エストラゴンの食べ方

エストラゴンは、どの部分を食べる食材なのでしょうか。
エストラゴンは、ハーブの一種で、主に、葉っぱを食用にします。
エストラゴンの香りはとても柔らかく、乾燥させた葉っぱを料理にふりかけても良いのですが、最近では、手軽に使えるパウダー式のエストラゴンの方が、多く使われていると言われています。
また、エストラゴンは、トッピングだけではなく、白ワインビネガーにエストラゴンを3ヶ月ほど漬け込んで、エストラゴンビネガーを作る事も出来ますし、マヨネーズと混ぜるという食べ方もあるそうです。
特に、フランス料理では、エストラゴンがスパイスに欠かせないと言えるでしょう。

エストラゴンの栽培

エストラゴンは、どうやって栽培する物なのでしょうか。
エストラゴンは、種子でも栽培出来るのですが、日本国内で販売されている種子のほとんどは、ロシアンエストラゴンという品種で、フレンチエストラゴンよりも香りが弱くなると言われています。
その為、エストラゴンの香りを重視するなら、フレンチエストラゴンの挿し木か、株分けを行った方が良いでしょう。
エストラゴンは、日当りが良い場所で育ちやすいので、寒さが厳しい地域では、枯れてしまう事もあるので、注意した方が良いと言われています。
また、エストラゴンの香りが最も強くなるのは、開花直前なので、収穫もその時期に行うのが良いでしょう。

エストラゴンの簡単な定番レシピ

エストラゴンは、どんなレシピに使えるのでしょうか。
エストラゴンは、香り付けに使われるスパイスなので、これと言って、エストラゴンがメインになるレシピはありません。
エストラゴンは、鶏の丸焼き、エスカルゴ料理、スープ、サラダ、マリネなど、それぞれのレシピにパウダーをふりかけたり、乾燥させた葉っぱをいれるだけなので、逆に言えば、幅広い種類の料理に使えると言えるでしょう。
ちなみに、エストラゴンは、フランス産のものが特に香りが強いと言われており、ロシア産や、ドイツ産など、香りも少し違ってくると言われています。
料理によって、エストラゴンの種類も使い分けてみると良いでしょう。

エストラゴンのカロリー

エストラゴンには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
残念ながら、エストラゴンのカロリーは、明らかになっていません。
エストラゴンは、フランス料理によく使われるハーブの一種なのですが、日本国内では、あまりポピュラーではないため、カロリー数も知られていないのです。
ただ、エストラゴンは、料理に少しふりかける程度しか使わないので、ダイエット中の方でも、基本的には、問題なく食べられる食品だと言われています。
もちろん、エストラゴンの香りには、食欲増進効果もあるため、その点では、エストラゴンの効果によって、少し食べ過ぎてしまう事もあると言えるでしょう。

エストラゴンがわかる!その魅力とは

エストラゴンの魅力とはなんでしょうか。
エストラゴンの魅力は、その香りにあると言われています。
エストラゴンは、タラゴンとも呼ばれるハーブのひとつで、フランスでは、料理のスパイスとして、広く使われているそうです。
このエストラゴンの香りは、優しく爽やかなので、辛い香辛料にくらべると、どんな料理にも使いやすいと言われています。
フランスでは、特に、ピクルスやマリネ、サラダのドレッシングに、このエストラゴンが使われている事が多く、国内では、エストラゴンのパウダーや、乾燥させた葉っぱが販売されているそうです。
少し本格的にフランス料理を作ってみたい方には、オススメのハーブだと言えるでしょう。

エストラゴンの保存方法

エストラゴンは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
市販のエストラゴンは、スパイス用のパウダーか、乾燥した葉っぱの状態で販売されています。
その為、出来るだけ湿気を避けて保存する事が大切で、葉っぱの場合には、ジップロックなどの密閉パックを使用するのが良いでしょう。
また、パウダーのエストラゴンも、開封すると、そこから酸化してしまうので、長期保存は可能ですが、香りは最初よりも、少し弱くなってしまうと言われています。
ちなみに、エストラゴンは、香りが優しいため、サラダやマリネなどに少しふりかけるだけでも、風味が変わり、おいしくなるそうです。

エストラゴンの種類

エストラゴンとは、どんな種類の食材なのでしょうか。
エストラゴンは、英語名でタラゴンと呼ばれるハーブの一種です。
特に、フランス料理では、香り付けの為に、このエストラゴンが使われる事が多く、サラダやマリネ、エスカルゴの料理にも、みじん切りにしたにんにくとバター、エストラゴンを混ぜて味付けに使われるそうです。
そして、エストラゴンには、フレンチエストラゴンの他に、ロシアンエストラゴンという種類もあり、香り自体はそこまで異なりませんが、日本国内では、ロシアンエストラゴンの方が入手しやすい傾向があると言えるでしょう。
ちなみに、エストラゴンの香りは、食欲増進、鎮痛、整腸作用などがあると言われています。

エストラゴンの有名産地

エストラゴンの産地と言えば、どこでしょうか。
エストラゴンは、元々、ロシア、ヨーロッパの多年草です。
日本国内では、乾燥させた葉っぱやパウダー状のエストラゴンが販売されています。
エストラゴンは、生の葉っぱでもハーブとして使えるのですが、日本国内では、栽培されている量も少ないですし、日本で販売されているエストラゴンのほとんどが、ロシアやフランスからの輸入品だと言えるでしょう。
特に、海外では、フランス料理でエストラゴンが使われる事が多いと言われています。
ちなみに、エストラゴンは、オムレツやローストチキン、クリームシチューなどに少しふりかけるのもおいしいそうです。

エストラゴンの価格の目安

エストラゴンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
エストラゴンは、フランス料理などで使われる事の多いスパイスの一種で、国内では、パウダーとして販売されている事が多いと言われています。
エストラゴンのパウダーは、七味唐辛子のような小さな瓶に入って、11gあたり、260円ほどが一般的な価格です。
お店によっては、同じ量でも、300円ほどの場合もありますが、エストラゴン自体、あまり国内では販売されていないので、価格が少し高くても仕方ないと言えるでしょう。
また、有機栽培で育てられたエストラゴンのパウダーの場合には、5gで420円ほどと、価格も異なると言われています。

エストラゴンの栄養と効能

エストラゴンには、どんな効能があるのでしょうか。
エストラゴンは、主にフランスで使われる事の多いハー分ひとつで、甘く柔らかい香りがすると言われています。
エストラゴンは、国内でも、パウダーや乾燥させた葉っぱのカットなどがされていますが、料理に少しパウダーをふりかけると、その香りで食欲増進の効果があるそうです。
特に、エストラゴンの香りには、整腸効果、鎮痛効果、心臓・かんぞうの増強効果も言われているので、食べることよりも、香りを楽しむ事が重要だと言えるでしょう。
さらに、フランスでは、エストラゴンの葉っぱを3ヶ月ほど漬け込んだビネガーも市販されているそうです。

エストラゴンのおいしい見分け方

エストラゴンは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
エストラゴンは、スパイスとして販売されていますが、その場合には、すでに乾燥させていたり、粉末になっている為、見た目でおいしさを見極めるのは難しいと言われています。
ただ、エストラゴンの香りは、優しくて爽やかなので、香りの強さでエストラゴンを選ぶという方法があるでしょう。
また、エストラゴンを栽培する時には、香りが良く、緑色が濃い物を選ぶと良いと言われていますが、日本国内では、フランスで使われているフレンチエストラゴンではなく、ロシアンエストラゴンしか手に入らないため、その点でも少し難しいと言われています。