オゼイユの食べ方

オゼイユには、どんな食べ方があるのでしょうか。
オゼイユといえば、オゼイユソースに使われる事が多いのですが、もっと簡単に使うなら、トッピングとしての食べ方がオススメです。
例えば、オゼイユをレタスと一緒にサンドイッチに挟み込んだり、魚の付け合わせとしてオゼイユを使っても良いでしょう。
また、オゼイユは、スープを煮る時に、何枚か入れておいても、酸味が広がるためおいしいと言われています。
さらに、ハーブティーとして、お湯で抽出する事も出来ますから、その使い道は多いと言えるでしょう。
オゼイユソースを作るのは、難しいと言う方も、簡単な食べ方からオゼイユを試してみるのがオススメです。

オゼイユの栽培

オゼイユは、自分で栽培する事も出来るのでしょうか。
オゼイユの種は、ホームセンターなどで販売されており、春まきか秋まきが出来ると言われています。
オゼイユは、寒さにとても弱いため、日光が良くあたる場所が必要で、寒い時期には、土を冷やしすぎないように新聞紙をかけるなどの工夫が必要でしょう。
ただ、オゼイユ自体は、そこまで手がかかる植物ではないので、種をまいて、1ヶ月半~2ヶ月ほどで、葉っぱの収穫は出来るようになるそうです。
ちなみに、収穫する時は、全てを取らずに葉っぱを半分くらい残す事で、次の収穫が出来、1回の種まきで、何回も収穫出来るようになると言われています。

オゼイユの簡単な定番レシピ

オゼイユの簡単レシピはなんでしょうか。
オゼイユの風味を活かした簡単レシピと言えば、オゼイユのクリームパスタです。
まずは、フライパンにバターを溶かして、刻んだオゼイユを入れて炒めます。
オゼイユは、火の通りが早いので、生クリームを入れて、塩こしょうで味付けをします。
このオゼイユソースは先に作っておいても良いのですが、簡単に出来るので、パスタの面がゆであがる3分ほど前から、オゼイユソースを作り始めても良いでしょう。
そして、最後は、パスタにオゼイユソースをからめて出来上がりです。
これなら、材料も少しで済みますし、何よりも簡単で早いのでオススメのレシピだと言えるでしょう。

オゼイユのカロリー

オゼイユは、スパイスの一種ですが、乾燥出来ないため、生の葉っぱを料理などに使う事が多いため、カロリー数も、パウダー状のスパイスなどと比べると低めになっているのです。
オゼイユは、独特の強い酸味があるため、味のアクセントをつける為に使われる事が多く、特に若葉は葉が柔らかく、サンドイッチなどに使ってもおいしいと言えるでしょう。
ちなみに、オゼイユは、ハーブティーだけでなく、サラダやおひたしとしても使えるため、オゼイユのレシピ自体も、そこまで高カロリーではないと言われています。

オゼイユがわかる!その魅力とは

オゼイユは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
オゼイユは、生の葉を食用にする種類のハーブで、寒さにとても弱いため、乾燥させるのにはむいていないと言われています。
特に、収穫後は、水分量も日々減って行きますから、基本的には、出来るだけ早く使い切ってしまうのが良いでしょう。
また、冷蔵庫に入れる場合には、まずオゼイユを新聞紙などで包んでから野菜室で保存すると、オゼイユが冷えすぎないので良いと言われています。
ちなみに、オゼイユは、自宅で栽培する事も出来、日常的にオゼイユを使う方なら、栽培した方が必要な時に、必要な分だけ収穫出来るので、オススメです。

オゼイユの保存方法

オゼイユは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
オゼイユは、生の葉を食用にする種類のハーブで、寒さにとても弱いため、乾燥させるのにはむいていないと言われています。
特に、収穫後は、水分量も日々減って行きますから、基本的には、出来るだけ早く使い切ってしまうのが良いでしょう。
また、冷蔵庫に入れる場合には、まずオゼイユを新聞紙などで包んでから野菜室で保存すると、オゼイユが冷えすぎないので良いと言われています。
ちなみに、オゼイユは、自宅で栽培する事も出来、日常的にオゼイユを使う方なら、栽培した方が必要な時に、必要な分だけ収穫出来るので、オススメです。

オゼイユの種類

オゼイユとは、どんな種類の食材なのでしょうか。
オゼイユとは、別名でガーデンソレルと呼ばれる野菜の一種で、主に、生の葉っぱを食用とします。
このオゼイユは、日本国内でも野生化している食材なのですが、オゼイユ自体があまり知られていないため、食用とされる事も少ないと言えるでしょう。
また、オゼイユは、寒さに弱く、乾燥用にするには向かないため、生の葉っぱをそのまま使うのが一般的です。
使い道は、ハーブティー、サンドイッチ、スープ、ソース、サラダ、酢の物、ハンバーグなど様々で、栽培する事も出来るので、オゼイユ独特の酸味が好きな方には、自家栽培がオススメだと言えるでしょう。

オゼイユの有名産地

オゼイユの産地と言えば、どこなのでしょうか。
オゼイユの産地は、ヨーロッパと言われており、特に、フランス料理では、オゼイユを使ったレシピが多いと言われています。
オゼイユは、ガーデンソレルとも呼ばれている植物で、最近では、アジア、北米でも栽培されているのですが、香りが良いのは、フランス産のフレンチソレルだと言えるでしょう。
また、オゼイユの種は、国内でも販売されており、オゼイユは生の葉っぱのみを食べるものなので、自家栽培した方が、好きな時に新鮮な葉を収穫出来るので、メリットは大きいと言われています。
ちなみに、オゼイユは、鶏や鴨の詰め物としてだけでなく、サラダやおひたしにも使いやすそうです。

オゼイユの価格の目安

オゼイユの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
オゼイユの価格は、商品によって異なります。
オゼイユは、フレンチソレルというハーブの一種ですが、栽培用の種の価格は、一袋あたり210円だと言われています。
また、すでに成長したオゼイユの葉っぱは、10枚~20枚あたり250円~400円で販売されているそうです。
ただ、オゼイユの葉っぱの場合には、購入出来る時期も限られていますから、オゼイユのレシピなどを知っている方は、オゼイユを栽培した方が、使いやすいと言えるでしょう。
オゼイユは、あまりポピュラーなスパイスではないので、その点でも、入手が難しいのです。

オゼイユの栄養と効能

オゼイユには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
オゼイユには、シュウ酸という酸を含んでいるため、強い酸味があると言われています。
オゼイユは、ハーブティーだけでなく、サンドイッチやハンバーガーに入れて食べられる事も多く、便秘解消の効果があるそうです。
また、オゼイユは、打ち身などの場合には、オゼイユの葉っぱをカットして、患部に貼付けると、治りが早くなるとも言われています。
オゼイユは、香り付けのハーブの一種なので、あまり栄養が豊富な食材ではありませんが、オゼイユの使い道によっては、様々な効能を得られる食材だと言えるでしょう。

オゼイユのおいしい見分け方

オゼイユは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
オゼイユの葉っぱの緑色が強く、見た目がほうれん草の葉っぱにも似ています。
その為、オゼイユを選ぶ時は、全体が鮮やかな緑色をしていて、葉っぱ自体も柔らかい物を選ぶのが良いと言われています。
また、オゼイユは、生葉を食べるので、多少虫食いがあっても良いのですが、葉の一部が変色している物や、虫食いがあるものは、そこの部分を切り取ってから使うのが良いでしょう。
ちなみに、オゼイユは寒さに非常に弱く、冷蔵庫などに入れると、葉がしおれてしまうので注意が必要だと言われています。