アルガンオイルがわかる!その魅力とは

アルガンオイルの魅力とは何でしょうか。
アルガンオイルの魅力は、食用としても、肌に塗ったり、マッサージオイルとしても使える事だと言われています。
アルガンオイルは、モロッコ特産の植物性オイルで、ビタミンEを豊富に含んでいるそうです。
ビタミンEには、老化防止、若返り効果があるので、女性には特にオススメだと言えるでしょう。
そして、アルガンオイルには、高酸化作用や、コレステロール値を下げる硬貨や、マッサージオイルとして使う事で、シワの予防、リウマチ、関節炎を緩和する効果があると言われています。
アルガンオイルは、高級なオイルですが、それだけ使う価値があると言えるでしょう。

アルガンオイルの保存方法

アルガンオイルは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
アルガンオイルは、湿気、空気、光に気をつけて保存する事が大切です。
これは、食用、マッサージ用のアルガンオイルでも同様で、空気に触れる時間が長かったり、日光を浴びている時間が長いと、アルガンオイルが劣化して濁る事があると言われています。
アルガンオイルは、劣化すると、栄養分も下がってしまうので、食べても、肌に塗っても、思うような効果が得られないと言えるでしょう。
基本的に、アルガンオイルは、他のオイルと同様に、日陰で湿気や空気に触れない所に保存するのが1番で、気温は20度以下にとどめる事が大切です。

アルガンオイルの種類

アルガンオイルにも、種類があるのでしょうか。
アルガンオイルは、食用、キャリアオイルとして使い道が別れる事が多いのですが、食用のアルガンオイルの場合には、マッサージオイルとして使う事も可能です。
また、キャリアオイルの場合には、保存料が多く入っている可能性が高いので、食用には使用しない方が良いでしょう。
そして、アルガンオイルは、手絞り、機械による低温圧縮などの製法の違いがあり、手絞りの方が、手間がかかる分、味わい深く、高級品だと言われています。
ちなみに、アルガンオイルは世界中で人気を集めていますが、基本的にはモロッコでしか作られていないようです。

アルガンオイルの有名産地

アルガンオイルの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
アルガンオイルは、モロッコで取る事が出来る、アルガンツリーの実を使って作られる特別な植物性オイルで、その原産国は、モロッコに限られています。
モロッコといっても、モロッコ全土でアルガンオイルが作られているわけでなく、アルガンツリーの栽培に適した一部の地域で取られた実を、違う場所で加工している事が多いと言えるでしょう。
ネットでは、アルガンオイルを販売しているお店を見つける事が出来ますが、アルガンオイルの中でも、手絞りのアルガンオイルは高級品で、一般の方には、ほとんど手に入らないと言われています。

アルガンオイルの価格目安

アルガンオイルの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
アルガンオイルは、モロッコで作られている植物性のオイルで、マッサージ用のオイルでも50mlで3000円ほどするのが一般的です。
身体用のマッサージオイルとして使う場合には、50mlで約15回分ですから、回数に分けると、それなりの値段だと言う事が分かるでしょう。
アルガンオイルは、食用、化粧品用に使用方法が別れるのですが、基本的にマッサージオイルなどとして販売されているアルガンオイルは、食べる事が出来ないので注意が必要です。
さらに、手絞りのアルガンオイルになると、さらに価格が上がると言われています。

アルガンオイルの栄養と効能

アルガンオイルには、どんな栄養が含まれているかをご存知でしょうか。
アルガンオイルは、モロッコで採れるアルガンツリーの実を圧縮して作られる植物性のオイルですが、このアルガンオイルには、ビタミンEが豊富に含まれていると言われています。
ビタミンEは、ホルモンのバランスを整える効果があり、老化防止や若返りなどにも効果的です。
アルガンオイルに含まれるビタミンEの量は、オリーブオイルの4倍と言われるほどなので、ボディーマッサージに使うのもオススメだと言えるでしょう。
そして、アルガンオイルは、食用として食べても、コレステロールを下げ、肌や髪の栄養補給をしてくれる効果があるといわれています。

アルガンオイルのおいしい見分け方

アルガンオイルにも、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
食用のアルガンオイルは、一般にはほとんど手に入らないのですが、アルガンオイルの中でも、特に質が高く、おいしいのは、手絞りのアルガンオイルだと言われています。
アルガンオイルは、モロッコの一部の地域で作られている植物性のオイルで、アルガンツリーから採れる実を圧縮して作られます。
実を圧縮する課程で機械を使うと、生産が早く、多く出来るため、多くの企業がこの製法をとっていますが、モロッコで古くから語り継がれる手絞り製法で作ったアルガンオイルの方が、香りも、うま味も強いと言えるでしょう。