エリンギの保存方法

購入したエリンギは、どのように保存したら良いのでしょうか。
エリンギは、1本の身が大きいため、すぐに使い切れない場合には、冷凍するのが良いと言われています。
エリンギを冷凍する場合には、食べやすい大きさに切ってからラップなどに包んで冷凍庫に入れておくだけで、冷凍前にエリンギを洗わないのがポイントです。
エリンギを含むきのこ類は、水に濡れると劣化が早くなるという特徴があるので、汚れが目立つ場合には、パーパータオルで拭いてから冷凍すると言うのも良いでしょう。
さらに、エリンギは、湿気に弱い為、冷蔵庫で保存する場合には、調理に使うまで袋を開けないか、開封後は、1週間以内に食べきる必要があります。

エリンギの種類

エリンギにも、種類があるのでしょうか。
国際的にも広く食べられているエリンギは、いくつかの種類があると言われていますが、その多くは、大きさによるグレードの違いで、国内ではエリンギの種類が1種類ほどに限られているそうです。
普段、スーパーなどで目にする事も多いかもしれませんが、エリンギは、全体が白く、幹の部分が太いのが特徴だといえるでしょう。
その他のきのこの種類に比べると、エリンギは、きのこや椎茸のような、独特の香りがないため、きのこ嫌いの方でも食べやすいと言われており、肉厚でか見応えがあるのも、エリンギの魅力です。
エリンギには、沢山の種類がない分、他のきのこと合わせて調理するのが一般的だと言えるでしょう。

エリンギの有名産地

エリンギの産地では、どこが有名なのでしょうか。
国内のエリンギの産地では、福岡県、三重県、鳥取県などが有名です。
エリンギは、他のきのこと合わせて栽培されている事が多いのですが、身が大きい分、肉厚で、きのこ独特の臭いもほとんど無いのが特徴だと言われています。
また、最近では、中国や韓国から、エリンギが輸入される事も多いのですが、海外産のエリンギは、国内産の物に比べると小ぶりで、鮮度の面から見ても、国内産の方がおいしいと言えるでしょう。
もちろん、エリンギの産地では、エリンギを使った料理も沢山紹介されていますし、都内のスーパーなどで購入するよりも、安い価格で販売されているのが特徴です。

エリンギの価格目安

エリンギの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
エリンギは、きのこの中でも身が大きい種類なので、一般のスーパーでも、袋に1本又は、2本ほど入っていくらという値段が付けられています。
エリンギの価格は、安いスーパーだと1本100円ほどで、一般のスーパーでは、150円ほどすると言えるでしょう。
もちろん、エリンギは、身が大きい分1本だけでも、料理に使うには十分なのですが、家族4人分で、エリンギを使った料理をする場合には、大体2袋分くらいが必要になるため、他のきのこよりも若干高いという値段設定になるようです。
きのこ類の値段は年々上がって来ていると言えるでしょう。

エリンギの栄養と効能

エリンギには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
エリンギは、きのこ類の中でも、カリウムが豊富に含まれています。
カリウムは、むくみ解消や、塩分を体外に排出してくれる効果がある為、高血圧や、高血糖の方にも、効果が高いと言えるでしょう。
そして、エリンギには、ビタミンB群が豊富に含まれている為、お肉と合わせて摂取する事で、栄養の吸収率が高くなるそうです。
このビタミンB群の中には、ナイアシンというビタミンも含まれており、ナイアシンには、アルコールを分解する効果がある為、二日酔いにも効果が高いと言えるでしょう。
このように、エリンギひとつだけでも、本当にたくさんの栄養分が含まれているのです。

エリンギのおいしい見分け方

エリンギにも、おいしさの見分け方法があるのでしょうか。
一般的に、おいしいエリンギを見分ける時には、全体の形を見る事が大切だと言われています。
おいしいエリンギは、全体の形が整っていて、茎の部分が白くて堅い事が重要です。
逆に、茎の部分がフニャっとしているものは、湿気が多いか、すでに悪くなっている証拠なので、購入を控えた方が良いでしょう。
そして、エリンギは、かさのふちが巻き込んでいる事もおいしさを見分ける特徴のひとつで、これらのポイントを抑えれば、同じスーパー、同じ値段で購入したエリンギでも、おいしいものを選ぶのが上手くなると言われています。

エリンギがわかる!その魅力とは

エリンギの魅力とは何でしょうか。
エリンギは、きのこの一種ですが、きのこ類独特の臭いがなく、味も甘みが強いため、様々な料理に使う事が出来ます。
エリンギは、グリルにしたり、お肉を巻いて焼くだけでも、ボリュームのあるメニューになりますし、他のきのこ類と一緒に炊き込みご飯に入れても、歯ごたえがあり、おいしく仕上がるのも、エリンギの大きな魅力だと言えるでしょう。
さらに、一本のエリンギだけでも、それなりの大きさがあるため、歯ごたえや肉厚感を楽しみたい方にも、特にオススメで、きのこ独特の香りが苦手という方にも、食べやすいという特徴があると言われています。