とんかつがわかる!その魅力とは

とんかつの魅力とは何でしょうか。
これは、とんかつのお肉の質によっても異なりますが、厚みのある豚肉を使ってとんかつを調理する事で、とんかつのジューシー感を存分に味わえるのが、とんかつの大きな魅力です。
揚げ物料理には、牛肉や鶏肉などを使ったものも多いのですが、豚肉をシンプルに味わうなら、やはりとんかつがオススメだと言えるでしょう。
そして、とんかつに使われる豚肉には、コレステロールを下げる効果があるので、揚げ物料理がタブーなコレステロール持ちの方でも、楽しめると言うのが大きな魅力です。
そして、サクサクジューシーなとんかつと合わせれば、ご飯や野菜の食欲も進む為、栄養素の面でも、とんかつは魅力ある料理だと言えるでしょう。

とんかつの保存方法

とんかつのような揚げ物料理は、どのように保存したら良いのでしょうか。
基本的に、調理前の場合には、パン粉などを付けない状態で冷蔵保存するのが良いのですが、すでに下処理をしてしまった場合には、揚げてから冷凍するのが1番です。
パン粉などを付けた状態で、冷凍すると、解凍時に、お肉がベチャベチャになってしまう事があるので、とんかつをすでに揚げて調理した状態の方が、その後、おいしく食べられると言われています。
揚げたとんかつは冷まして、サランラップなど、空気を通さないラップに包み、そのまま冷凍室で保存します。
解答したら、レンジで暖めたり、グリルで焼くのもオススメです。

とんかつの種類

とんかつには、食べ方の種類があるのでしょうか。
基本的に、とんかつは、豚ロース肉にパン粉を付けてあげた料理なので、ここまでの行程は変わらない事が多いのですが、とんかつの食べ方や、付けるソースには、いくつかの種類があるようです。
一般的に、とんかつは、ソースで食べられる事が多いのですが、お店によっては、甘口、辛口などソースの種類も選ぶ事が出来るようです。
そして、「とんかつソースだと少し重い」という方には、大根おろしにポン酢をかけるのもおいしく、さらにコクを味わいたい方には、白ごまソースなどもおいしいそうです。
さらに、とんかつにチーズをかけたり、どんぶりに入れて、カツ丼として食べるのもオススメです。

とんかつの有名産地

とんかつには、有名な産地があるのでしょうか。
とんかつは、料理の1つなので、あまり地方によっておいしさに違いが出ると言う事はありませんが、とんかつに使う豚肉の違いによって、様々な味のバリエーションを楽しめると言われています。
鹿児島産の黒豚であるパークシャー種のロース肉は、お肉が引き締まっている事に定評があり、特に赤身部分の味が強い事が有名です。
そして、神奈川県産の高座豚・ヨークシャー種のロース肉は、脂身が非常に柔らかく、お肉の味も濃いので、とんかつにはうってつけだと言われています。
さらに、全国で栽培されているランドレース種のロース肉は、脂身が少なく、赤身が多いので、お安く購入出来る事が多いようです。

とんかつの価格目安

とんかつの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
とんかつの価格は、調理前の価格か、調理後の価格かによって異なります。
まず、自宅で作れるとんかつのお肉は、家族4人分で800円~1000円ほどが目安ですが、最近では、豚肉の値段も高騰している為、この値段よりも高い事も多いと言われています。
そして、お店などで食べるとんかつの価格は、一般的な食堂で1500円~と言われており、良いレストランになれば、ご飯やお味噌汁などもセットで3000円ほどになるでしょう。
ただ、コンビニなどで販売されているとんかつの価格は、500円~700円ほどだと言われています。

とんかつの栄養と効能

とんかつには、どんな栄養成分が含まれているのでしょうか。
とんかつは、豚肉を使った料理で、この豚肉には、豊富なタンパク質や鉄分が含まれています。
とんかつには、サラダや、ご飯を合わせるのが一般的なので、とんかつとご飯のダブルでタンパク質を摂取する事が出来、虚弱体質を直したり、健康な骨や筋肉を作る事が出来ると言われています。
そして、とんかつには、豊富な油分が含まれていますが、豚肉の脂は、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす良い脂なので、問題はありません。
ただ、揚げ油は沢山使われているので、とんかつを食べる時には、レモンを使った方が良いと言われています。

とんかつのおいしい見分け方

とんかつを作る場合には、豚肉が欠かせませんが、この豚肉には、おいしい見分け方法などがあるのでしょうか。
まず、とんかつは、3センチ以上の厚みのある豚肉を選ぶ事が重要です。
厚みのあるお肉を使う事で、ジューシーなとんかつを調理する事が出来、ボリュームも出るので、お腹一杯食べたい時には、ピッタリなのです。
そして、豚肉を選ぶ時には、脂がのっていて、お肉の表面がしっとりしているものを選ぶ事が大切です。
お肉の表面の組織が粗かったり、偏食していたり、お肉がつまり過ぎていてもおいしくないので、適度に湿度があり、綺麗にお肉の筋が入っているものを選びましょう。