なた豆の保存方法

なた豆は、なた豆のお茶として頂くのが一般的です。
なた豆茶は既に加工されているため、他のお茶と同じように保存すればカビが生えたりする事はまず有りません。
なた豆茶の保存方法は、ジップロックつきの袋に入れて、日の当たらない涼しい所で保存しましょう。
冷蔵庫に入れる必要はないので、常温でも構いませんが、強い日光が当たる事に置くのはさせた方が良いでしょう。
さらに、湿気の多い所になた豆茶を保存するのも避けましょう。
湿気の多い場所になた豆茶を保存すると、せっかくの香ばしい風味が飛んでしまって、なた豆茶の美味しさが半減してしまいます。
美味しいなた豆茶を、いただく為には、保存方法もとっても大切なのです。

なた豆の種類

なた豆には、いくつかの種類が有る事で知られています。
一般的に食べられているのが、白なた豆という種類で、毒抜きを行えば、普通に食べる事が出来るため、なた豆茶などに広く使われています。
他にも、なた豆には赤なた豆、タチなた豆という種類があり、どちらも白なた豆よりも毒性が強いそうです。
特に、タチなた豆は、中国で広く栽培され安価であるため、中国産のなた豆茶と称して、タチなた豆を使った毒性の強いなた豆茶なども有るので、選び方には十分注意が必要です。
しかし、多くのなた豆茶販売元は、しっかりと毒抜きをしてから加工されているなた豆茶を販売しているので、いかにも怪しいなた豆茶を買わない限り心配はいりません。

なた豆の有名産地

国内に流通しているなた豆の多くは、中国や南米産のものです。
海外から輸入されて来るなた豆の多くは、栽培の課程がはっきりとされてない事が多く、中には安い分、毒性が強いなた豆が混じったなた豆茶などが販売されている事があります。
しかし、なた豆は国内でも栽培されていて、一番有名な産地は、鹿児島の薩摩地方と言われています。
鹿児島では、昔からなた豆が沢山食べられていて、他の地方で栽培しているなた豆よりもサヤが大きいのが、薩摩産のなた豆の特徴です。
そんな薩摩産のなた豆のサヤは、約40センチにもなるのだとか。
国内産のなた豆は、海外産のなた豆よりも価格は上がりますが、安心して食べられるのが一番の魅力です。

なた豆の価格目安

なた豆とは、元々漢方薬として日本に入ってきた歴史ある豆の一種で、現在でも、健康食品などによく使われています。
なた豆は、そのまま茹でて食べるタイプの豆とは違い、一般的には、「なた豆茶」として販売されている事が多いようです。
一般的な、なた豆茶の価格目安は、150gで1500円から2000円ほどです。
実の所、なた豆には毒性があるため、ある程度良い値段のなた豆茶を選ばないと危険なのです。
「健康なた豆茶」と名前がついていても、普通よりも明らかに安い物だと、しっかりとドク抜きがされておらず、体調を崩してしまう事もあるのです。
そのため、なた豆茶を紹介するページでは、なた豆茶の選び方などの紹介されています。

なた豆の栄養と効能

なた豆は栄養が沢山含まれている食材として有名です。
では、なた豆にどんな効能が有るかというと、肝臓、腎臓機能の正常か、歯周病、花粉症、アレルギーなど、本当に沢山の慢性的な病気に効果があるんです。
特に、鼻の奥に膿みがたまってしまう病気、蓄膿症には、なた豆が効くというのが有名で、毎日1杯のなた豆茶を飲み続ける事で、蓄膿症の症状が改善し、終いには完治してしまった!という話しも有るのだとか。
しかし、普通の医薬品と違い、なた豆は漢方薬の一種ですから、飲み始めた途端にすぐに効果が出る物ではなく、半年、1年と飲み続ける事が必要になります。
効果が出るまでには時間がかかりますが、医薬品と違って、副作用が無いのがなた豆の魅力ではないでしょうか。

なた豆のおいしい見分け方

なた豆の見分けは、とても難しいのが現状です。
というのは、なた豆自体、各家庭で調理して食べるものというよりも、すでに加工された状態の「なた豆茶」などを購入して、摂取する事が多いためです。
さらに、なた豆には毒性があり、しっかりとした信用出来るブランドのなた豆茶で無い限り、粗悪な物が含まれている可能性が高いのです。
そういうと、なた豆自体がもの凄く危険な食品に思えるかもしれませんが、そうではありません。
海外から輸入したなた豆茶を購入する場合に、怪しげな人から購入したりせずに、きちんとしたお店で購入すれば、心配する必要はありませんし、問題が起こる事もほとんど有りませんのでご安心を。

なた豆がわかる!その魅力とは

なた豆の魅力は、やはり、なた豆に含まれる豊富な栄養成分と効能ではないでしょうか。
なた豆は、遥か昔に漢方薬の一種として、中国から輸入されてきたのが始まりと言われています。
そんななた豆は、なた豆のお茶を頂くのが一般的で、南米や中国などの海外から輸入しているものと、国内産のなた豆があり、なた豆を摂取するだけで、肝機能を強化し、歯周病を改善する効果があるのだとか。
最近話題というか、問題になっているメタボ対策にも、なた豆は有効なんだそうです。
そう考えると、なた豆ってあの小さい粒の中に、本当に沢山の栄養を含んでいるのですね。
ちょっとお腹周りが気になるお父さんには、毎日のなた豆茶がオススメです