まいたけの保存方法

まいたけは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まいたけは、水に濡らすと悪くなるため、冷蔵、冷凍保存する場合にも、水で洗わない方が良いと言われています。
そして、まいたけは、ボリュームのある袋に入って販売されている為、一人暮らしの場合など、1度に使いきれない事が多いのですが、その場合には、真空パックなどに入れて冷凍保存するのもオススメです。
ただ、まいたけは再冷凍すると、風味が落ちてしまうため、「冷凍出来るのは1回だけ」と覚えておいた方が良いでしょう。
冷蔵庫でまいたけを保存する場合には、まいたけを洗わずに、濡らしたペーパータオルなどの上にまいたけを乗せて、ビニール袋に入れるのが良いと言われています。

まいたけの種類

まいたけには、どんな種類があるのでしょうか。
私達が普段スーパーなどで目にする舞茸は、茶色っぽいものだと思いますが、まいたけの種類は、茶系、白系、黒系などに分けられます。
まず、私達が一番口にする機会の多いまいたけは、茶系のまいたけで、この週類が一番食感も味もいいと言われています。
そして、白系のまいたけは、一部のメーカーでも扱っていますが、茶系のまいたけに比べると、味が劣ると言われる事もあり、かなり有名なメーカーの物でないと、少し物足りないと感じる事もあるようです。
さらに、黒系のまいたけは、地方出ないと手に入らない事が多く、一般のスーパーなどでは、見かける事もほとんど無いといわれています。

まいたけの有名産地

まいたけの産地は、どこが有名なのでしょうか。
まいたけの産地は、岩手県や秋田県が有名だと言われています。
まいたけは、気温が低く、湿気が多い所で育ちやすい為、東北を中心に栽培が盛んで、まいたけなどのきのこを扱うメーカーも多いそうです。
まいたけは、椎茸やえのきなどに比べると、中国産の物が少ないのですが、やはり国内産のまいたけに比べると、輸入物は味が劣りますし、まいたけの食感なども異なると言われています。
その為、おいしいまいたけを食べるなら、やはり、東北産のまいたけを選ぶのが一番だと言えるでしょう。
ちなみに、まいたけは天然物もありますが、一般には、ほとんど出回っていないようです。

まいたけの価格目安

まいたけの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ここ数年で、まいたけの値段は上がって来ており、数あるきのこの中でも、まいたけは価格が高い分類に入ると言えるでしょう。
まいたけは一袋だけでもかなりボリュームがあるのが魅力ですが、最近では一袋600円ほどするメーカーも増えて来ていますから、将来的には、さらに値上げされると言われています。
そして、まいたけの栄養分をバランスよく取る為にも、最近では、まいたけのサプリメントも販売されており、この価格は300粒で3000円ほどが目安になっているそうです。
おいしいまいたけを、安く手に入れるのは難しくなって来ているのです。

まいたけの栄養と効能

まいたけには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
まいたけは、様々な栄養分がある健康的な食材ですが、その中でも、ビタミンB1、B2、グルカンなどが多く含まれています。
ビタミンB1、B2は、血中の糖質をエネルギーに代えるのに欠かせない栄養素で、にんにくやお肉と合わせて食べる事で、さらにエネルギー代謝が良くなると言われています。
そして、まいたけに含まれるグルカンという繊維質は、免疫効果を活性化してくれるので、風邪予防、インフルエンザ予防、がん予防などにも効果があると言われています。
さらに、まいたけには、鉄分や亜鉛も豊富に含まれているため、妊娠中の方や、生理中の女性にもオススメです。

まいたけのおいしい見分け方

普段、おいしいまいたけをどんな風に見分けていますか。
一般的なきのこの選び方と言えば、身が硬めで、見た目がカサカサしていないものですが、まいたけの場合には、見た目が若干乾燥している物を選んだ方が良いと言われています。
かさの茶色い部分がしっとりしているまいたけは、見た目からすると水分が多くておいしそうなのですが、これは、古くなったまいたけに現れるサインなので、勘違いしないように注意が必要です。
そして、まいたけの茎の部分も、黒ずみがなく白い物を選ぶと、初めての方でも失敗なく、おいしいまいたけを選ぶ事が出来ると言われています。

まいたけがわかる!その魅力とは

まいたけの魅力とは何でしょうか。
まいたけは、炊き込みご飯、炒め物、鍋物にしてもおいしく食べられるだけでなく、豊富な栄養分を含んでいる事だと言われています。
まいたけは、きのこ類の中でも、香りがそこまで強くない為、「きのこの香りが苦手」と言う方でも食べやすいですし、子どもからお年寄りまで幅広い世代に人気があります。
そして、まいたけの使い道も、他のきのこと合わせて炊き込みご飯にしたり、バターと一緒に炒めてソテーにしたり、鍋物の具材にしてもボリュームがあるため、見た目も良くなります。
さらに、まいたけには、タンパク知るやミネラル類、ビタミン類、食物繊維ななどが豊富に含まれているのも、魅力だと言えるでしょう。