にんにくの食べ方

にんにくは、調理の仕方ひとつで、様々な食べ方をする事が出来ます。
例えば、生のにんにくを醤油に漬けておくだけで、醤油ににんにくの香りが移るため、ステーキのソースにしても美味しいですし、にんにくの香りがあまり好きではない方は、皮をむいてから、ラップに包んでレンジで1分ほど温めても美味しいと言われています。
また、一度にたくさんの量を消費したいなら、にんにくチップスもおすすめで、調理する時のにんにくの香りは強烈ですが、食べてみると、にんにくチップスだけで、かなりお酒も進むでしょう。
ちなみに、にんにくは、細かく刻むと、量があってもあまり目立たなくなるので、パスタのソースなどに使うのもオススメです。

にんにくの栽培

にんにくは、家庭菜園で扱われる野菜の中でも、人気が高いと言われています。
にんにくの植え付け時期は、9月から10月で、東北などの寒い地域では、それよりも早めに、関東よりも西の地方では、遅めに植え付けると良いでしょう。
にんにく栽培の魅力は、水をあげて雑草を抜いていれば、ほとんど手入れが要らないことで、植え付け後の11月から5月までは、ほとんど手入れの必要がなく、6月になって収穫が可能です。
また、にんにくは、根もそこまで深くないので、プランターでも育てる事が出来、新鮮なにんにくは、水分量や香りも、市販の物とまったく異なるのも、にんにくを栽培する大きな魅力だと言われています。

にんにくの簡単な定番レシピ

にんにくには、どんな定番レシピがあるのでしょうか。
これは、ご家庭によっても異なりますが、にんにくは、香り付けなどに使われる事が多いので、その用途も様々です。
例えば、ご飯と合わせるなら、ガーリックライスが人気で、スライスしたにんにくを、炊いたご飯と一緒に炒めて、バターや醤油などで、軽く味付けをします。
にんにくは、特に炒め物に使う事で香りが増すという特徴があるため、お肉や野菜の炒め物にもよく使われていると言えるでしょう。
また、スライスしたにんにくをオーブンで焼いたり、軽くあげることで、にんにくチップスとして、簡単なおつまみにする事も出来ます。

にんにくのカロリー

にんにくには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
にんにくは、100g134カロリーと、見かけによらず高カロリーな野菜だと言われています。
にんにくの1片でも、8カロリーありますから、野菜の中でも、カロリーが多い方だと言えるでしょう。
基本的に、にんにくは、香り付けや、食欲をそそる為に入れられる事が多く、栄養分自体はそこまで高くない物の、日常的に摂取する事で、体の代謝を整えたり、疲労回復にも効果があると言われています。
また、にんにくの香りは、胃腸の働きを助ける作用があるため、食欲がない方は、にんにくを、料理に大目に入れるのがオススメです。

にんにくがわかる!その魅力とは

にんにくの魅力とは何でしょうか。
にんにくの魅力は、やはりその滋養強壮効果だと言えるでしょう。
にんにくは、臭いが強い分、人によって好き嫌いが別れますが、食べてからすぐにパワーが湧いてくる野菜としてはピカイチです。
にんにくを食べる事で、タンパク質や、ビタミンB1などの吸収や消化を助けるため、にんにく無しで食事をするよりも、沢山の栄養分を効果的に摂取する事が出来ます。
悪玉コレステロールを分解する効果もある為、暴飲暴食の後に摂取する事で、胃腸の働きを助ける作用も、にんにくには含まれているのです。
そして、何よりもにんにくを少し入れるだけで、食欲を増進する香ばしい香りも、にんにくの大きな魅力だと言えるでしょう。

にんにくの保存方法

にんにくには、沢山の保存方法があるようです。
まず、にんにくの保存方法で一番一般的なのは、にんにくの球根のまま新聞紙に包んでからポリ袋に入れて、野菜室で冷蔵保存する方法です。
この方法だと、にんにくの乾燥を防げるだけでなく、他の野菜ににんにくの臭いが移るのを防止する事が出来るのです。
また、にんにくを1粒ずつ剥いて、個別に冷凍保存するという方法もあります。
こうする事で、さらに、にんにくを長期間保存出来ますし、調理する時は、そのまま刻んで使う事も出来ます。
そして、にんにくをおろしてから冷凍保存する、という方法もありますが、これは、にんにくの臭いが飛んでしまいやすいと言われています。

にんにくの種類

にんにくにも、沢山の種類があるのをご存知でしょうか。
まず国産のにんにくには、壱州早生、上海早生などがあり、これらは、吸収や沖縄などで多く作られている品種です。
そして、国内産のにんにくの中で、一般的なのが、ホワイト六片、福地ホワイトとよわれる品種で、青森県などの寒地で栽培されています。
青森県産のにんにくは、水気が多く、新鮮なものだと、臭いも青臭さが無く、とても甘いそうです。
そして、中国産のにんにくには、茎にんにくや葉にんにくがあり、臭いが柔らかいため、食べやすいと言われています。
ただ、国内産のにんにくの方が、栄養価としては高いようです。

にんにくの有名産地

にんにくの産地がどこなのかをご存知でしょうか。
一般に出回っているにんにくには、大きく分けて、国産のにんにくと中国産のにんにくがあり、国産のにんにくの中でも温暖地と、寒地のにんにくなどの種類があります。
国産のにんにくの産地と言えば、青森県が有名で、気候が寒い分、栄養分や、水分が沢山含まれていると言われています。
国内産では、沖縄や九州産のにんにくも販売されており、強い日差しを受けて育つ分、実が大きく、栄養分も高いそうです。
最近では、中国産のにんにくも、国内産のにんにくに比べると格安という事で、多くのスーパーで販売されています。

にんにくの価格目安

にんにくの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
他の野菜と同様に、にんにくの価格も、個々数年で高騰傾向にありますが、国内産のにんにくは、球根1個が250円程度だと言われています。
もちろん、にんにくを購入するスーパーによっても、この値段は異なりますが、国内産は、質が高い分、200円以上が目安だと言えるでしょう。
しかし、最近では、中国産のにんにくも幅広く販売されており、球根1個に対して、価格の目安は50円~100円程度だと言われています。
中国でのにんにくの価格は、5円以下とも言われているので、質や味はともかく、価格面では中国以上に安いにんにくは無いでしょう。

にんにくの栄養と効能

にんにくには、どんな栄養が含まれているかをご存知でしょうか。
にんにくは、食欲不振に効果があると言われていますが、これは、にんにくに含まれるアリシンという栄養が関係しています。
にんにくを刻む事で、にんにく独特の臭いが発生しますが、この臭いこそがアリシンという成分で、胃腸の働きを助ける事で、食欲不振に効果があると言われています。
そして、にんにくに含まれるスコルジニンという成分は、豚肉などに含まれるビタミンB1の吸収を助け、体内の栄養素をエネルギーに代える働きをしますから、倦怠感や、疲労回復にも大きな効果があると言えるでしょう。

にんにくのおいしい見分け方

おいしいにんにくをどんな風に見分けていますか。
おいしいにんにくの見分け方は、にんにくの原産地によって異なると言わ。れています。
最近では、多くのスーパーで、中国産のにんにくが販売されていますが、価格面を抜きに考えるなら、国内産のにんにくの方が断然おいしいと言えるでしょう。
おいしいにんにくは、球根1つが大きく、重みの有るものが良いと言われています。
軽いにんにくだと、形が同じでも、水分量が違う分、香りや栄養価も異なるので、その点でしっかりと、にんにくの重さをチェックする必要があるのです。
ちなみに、球根ごとに別れているにんにくよりも、葉が付いているにんにくの方が新鮮でおいしいと言われています。