アボカドの食べ方

アボカドを食べなれていないと、アボカドの実が熟れる前に、切ってしまう場合がよくあります。
一般的に、店頭で販売されているアボカドは、まだ実が堅く、堅い時に実を切ってしまうと、それ以上、熟成しないという特徴があります。
アボカドの食べごろは、殻を押した時に、少し中身が潰れる程度です。
また、アボカドをぶつけたり、熟成させすぎると、中身が黒ずんでしまうので、注意した方が良いでしょう。
アボカドは、皮をむくと言うよりも、縦、または横に真っ二つに切り、中央の大きな種の周りを一周する感じで包丁をまわすと、実がパカッと割れるのです。
ちなみに、アボカドは切った後、酸化しやすいので、ラップをしたり、レモンをかける事が大切です。

アボカドの栽培

最近は、アボカドを栽培するキットも販売されており、実の収穫よりも、観葉植物として室内で育てている方が多いようです。
アボカドは、木になる果物ですから、販売されているような大きな実を付ける為には、その分、大きな木が必要ですし、大きな庭がない限り、アボカドの実を収穫する事は出来ないでしょう。
また、アボカドは、暖かい地方で育てられる果物なので、いくら大きな木になっても、気候が寒ければ、実の収穫は遅くなると言われています。
ちなみに、アボカドは、種が割れた状態で葉っぱが育って行くので、観葉植物としても見た目が可愛らしいと言えるでしょう。

アボカドの簡単な定番レシピ

アボカドは、どんな風に食べるのが良いのでしょうか。
アボカドは、甘くない果実のひとつで、サラダの具材として食べられる事が多いと言われています。
柔らかくなったアボカドを半分に切って、そこに醤油を垂らして食べるだけでも美味しいので、シンプルにアボカドの味を楽しみたい方には、オススメです。
また、アボカドは、醤油をかけると、トロの味にとても似ていると言われているので、お寿司の具材としてアボカドを使う場合も、海外では多いと言われています。
アボカドは柔らかく、形が崩れやすいため、調理と言うよりも、生食の方が合っている食材だと言えるでしょう。

アボカドのカロリー

アボカドには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
アボカドは、100gで187カロリーが含まれています。
アボカドは、野菜の中でも、特に資質が多い野菜ですが、この資質は植物性の物なので、コレステロールなどを下げる効果があると言われています。
また、葉酸や食物繊維なども豊富に含まれているため、妊娠中や生理中の女性は、出来るだけ多くアボカドを食べると、体調も崩れにくくなると言えるでしょう。
カロリーが高いと、すぐに太るというイメージを持っている方も多いのですが、アボカドのような植物性の脂質なら、脂肪になる事も少なく、健康的にダイエット出来ると言われています。

アボカドがわかる!その魅力とは

アボカドの魅力って何でしょうか。
アボカドの魅力は、まずあの濃厚な味と言えます。
たまに、「アボカドに醤油をかけて食べると、トロの味がする!」と言われる事もあるほど、アボカドには脂質が多く、濃厚な味をしています。
そして、アボカドに含まれる豊富な栄養成分も、健康な身体作りには大変有効で、アボカドを日常的に食べる事で、高血圧、脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化、ガンなどの、生活習慣病を予防する事が出来るのだそうです。
ちなみに、アボカドには、豊富な脂質が含まれていると、先ほどお伝えしましたが、アボカドに含まれる脂質は、植物性の脂質なので、コレステロール値を上げる心配もありません。

アボカドの保存方法

アボカドの保存方法をご存知でしょうか。
まずアボカドの堅さによっては、購入後数日間、自宅で追熟させる必要が有ります。
かなり堅いものだと、プラッチックを思わせるほど堅く、叩いても軽い音がするだけでとても食べる事は出来ません。
アボカドを追熟させる時は、日の当たらない場所で、常温で保存します。
しかし、アボカドは熟してから、ほとんど日持ちしないため、完熟したその日か次の日には食べるようにしましょう。
さらに、切れ目を入れてから保存しても、表面が黒く変色してしまうので、出来れば1回で丸々1つ食べきってしまうのがオススメです。
ちなみに、あまり熟成したアボカドを常温で置いておくと、カビが生えてしまうので要注意です。

アボカドの種類

国内で出回っているアボカドのほぼ90%が、メキシコ産のアボカドと言われています。
アボカドは国内産のものがほとんどない為、日本で知られているアボカドの種類はかなり限られます。
アボカドの種類の中で、一番多く栽培されているものが「ハス」という種類です。
ハス種のアボカドは皮がざらざらしているのが特徴です。
未熟の時には皮の色が緑色で、完熟するにつれて、皮全体が黒っぽくなってきます。
ハス種は、コクが深く、オリーブオイルや醤油など、日本の調味料とも相性がいいそうです。
さらに、このハス種を育てる時に、化学肥料や農薬などを使わないで栽培した特別なハス種は、普通のハス種に比べて高級で、さらにうま味が多いのが特徴です。

アボカドの有名産地

海外から100%輸入しているアボカド。
そんな輸入アボカドの中でも、とくに有名な産地が中南米に位置するメキシコです。
国内に輸入されるアボカドの、約90%はメキシコからのアボカドと言うほど、メキシコのアボカド栽培は盛んなのです。
メキシコ料理と言えば、メキシカンタコスが有名ですが、本場メキシコでは、このタコスにもアボカドのソースが欠かせないんだそうです。
ちなみに、南米のチリから輸入するアボカドは、全体の約5%で、オセアニアのニュージーランドのアボカドが約5%です。
アボカドを育てる為には、暖かいだけでなく、年中通して温暖な気候が必要なため、国内での栽培がとても難しいそうです。

アボカドの価格目安

国内で販売されているアボカドの100%が海外からの輸入品です。
主な輸入先は、メキシコで、その次がチリ、さらにニュージーランドです。
国内のスーパーでもアボカドは売られていますが、アボカドの価格ってとっても高いですよね。
一般的なスーパーの値段で、アボカド1つ150円ほどです。
これは1つの値段ですから、1キロ6つ入りで900円ほどの値段にもなります。
国内では、こんなに高いアボカドですが、アボカドを生産しているメキシコでは1キロ260円、チリではなんと1キロ150円ほどで、アボカドが購入出来るらしいのです。
アボカド好きには、ちょっとお高い値段ですが、その豊富な栄養成分が最近ではよく知られるようになってきました。

アボカドの栄養と効能

「森のバター」と呼ばれるほど、アボカドには、豊富な脂質が含まれています。
バターというと、コレステロールを上げる食材ですが、アボカドノ場合は、植物性の油なので、コレステロールを上げるどころか、コレステロールを下げて血液を流れやすくする効果まであるのです。
そんなアボカドには、他にも、カリウム、ビタミンEなどが豊富に含まれていて、これらの栄養成分が心筋梗塞、動脈硬化、脳梗塞、がんなどの重病を予防してくれる効果があります。
さらに、アボカドに含まれる食物繊維が腸内環境を整えてくれます。
アボカドに含まれる豊富な栄養成分は、アボカドの価格(1つ150円)と比較しても、やはり価値のあるものと言えるでしょう。

アボカドのおいしい見分け方

アボカドの価格は、1つ150円ほどで、野菜としてはちょっと高い傾向に有る為、購入する時はおいしくて、質の良いものを選びたいものですよね。
まず、アボカドは熟していない状態だと、プラスチックのように堅いため、すぐに食べたいようなら、触った時に少し中身がつぶれる位の柔らかいものを選びましょう。
堅いものを購入した場合にも、常温で数日間保存すれば、中身が柔らかくなります。
しかし、アボカドは、熟成してから日持ちがしない野菜でもあります。
なので、見分ける時にあまり柔らかいものを選ぶと、中身が黒く変色して傷んでいる事が有るので、若干固めのものを購入して、数日間自宅で追熟させてから食べるのがオススメです。