アピオスの食べ方

アピオスを購入したら、どんな風に食べるのが良いのでしょうか。
アピオスは、じゃがいもと似ている野菜なので、特に下準備などに時間をかける必要はありません。
アピオスのほとんどは、土などがついていない状態で販売されており、軽く洗えば、塩ゆででも、すぐに食べられます。
ただ、アピオスの皮は、特に甘みが強いため、出来るだけ皮をむかずに調理した方が、アピオス本来の甘みを楽しめると言えるでしょう。
また、アピオスは、ジャガイモとサツマイモを合わせたような味なので、軽く炒めものにしたり、輪切りにしてから、天ぷらにしてもおいしいと言われています。

アピオスの栽培

アピオスは、家庭菜園でも栽培出来るのでしょうか。
気候にもよりますが、アピオスは、青森県で多く栽培されている野菜なので、寒冷地の方が、栽培もスムーズに進むと言われています。
ただ、アピオスは、ジャガイモと同様に、土の中で育つ野菜ですから、栽培をする為には、プランターではなく、小さな畑が必要になるでしょう。
アピオスは、ホームセンターなどで、球根が販売されており、栽培を始めるのは比較的簡単です。
ただ、肥料をしっかりと与えないと、収穫量がとても少なくなってしまうので、最初の数年は、マメに肥料を与えて、良い土壌を作った方が良いと言われています。

アピオスの簡単な定番レシピ

アピオスは、どんな風に調理するのがおいしいのでしょうか。
アピオスは、ジャガイモにとても似ている野菜なので、レシピもジャガイモを使った料理に使えば、間違いありません。
このアピオスは、もともとの甘みが強いため、野菜の味をシンプルに楽しみたいなら、塩ゆでで食べるのがいいでしょう。
ただ、アピオスの甘みは、特に皮の部分に含まれているため、皮はむかずに食べるのが良いと言われています。
また、フライドポテトにしてもおいしいのですが、アピオス自体のカロリーが高い分、あまりこってりした料理に使うと、肥満の原因にもなるので、注意した方が良いでしょう。

アピオスのカロリー

アピオスには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
アピオスは、見た目がジャガイモに似ており、甘みが強い野菜として知られていますが、糖度が高い分、カロリーが高いと言われています。
アピオスのカロリーは、ジャガイモの2.5倍と言われており、100gで170カロリーほどにもなるそうです。
そうなると、ご飯一杯分のカロリーとも、違いがありませんから、おいしいからと言って、食べ過ぎてしまうのに注意したほうが良いでしょう。
また、カロリーが高い分、栄養分が豊富で、腹持ちがいい食材でもあるので、バランス良く使えば、かなりヘルシーなおかずになると言われています。

アピオスがわかる!その魅力とは

アピオスの魅力とは何でしょうか。
アピオスの魅力は、その甘みと、豊富な栄養分だと言われています。
このアピオスとは、ほど芋と呼ばれるお芋の種類で、なんと糖度は栗と同じくらい高いのだそうです。
そうなると、さつま芋より糖度が高いという事になりますから、料理だけでなく、お菓子にも使いやすいと言えるでしょう。
また、アピオスの身は、ホクホクで食べやすく、じゃがいもに比べると、含まれているカルシウムの量も3倍と多いので、ネットを中心に人気を集めていると言われています。
ちなみに、アピオスは、ネットで200gほどから販売されているので、初めてでも試しやすいと言えるでしょう。

アピオスの保存方法

初めてアピオスを購入した方の中には、どんな風に保存したら良いのか分からないという方も居ます。
アピオスは、ほど芋と呼ばれる野菜なのですが、元々はイモ科ではなく、豆科の野菜なので、保存方法も、見た目が似ているジャガイモとは、すこし異なります。
まず、アピオスをすぐに食べきれない場合には、冷蔵庫に入れて保管する必要があります。
アピオスは、常温保存すると、栄養分が落ちてしまうと言われているのです。
また、長期でアピオスを保存したい場合には、一度茹でてから冷凍するのが良いそうです。
茹でずに保存すると、勝手に芽が出てきてしまうので、注意した方が良いでしょう。

アピオスの種類

アピオスとは、どんな野菜なのでしょうか。
アピオスは、別名「アメリカホド芋」と呼ばれる野菜の一種で、見た目は芋にも見えるのですが、実際には、豆科の野菜として知られています。
アピオスは、ジャガイモにとても似ているのですが、ジャガイモに比べると、鉄分、タンパク質、カルシウムが豊富に含まれています。
国内では、アピオスという野菜自体あまり知られていないため、アピオスの種類も沢山はないのですが、甘みが強く、ほっこりした野菜なので、ネットを中心に人気を集めていると言えるでしょう。
将来的には、アピオスから改良された野菜も、出てくるかもしれません。

アピオスの有名産地

アピオスの産地は、どこが有名なのでしょうか。
アピオスは、元々、アメリカの野菜なのですが、国内では、青森県の七戸町が、日本一の生産量を誇っています。
アピオスは、ジャガイモにも似ているのですが、カルシウムや鉄分、タンパク質などの栄養素が優れており、甘みもつよく、ホックリと仕上がるため、年々人気が上がってきていると言えるでしょう。
現在では、スーパーなどで扱っていない所が多いので、ネットで野菜を販売している農家さんから、直接仕入れる方法が主流だと言われています。
また、北海道などでも、一部ではアピオスを栽培しているようですが、量で言えば、青森県が一番なのだそうです。

アピオスの価格目安

アピオスの価格は、どのくらいが、目安になるのでしょうか。
アピオスは、ほど芋と呼ばれる甘くて栄養価の高い芋で、じゃがいもに比べてホクホクで甘い事から、価格も高めに設定されています。
アピオスの価格は、100g250円ほどで、芋の大きさによっても値段が上下すると言えるでしょう。
また、アピオスは、一般のスーパーで販売されていない事も多い為、ネット販売が主流で、購入の際には、アピオスのサイズも選択する事が出来るのだそうです。
最近では、一部のスーパーでも、取り扱いが出てきたアピオスですが、まだ知名度が低い分、商品の価格も芋類にしては、高めだと言えるでしょう。

アピオスの栄養と効能

アピオスには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
アピオスには、本当に豊富な栄養分が含まれていると言われています。
見た目はジャガイモに似ているのですが、アピオスには、ジャガイモの30倍のカルシウム、4倍の鉄分、3倍のタンパク質、10倍のナトリウムが含まれているそうです。
元々アピオスは、イモ科ではなく、豆科の野菜と言う事もあり、栄養素が豊富で、さらに糖度が非常に高く、身がホックリとしているのが、大きな魅力だと言えるでしょう。
ちなみに、アピオスを日常的に食べると、美肌、尿病・肥満・高血圧予防などに、高い効果があると言われています。

アピオスのおいしい見分け方

おいしいアピオスは、どこで見分ければ良いのでしょうか。
アピオスは、じゃがいもにも似ている「ほど芋」という種類なのですが、実際には、豆科の植物で、独特の甘みと高い栄養価で人気を集めています。
そんなアピオスは、丸く、皮にツヤが有るものがおいしいと言われています。
じゃがいもと見た目が似ているのですが、皮のツヤはアピオス独特の物ですし、栄養が行き届いている証拠でもあります。
また、アピオスは、楕円形に大きくなる野菜なので、丸々としたものだけでなく、少し楕円形で、端がすぼまっていても、味には特に影響しないと言われています。
まだネット販売が主流なアピオスですが、店頭で見かける事があれば、お試しで購入してみるのも良いでしょう。