とん汁がわかる!その魅力とは

とん汁の魅力とは何でしょうか。
とん汁の魅力は、1度にたくさんの野菜やお肉を食べる事が出来るため、栄養分が豊富で、1杯食べただけでも、かなりお腹に溜まる事だと言われています。
まず、とん汁のメインと言えば、豚肉ですが、豚肉にはタンパク質や、ビタミンB群が豊富に含まれており、身体のパワーをつけるのに効果があると言えるでしょう。
そして、とん汁の具材には、たまねぎ、にんじん、ごぼう、コンニャク、レンコン、椎茸など、様々な野菜が入っており、特に、根菜類が多いため、食物繊維が豊富で、お腹に優しいのも魅力です。
とん汁は、1杯飲んだだけでかなり身体が温まり、お腹にもたまるのが大きな魅力だと言えるでしょう。

とん汁の保存方法

とん汁は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
とん汁は、冬場に作られる事の多い料理のひとつなので、自宅で調理した場合にも、すぐに傷んでしまうという事はないのですが、出来るだけ早く食べきった方がいいそうです。
とん汁は、調理から3日ほどなら、問題なく食べる事が出来、その間は冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
スープの中には、冷凍保存出来る種類もありますが、とん汁は、根菜類の野菜も沢山使っており、冷凍すると、解凍したときの風味も落ちてしまう為、冷蔵保存が1番なのです。
とん汁として食べきれない場合には、うどんを入れて、田舎風煮込みうどんにしても、おいしく食べられるでしょう。

とん汁の種類

とん汁には、どんな種類があるのでしょうか。
とん汁は、豚肉、ごぼうや大根、にんじん、豆腐などを合わせて味噌仕立てにしたスープの事で、全国的にも、同じような具材が使われているため、沢山の種類は無いと言われています。
そして、とん汁としての種類は無くても、とん汁にうどんを加えた煮込みうどんも人気がありますし、とん汁が残ってしまった時にも、煮込みうどんにすると、味にあきにくいと言えるでしょう。
とん汁には、沢山の野菜が入っている分、1度で沢山の栄養分を取る事が出来ますし、子供から大人まで、幅広い世代に人気があるメニューだと言われています。

とん汁の有名産地

とん汁の産地は、どこが有名なのでしょうか。
とん汁は、様々な具材が合わせて入っている分、産地を特定するのが難しい料理だと言われています。
とん汁は、昔から冬場の時期に、日本全国で食べられていた伝統料理のひとつですし、家庭によっては、具材の種類が違っても、豚肉と根菜類、コンニャク、にんじんなどを入れるのは、どこも同じだと言えるでしょう。
ただ、とん汁に欠かせない根菜類(大根、ごぼう、れんこんなど)は、東北地方で沢山収穫される物ですから、東北のとん汁は、特においしいと言われる事もあるようです。
さらに、お味噌にこだわっているとん汁も、コクがあり、おいしいと言われています。

とん汁の価格目安

とん汁の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
とん汁の価格は、お店によっても異なりますが、大体1杯150円~250円ほどだと言われています。
最近では、牛丼屋のとん汁の価格をベースにしている事が多く、牛丼屋では、とん汁の価格も200円ほどが一般的だと言えるでしょう。
ただ、とん汁は、セットメニューではなく、単品で頼むと少し割高になり、1杯250円という事もあるそうです。
また、とん汁は、学園祭などのお祭りでも、販売される事が多いのですが、この場合も、大きめの器で、1杯250円~300円ほどが目安になると言えるでしょう。

とん汁の栄養と効能

とん汁には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
とん汁は、汁類の中でも具材が多く、1度で沢山の栄養分を摂取出来ると言われています。
まず、とん汁に使われるごぼうやレンコン、大根などの根菜、こんにゃくには、食物繊維が豊富に含まれており、お腹の調子を整えるのには優れているそうです。
そして、豆腐にも、タンパク質が豊富に含まれている為、骨や筋肉を形成するのに役立つと言われています。
さらに、とん汁には、ビタミンB群が豊富に含まれており、身体のホルモンバランスを整えるのにも、効果的だと言えるでしょう。
とん汁は、冬場には欠かせない、豊富な栄養分を含んでいる料理なのです。

とん汁のおいしい見分け方

とん汁にも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
とん汁のおいしさは、具材のおいしさだと言われる程、新鮮でおいしい具材を使う事が大切です。
自宅でとん汁を作る場合には、様々な具材が必要になりますが、とん汁に使われるごぼうは、鮮度を守るという点でも、泥付きの湿ったごぼうを選ぶのが良いと言われています。
とん汁に使われる大根なども、皮の表面にハリが有るものを選ぶのが良いと言われており、にんじんも、堅くて皮の色がはっきりしている物を選ぶと良いでしょう。
さらに、とん汁に使われる椎茸は、生椎茸よりも干し椎茸を水で戻した方が、とん汁にコクが出ると言われています。