なたね油がわかる!その魅力とは

なたね油の魅力とは何でしょうか。
なたね油の魅力は、どんな料理にも使いやすく、価格もとても安い事だと言われています。
なたね油は、菜の花の種から採られた油で、食用の油としても、人気が高いそうです。
食用として使う場合には、炒め物や揚げ物だけでなく、サラダのドレッシングとしても、応用が利くので、どんな料理にでも組み合わせが効くのがポイントだと言われています。
そして、なたね油の価格は、1リットル800円からと非常に安いため、沢山購入しても経済的なのが魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、なたね油は、灯用として使われる事もあり、食用だけでなく、幅広い分野で活用出来る油だと言われています。

なたね油の保存方法

なたね油は、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
基本的に、無添加のなたね油も、一般のなたね油も、直射日光が当たらない場所で保存するのが良いと言われています。
日光が当たると、なたね油の内部が温まり、それだけで油が傷んでしまいますから、出来るだけ日陰の場所に保管した方が良いのです。
しかし、なたね油は、湿気でも傷んでしまう事が多いので、戸棚なども、換気を良くする事が大切です。
ちなみに、無添加のなたね油は保存料が入っていない分、一般のなたね油に比べると、酸化、劣化が早いので、開封から3ヶ月以内に使い切る事を目標にした方が良いでしょう。

なたね油の種類

なたね油にも、いくつかの種類があるのでしょうか。
なたね油は、菜の花の種から作られる油の事ですが、なたね油の作り方などによっては、区別される事もあると言われています。
私達が、普段料理に使う事の多いなたね油は、海外産のなたねを海外で加工して、国内で販売しているケースが多く、価格が安い分、保存料なども沢山使われているという特徴があります。
そして、なたね油の中でも、比較的高価なのが、無添加のなたね油で、無農薬で育てられたなたねを、保存料などを使わずに、なたね油にして販売すると言う形がとられます。
無農薬、保存料無しのなたね油は、手間がかかる分、価格が一般のなたね油の2倍ほどすると言われています。

なたね油の有名産地

なたね油の産地では、どこが有名なのでしょうか。
まず、国内で販売されているなたね油の原産国は、中国やカナダ、インドなどが多いと言われています。
日本国内でのなたね油の人気は、とても高く、灯用として使われる事も多い事から、安価で手に入る海外産のなたねが主流になっているのです。
しかし、なたね油に使われるなたねは、国内でも栽培されており、有名な産地としては、北海道、青森県、秋田県など、東北地方で栽培される事が多いそうです。
なたね油を作る為には、大量のなたねが必要になりますが、国内産のなたね油も人気が高いため、世の中からの需要は非常に高いと言えるでしょう。

なたね油の価格目安

なたね油の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
なたね油は、国内でも人気が高いため、その分、価格も安くなっていると言われています。
まず、なたね油の一般的な価格は、1リットル800円~900円ほどと言われており、販売元によっては、さらに価格が安くなる事もあります。
そして、なたね油は、サラダ油と同様に、油のボトルが小さくなるほど価格も割高になる傾向があるので、1リットルボトルなど、ある程度大きなサイズのボトルでまとめ買いした方が、お買い得だと言えるでしょう。
ちなみに、産地によっては、1リットル数千円になるブランドもののなたね油もあるそうです。

なたね油の栄養と効能

なたね油には、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
一般的な油には、油分の分解を助けるオレイン酸や、リノール酸が含まれており、なたね油にも、これらが豊富に含まれています。
そして、なたね油には、βカロチンや、ビタミンEも含まれており、疲れを取るのにも、効果的だと言えるでしょう。
なたね油は、サラダのドレッシングなどの生食だけでなく、炒め物や揚げ物にも使う事が出来るため、「栄養分が豊富なら沢山使った方がいい!」と考える方も居るようですが、いくらオレイン酸が含まれていても、油の摂りすぎは、肥満につながります。
ちなみに、なたね油などの油は、生で飲む分にはコレステロールが上がらないという特徴があると言われています。

なたね油のおいしい見分け方

なたね油にも、おいしさを見分ける方法があるのでしょうか。
なたね油は、価格が安い物から、素材にこだわった物まで、沢山の種類がありますが、味が良く、身体にも良いものを選ぶなら、やはり無農薬で、酸化防止剤なども使っていない物を選ぶのが良いと言われています。
もちろん、炒め物の油として使う場合には、なたね油自体の香りや味はそこまで気にならないのですが、無添加で育てられたなたね油は、香りが強く、保存も長期間利かない分、油としての質も高いそうです。
ただ、無添加のなたね油は、価格も通常のなたね油の2倍ほどするので、健康的ではありますが、経済的ではないと言えるでしょう。