ウインナーの歴史

ウインナーには、どんな歴史があるのでしょうか。
ウインナーは、元々、鶏の挽肉などを香辛料や塩で味付けをして、動物の腸にお肉を詰めて燻製にしたもので、味が濃い分、保存食としても世界各地で食べられてきたと言われています。
日本では、ドイツのウインナーが有名なのですが、スペインや中南米のチョリソ、トルコのシェフターリ・ケバブ、中国の香腸など、その種類も豊富だと言えるでしょう。
また、日本国内で販売されているウインナーは、ドイツのウインナーを日本人の口に合いやすいように改良しているため、本場ドイツのウインナーとは、少し味わいが異なると言われています。

ウインナーの食べ方

朝食からお弁当まで、様々な料理に使えるウインナーですが、ウインナーは、どんな食べ方がおいしいのでしょうか。
ウインナーの調理方法は、茹でる、焼く、炭火で焼く、いぶすなど、人によって好みが異なります。
また、ウインナーを焼いて、シンプルにケチャップで食べるだけでなく、スープに入れたり、ホットドッグにしたり、オムレツに入れるのもおいしいと言えるでしょう。
ウインナーは、なんと言っても温めるだけで食べられますから、どんな食べ方をするにしても、調理が簡単なのが魅力で、お子様からお年寄りまで幅広い世帯に人気があると言われています。

ウインナーの簡単な定番レシピ

ウインナーの定番レシピと言えば、タコさんウインナーです。
タコさんウインナーとは、ウインナーに切れ目を入れた状態で調理をして、お肉の切れ目が反り返るのが、タコの足に似て見える為、そう呼ばれています。
タコさんウインナーの作り方は、まず調理していないウインナーを斜め半分にカットして、中央の切り口に、縦の切り目を入れて行きます。
切り目は5本から6本ほどで、その後、フライパンでさっと炒めて火を通すと、自然に切り口を入れた部分が反り返ってくるので、熱が冷めてからお弁当などに入れるのが良いでしょう。
タコさんウインナーは、見た目も可愛らしいので、お子様のお弁当にもオススメです。

ウインナーのカロリー

ウインナーには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
ウインナーには、100gあたり321カロリーがあると言われています。
日本国内のウインナーでは、豚肉が使われている事が多いのですが、脂身を沢山使う分、ウインナーの高くなると言えるでしょう。
ウインナーの袋が100g~150gほどですから、少しお弁当に入れたり、ご飯の具材にする分には、カロリーもそこまで気にする必要は無いと言われています。
もちろん、ウインナーの原料が鶏肉や魚肉になれば、カロリーは少なくなりますし、牛肉を使ったウインナーの場合には、豚肉のウインナーよりも、カロリーが高くなると言えるでしょう。

ウインナーがわかる!その魅力とは

ウインナーの魅力とは何でしょうか。
ウインナーの魅力は、調理方法によって、様々な味を楽しめる事だと言われています。
ウインナーの調理方法は、焼く、茹でる、煮込むなど様々ですし、シンプルにフライパンで焼くだけでなく、炭火で焼くウインナーは、皮の食感などが異なると言えるでしょう。
特に、ウインナーは、茹でると脂身が少なくなるため、ヘルシーに食べる事が出来るのですが、人によって、焼くのが好きな方と、茹でるのが好きな方に好みが分かれると言われています。
また、ウインナーは調理が簡単で、幅広い料理に使う事が出来る為、朝食、昼食、夕食、お弁当まで、色々な場面で活躍するのが魅力だと言えるでしょう。

ウインナーの保存方法

ウインナーは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
ウインナーを購入すると、すぐに冷凍庫で保存する方も多いのですが、冷蔵保存用のウインナーであれば、冷凍はしない方が良いと言われています。
冷凍庫に入れてから、すぐにウインナーが凍るような大型の冷蔵庫なら良いのですが、一般家庭用の冷凍庫では、ウインナーの冷凍に時間がかかりすぎるため、ウインナーのお肉の組織を壊してしまうと言えるでしょう。
そして、組織が壊れたウインナーは、温めた時に、ウインナーのうま味が水分として溶け出しやすくなる為、若干ではありますが、うま味が無くなってしまうのです。
その為、ウインナーは冷蔵庫で保存し、1週間以内に食べきるのが良いと言われています。

ウインナーの種類

ウインナーには、どんな種類があるのでしょうか。
日本でウインナーと言えば、羊の腸に豚肉を詰めたドイツのウインナーが有名で、太さが2センチほどのウインナーソーセージや、豚の腸を使ったフランクフルト、牛の腸を使ったボソニアソーセージなどが有名だと言われています。
また、東欧では、ウインナーを食べる文化が長く続いているため、オーストリアのウインナー、ハンガリーのハンガリーサラミ、ホーランドのキェウバーサなども有名だと言えるでしょう。
そして、日本独自の商品として、お肉の色を赤く着色した赤いウインナーも販売されており、主にお弁当に使うウインナーとして、定着していると言われています。

ウインナーの有名産地

ウインナーの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
日本で販売されているウインナーは、国内や中国で作られている事が多いのですが、ウインナーが有名な国と言えば、ドイツやオーストリア、ポーランドだと言われています。
特に、東欧の地域では、ウインナーの歴史も長く、種類も多いので、日本のウインナーとは、また違った味わいがあると言えるでしょう。
そして、ウインナーは、ヨーロッパだけでなく、中東やアジア、中南米でも使われている一般的な加工方法なので、日本ではドイツのウインナーが有名でも、世界中には、沢山のウインナーの種類や産地があると言われています。

ウインナーの価格目安

ウインナーの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
ウインナーの価格は、メーカーによって異なると言われています。
日本ハムのシャウエッセンや、伊藤ハムのあるとバイエルンなどは、人気が高いのですが、日本ハムのシャウエッセンは1袋138gが2袋で498円、伊藤ハムのアルトバイエルンは、1袋149gが2袋で498円だと言われています。
その為、それぞれのメーカーによって、量の違いはありますが、おおよその単価は同じになると言えるでしょう。
また、ウインナーは、業務用や、あまり有名なメーカーのものでない場合には、さらに価格が安くなると言われています。

ウインナーの栄養と効能

ウインナーには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
ウインナーには、タンパク質、ビタミンB1などが豊富に含まれていると言われています。
国内で生産されているウインナーには、豚肉が使われている事がほとんどなのですが、豚肉には、筋肉や皮膚を作るタンパク質、疲労回復などに効果的なビタミンB1が沢山含まれています。
また、豚肉は牛肉に比べるとコレステロールが少ないため、コレステロール値が高い方や、肥満気味の方にも、オススメのお肉だと言えるでしょう。
ただ、ウインナーだけを単品で食べるよりも、野菜やご飯と合わせた方が、栄養の吸収率は上がると言われています。

ウインナーのおいしい見分け方

ウインナーのおいしさは、どこで見分ければ良いのでしょうか。
ウインナーはメーカーによって、味が若干異なる為、簡単にどのメーカーのウインナーがおいしいかを決める事は出来ませんが、ウインナーの袋の後ろにJASのマークが付いているかは重要だと言われています。
JASのマークが付いているウインナーは、お肉の品質自体が認められているため、ウインナーの皮のパリパリ感だけでなく、食べた時の肉汁の出方やうま味があると言えるでしょう。
また、JASのマークにも、上から特級、上級、標準のランク分けがされているため、その点でも、グレードによっておいしさを見分ける事が出来ると言われています。