たまねぎには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
たまねぎに含まれる栄養価は、カルシウム、カリウム、鉄分、ビタミンB、Cなどが多く、中には、硫化アリルと呼ばれる栄養成分も含まれているそうです。
日常であまり耳にする事のない、硫化アリルは、食欲不振や疲労回復に効果があると言われており、ビタミンB1の吸収を助けるため、豚肉などと一緒に摂取すると、さらに、健康効果が高めるそうです。
そして、たまねぎを日常的に摂取すると、血栓を無くし、血液をサラサラにして、コレステロール値を抑えたり、糖尿病の予防にも十分な効果があると言われています。

たまねぎのおいしい見分け方

たまねぎにも、おいしい見分け方があるのをご存知でしょうか。
ここでいう、おいしいたまねぎとは、渋みや辛みが少なく、甘いたまねぎの事で、特に新たまねぎは、一般に知られているようにおいしいと言われています。
新たまねぎの収穫は春先になり、スーパーでも、「新たまねぎ」とポップがでているので見つかりやすいでしょう。
もちろん、普通のたまねぎの場合は、皮に包まれている分、見分けが難しいのですが、基本的には中身が真っ白なものが良いと言われています。
外から見ても、皮の色の茶色が強すぎないと言うのも、見分けのポイントになるでしょう。
ちなみに、静岡県産や北海道産のたまねぎは、甘いと言われています。