もろきゅうの食べ方

もろきゅうは、料理などにも使えるのでしょうか。
もろきゅうは、もろみ味噌にきゅうりを漬け込んだ漬け物料理なのですが、基本的には、ごはんのおかずとして、またはおつまみとして食べられる事が多いようです。
もろきゅうを料理に使おうとしても、きゅうりの食感と、もろみ味噌の味が薄れてしまいますから、あくまでもろきゅうは、もろきゅうとして食べる方が、素材の味を楽しめると言えるでしょう。
もろきゅうは、居酒屋のメニューにも入っているくらい、お酒と相性がいいので、簡単なもろきゅうを自分で作って、おつまみにするのも、とてもおいしいと言われています。

もろきゅうの栽培

もろきゅうは、自分で栽培も出来るのでしょうか。
もろきゅうは、白いぼきゅうりを使って作られており、きゅうりの栽培は、比較的簡単だと言われています。
きゅうりの植え付け時期は、場所の気温によって異なりますが、4月上旬~7月下旬のシーズンで、土を柔らかくしておくだけでなく、芽がでてからの追肥も頻繁に行いましょう。
きゅうりの根は、浅く広く伸びるため、プランターでの栽培も可能ですが、大きなきゅうりの収穫を目指すなら、直植えしたほうが良いと言われています。
そして、きゅうりの収穫は、6月上旬~9月下旬までで、水をたっぷりと上げて、乾燥防止のために敷きわらを敷く事が大切です。

もろきゅうの簡単な定番レシピ

もろきゅうは、自分でも作れるのでしょうか。
もろきゅうは、難しいと思っている方もいるのですが、実際には、いくつかの材料で簡単に作る事が出来ます。
2人前の梅味噌もろきゅうを作る場合には、味噌大さじ2、ハチミツ大さじ1、梅干2粒、きゅうり2本という材料で、まずは、梅干の種を取り除いてから、実を包丁で刻みます。
刻んだ梅と味噌、ハチミツをよく混ぜ合わせて、スティック状にきゅうりをカットすれば出来上がりです。
もろきゅうというと、少し難しいと思っている方もいるのですが、実はとっても簡単で手軽に出来るレシピだと言えるでしょう。

もろきゅうのカロリー

もろきゅうには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
もろきゅうには、100gあたり、33カロリーほどが含まれています。
味噌も使っている為、カロリーが高めだと感じる方も多いのですが、実際には、もろきゅうの塩分が高い物の、カロリーは、そこまで高くないのです。
また、もろきゅうに使われるきゅうりには、利尿作用もある為、体内の塩分を外に出してくれるという効果もありますが、もろきゅうは栄養分が多い分、食べすぎには注意した方が良いでしょう。
ちなみに、もろみ味噌に漬け込んだもろきゅうよりも、きゅうりにもろみ味噌を付けるタイプの方が、カロリーは低いと言われています。

もろきゅうがわかる!その魅力とは

もろきゅうの魅力とはなんでしょうか。
もろきゅうの魅力は、メーカーなどの製造先によって、風味が大きく変わる事だと言われています。
このもろきゅうは、もろみ味噌に漬けこんだり、付けて食べるきゅうりの事で、使用するもろみ味噌によって、味わいも異なると言われています。
もろきゅうは、全国各地で販売されていますが、どんな種類のもろみ味噌を使っているかによって、その製造所独自の味が出るのが、もろきゅうの大きな魅力だと言えるでしょう。
また、もろきゅうは、100g150円ほどで販売されており、初めての方でも、購入しやすいのもひとつのポイントです。

もろきゅうの保存方法

購入したもろきゅうは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
もろきゅうは、味噌に漬けられた状態で販売されている為、購入後は、冷蔵庫で保存すれば良いと言われています。
もろきゅうは、パック売りされている事がほとんどで、パックも小ぶりなので、人によっては、すぐに食べきってしまう量なのですが、一度開封したら、1週間以内には、食べきってしまった方が良いでしょう。
また、きゅうりをもろみ味噌に付けて食べるだけの場合には、採れたてのきゅうりを使うのがおいしく、もろみ味噌は、元々保存食品なので、長期間冷蔵保存するのにも、向いていると言われています。

もろきゅうの種類

もろきゅうには、種類があるのでしょうか。
基本的に、もろきゅうとは、もろみ味噌にきゅうりを漬け込んだ漬け物なので、その種類自体は多くないと言われています。
しかし、もろきゅうに使われるもろみ味噌は、製造元によって、塩分量や感じられる甘みも異なるため、味わいは、味噌によって大きく変わってくると言われています。
また、もろきゅうに使われるのは、白いぼきゅうりなのですが、その中でも、姫きゅうりと呼ばれるきゅうりの品種は、もろきゅうにするのに、相性が良いそうです。
自宅でもろきゅうを作る場合には、きゅうりの選び方にも、気をつけてみると良いでしょう。

もろきゅうの有名産地

もろきゅうの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
もろきゅうの産地は、それに使われるもろみ味噌の産地です。
元々、もろきゅうは、京都や愛媛など、関西よりの地方で作られてきた漬け物で、もろみ味噌の味も、作る場所や、メーカーによって異なると言われています。
もちろん、もろきゅうに使われるきゅうりは、東北地方などでも作られているのですが、基本的には、違う地方で作られたきゅうりを使って、もろみ味噌の産地で加工される場合が多いと言えるでしょう。
もろきゅうと相性のいいきゅうりはいくつかありますが、最近では、自家製のもろきゅうを作る家庭も増えて来ており、味も様々だと言われています。

もろきゅうの価格目安

もろきゅうの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
もろきゅうの価格は、加工された状態で、100gあたり、200円ほどだと言われています。
この、もろきゅうは、もろみに漬けられたきゅうりの事で、独特の味噌味が特徴的だと言えるでしょう。
もろきゅうは、スーパーなどでも販売されていますが、最近では、産地や、メーカーにこだわる方も増えて来ている為、ネット上でも、もろきゅうの販売をしているお店が多いと言われています。
ちなみに、加工していないもろきゅうも販売されていますが、これは、大振りのきゅうりが6本ほど入って500円ほどなので、少し高めだと言えるでしょう。

もろきゅうの栄養と効能

もろきゅうには、どんな栄養分があるのでしょうか。
もろきゅうは、もろみ味噌にきゅうりを漬け込んだ漬け物の一種なのですが、その栄養分は、ビタミン、ミネラル、カリウムなどを豊富に含んでいると言われています。
まず、もろきゅうに使われるきゅうりは、水分が多く、塩分を体外に排出してくれるカリウムを含んでいます。
その為、血液をサラサラにするのにも効果的で、体を冷やしてくれる効果もあるので、夏の間には特にオススメです。
そして、もろきゅうに使われるもろみ味噌は、発行している分、ミネラル、ビタミンなどを多く含んでおり、塩分が強いものの、きゅうりの栄養分と合わさると、バランスが良くなると言えるでしょう。

もろきゅうのおいしい見分け方

もろきゅうには、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
もろきゅうは、もろみ味噌に漬け込んだきゅうりなので、味わい自体は、メーカーによって大きく異なると言われています。
しかし、自分でもろきゅうを作る場合には、もろきゅうのきゅうりにこだわる事が大切です。
もろきゅうには、白いぼきゅうりが使われているのですが、皮の表面にあるイボがピンと立っている物は、新鮮で、シャキシャキ感も強い為、おいしいと言われています。
また、もろきゅうを作る時期も、きゅうりがおいしい夏に作る事で、季節の栄養をしっかりと取る事が出来るので、オススメです。