アミガサダケの食べ方

自分でアミガサダケが収穫出来た場合には、調理して食べる事も出来るのでしょうか。
アミガサダケは、林の中の地上などに生えているため、自分で採取する事も出来ますが、調理する時には、しっかりと火を通す事が重要です。
また、アミガサダケは、アルコールと合わせて食べると、嘔吐などの症状が表れる為、その点でも注意が必要だと言われています。
もちろん、アミガサダケの毒性はそこまで強くないので、症状が出たとしても、死に至る事はありませんし、入院になる事もほとんどありませんが、アミガサダケは、見た目もあまり良くないので、あまり日本国内では好んで食べられていないキノコだと言えるでしょう。

アミガサダケの栽培

アミガサダケは、栽培する事も出来るのでしょうか。
残念ながら、アミガサダケの栽培は非常に難しいため、現在でも、人工栽培法は開発されていません。
特に、アミガサダケは、色合いがクリーム色で、形が丸い物の方が、評価も高い為、栽培法が研究されていますが、現在市場に出回っているほとんどのアミガサダケが中国産の天然物だと言えるでしょう。
日本国内では、アミガサダケが食用キノコとしてあまり知られていないのですが、フランスやイタリアでは、アミガサダケを料理に使う事も多いですし、生のアミガサダケは、日持ちしないので、乾物にして販売されるのが一般的です。

アミガサダケの簡単な定番レシピ

アミガサダケは、どんな風に調理したら良いのでしょうか。
アミガサダケは、日本国内ではあまり食べられていませんが、中国やフランス、イタリアなどでは、食べられる事が多いようです。
このアミガサダケは、グラタンやクリームシチューの具材に使われるだけでなく、ピザ、スープなどに使われる事が多く、海外で販売されている物は、乾物となっているそうです。
また、アミガサダケは、栽培が難しいため、そのほとんどは天然物になりますが、繁殖範囲は広いと言えるでしょう。
ちなみに、アミガサダケは、食べ合わせによって嘔吐などの原因になる場合がありますが、これは、食べる人によって症状が出るかどうかも異なると言われています。

アミガサダケのカロリー

アミガサダケには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
生のアミガサダケには、100gあたり20カロリーほどが含まれています。
アミガサダケは、日本国内では食用キノコとして知られていない為、カロリーや栄養成分の情報はみつかりづらいのですが、中国や、フランス、イタリアでは、乾燥させたアミガサダケが販売されています。
アミガサダケは、バターや牛乳との相性が良いキノコとして知られており、グラタンに入れたり、バターソテーにするのもおいしいと言われていますが、アルコールと合わせて食べると、酔いが深くなり、嘔吐などの原因になる事もあるそうです。

アミガサダケの保存方法

収穫したアミガサダケは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
アミガサダケは、冷蔵庫で保存していれば、2日ほどは食べられるのですが、アミガサダケを食べる場合には、十分な注意が必要だと言われています。
このアミガサダケには、豊富なリノール酸が含まれていると言われており、このリノール酸が、コレステロールの分解を助けてくれるそうです。
しかし、アミガサダケを食べる場合には、しっかりと火を通す事が重要で、アルコールを一緒に摂取しない事が絶対条件です。
また、同じ地域で取れたアミガサダケを食べても、人によって、症状が出るかどうかも異なると言われています。

アミガサダケの種類

アミガサダケには、似たような種類があるのでしょうか。
アミガサダケは、アミガサダケ科アミガサダケ属に分類されるキノコで、似たようなキノコはあまりないと言われています。
このアミガサダケには、食べ合わせによる中毒作用があるため、日本国内では食べられていませんが、中国では、医食同源の食材のひとつとして、食べられているそうです。
アミガサダケは、炒め物にしたり、スープに加えたり、様々な調理法がありますが、中国で販売されているアミガサダケのほとんどは、乾燥させてあり、調理する場合には、水に戻す必要があると言われています。
ちなみに、アミガサダケには、たくさんのアミノ酸が含まれているそうです。

アミガサダケの有名産地

アミガサダケの産地と言えば、どこなのでしょうか。
アミガサダケは、栽培出来ないキノコなので、現在は、中国産の天然アミガサダケが多いと言われています。
アミガサダケは、見た目もすこし変わっていますし、食べ合わせによって、体調不良を引き起こすため、日本国内では、ほとんど食べられていませんが、フランスやイタリアでは、乾物のアミガサダケを使っている事が多いようです。
ただ、アミガサダケは、日本国内でも、生えている事が多いため、山に登らなくても、みつかる事もあります。
ほとんどの場合は食べられずに放置されているのですが、調理法によっては、食べても症状が出ない場合もあるそうです。

アミガサダケの価格目安

アミガサダケの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
アミガサダケは、日本国内ではあまり食用キノコとして需要がないため、市場に出回る事がほとんどないと言われています。
アミガサダケは、元々、中国やインド、アメリカなどで食べられているキノコの一種ですが、生食や、アルコールと一緒に食べると、嘔吐などの症状が出る事もあるため、日本国内では、市販されていないのです。
人によっては、自分でアミガサダケを収穫する方もいるのですが、キノコの種類や調理法を間違うと、とても危険なので、一般の方向けには、販売もほとんどしていないと言われています。

アミガサダケの栄養と効能

アミガサダケには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
アミガサダケはキノコの一種ですが、脂肪酸の量が多く、特にリノール酸は、アミガサダケに含まれる脂肪酸の80%ほどを占めていると言われています。
リノール酸とは、コレステロールを分解する栄養成分で、オレイン酸と並んで、コレステロール値を下げる効果があると言えるでしょう。
そして、アミガサダケには、食物繊維なども含まれていますが、他のキノコと比べると、酸の量が多いため、人によっては、アレルギー症状を引き起こす事もあります。
ちなみに、アミガサダケは、アルコールと一緒に摂取すると、嘔吐などの原因となるので注意が必要です。

アミガサダケのおいしい見分け方

アミガサダケに、おいしさを見分けるコツはあるのでしょうか。
アミガサダケは、見た目のが特徴的なキノコなので、キノコの中でも覚えやすい種類だと言えるでしょう。
アミガサダケの高さは5センチ~12センチほどになる場合もあり、色合い、形ともに、とてもユニークなキノコです。
そして、アミガサダケは、野原などに生える事もある為、場所によっては、山などに登らなくても見つけられると言われています。
しかし、アミガサダケは、生で食べたり、調理していても、アルコールと一緒に摂取すると、酔いが深くなるだけでなく、嘔吐などの原因にもなってしまう為、日本国内では、ほとんど食べられていないキノコだと言えるでしょう。

アミガサダケがわかる!その魅力とは

アミガサダケの魅力とはなんでしょうか。
アミガサダケの魅力は、日本国内ではほとんど販売されていないレアなキノコという事だと言われています。
まず、アミガサダケは、バター炒めにしたり、グラタン、オムレツの具材にして食べる事が出来るキノコで、味もおいしいそうです。
しかし、アミガサダケの調理法を誤ると、体調を崩す危険があると言われており、日本国内では、食用キノコとしての需要が無く、入手するのが難しいと言われています。
しかし、地域によっては、庭などにアミガサダケが生える事もあるので、天然のアミガサダケでない限り、手に入りにくい、貴重なキノコだと言えるでしょう。