オニオンスープがわかる!その魅力とは

オニオンスープの魅力とは何でしょうか。
オニオンスープの魅力は、さっぱりとした味をしているため、どんな方でも、飲みやすい事だと言えるでしょう。
中には、たまねぎが苦手な方も居るようですが、オニオンスープは、たまねぎの辛みなどはほとんど感じず、たまねぎ独特のうまみを凝縮したスープなので、その点でも、飲みやすいと言われているのです。
そして、オニオンスープの材料であるたまねぎに含まれる硫化アリルという成分が、血液をサラサラにする効果があるだけでなく、疲労回復や、精神を安定させるのに効果があると言われています。
たまねぎの栄養分を丸ごと飲めるオニオンスープは、健康にも効果のある料理だと言えるでしょう。

オニオンスープの保存方法

オニオンスープは、どのくらいの期間保存が出来るのでしょうか。
自宅でオニオンスープを調理した場合には、出来るだけ早めに食べきるのが良いと言われていますが、冷蔵庫でなら1週間ほど保存が可能です。
たまねぎの身が抜いてあるオニオンスープなら、冷凍保存するのも良いですが、身が入っている場合には、解凍しても、たまねぎが堅くなってしまう事もあるので、出来るなら、冷蔵保存のみにした方が良いでしょう。
オニオンスープは、そこまで劣化しやすいスープではないのですが、時間が経つと栄養が崩れたり、他の食品の臭いがつく事もあるので、出来るなら、早めに飲みきった方が良いそうです。

オニオンスープの種類

オニオンスープにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
オニオンスープは、元々西洋の料理で、日本国内では、たまねぎの身を取り除いた具無しのスープとして食べられる事が多いのですが、ヨーロッパでは、いくつかの種類があるそうです。
まず、フランスのオニオンスープは、炒めたたまねぎにブイヨンを注いで煮込んだ物で、トーストしたパンをオニオンスープの中に入れて食べるそうです。
ドイツのオニオンスープでも、スープにクルトンを浮かべる事が多いのですが、地方によっては、ブイヨンでは無く、牛乳やクリーム、卵黄などを合わせてオニオンスープを作る場合もあると言われています。

オニオンスープの有名産地

オニオンスープの産地は、どこが有名なのでしょうか。
オニオンスープは、フランス料理の一品と言われる事もあるのですが、実際には、フランス、イタリア、ドイツなどのヨーロッパ諸国で良く飲まれているスープだと言われています。
日本国内では、たまねぎの身を取り除いた、具無しのスープとして食べられる事が多いのですが、ヨーロッパでは、たまねぎだけでなく、トーストしたパンなども良く入っているそうです。
オニオンスープは、材料も作り方もシンプルなので、おいしいたまねぎさえあれば、どこでも調理する事が出来ると言われています。
甘い新たまねぎのシーズンには、特においしいオニオンスープが出来るでしょう。

オニオンスープの価格目安

オニオンスープの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
オニオンスープは、幅広い世代に人気が高いスープのひとつですが、その価格は、どこで食べるかによって異なります。
まず、インスタントのオニオンスープは、一食100円~150円ほどで、お湯を注ぐだけで出来る為、手間が省けると言われています。
そして、レストランなどでオニオンスープを注文すると、一食600円~800円ほどで、具の量が沢山ない分、価格は比較的安めだと言えるでしょう。
また、自宅でオニオンスープを作る場合には、特に材料費が安くなり、家族4人分でも、300円ほどで作れると言われています。

オニオンスープの栄養と効能

オニオンスープには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
オニオンスープに使われるたまねぎは、数ある野菜の中でも、特に栄養分が多い野菜として知られています。
特に、たまねぎの辛み成分である硫化アリルは、血液の流れを良くする効果があるので、その結果、動脈硬化、高血圧、糖尿病などを予防する効果があるそうです。
そして、たまねぎには、消化を良くする成分も含まれている為、「少し食べ過ぎてしまった」という時にも、少しのオニオンスープを飲むと、胃腸への負担が軽くなると言われています。
また、たまねぎに含まれる栄養分は、水に溶けてしまうので、オニオンスープなど、栄養分を全て採れる料理が1番なのです。

オニオンスープのおいしい見分け方

オニオンスープに使うたまねぎの、おいしさを見分けるポイントはあるのでしょうか。
たまねぎは皮がかぶっている分、おいしさを見分けにくいと言われていますが、たまねぎは頭の部分から傷んでくるという特徴があるので、上の部分を触った時に、堅い物を選ぶと良いでしょう。
また、芽や根が出ているたまねぎは、すでに栄養分や水分が出てしまっている可能性が高いので、出来るだけ購入後に早く使い切る事も大切です。
黄たまねぎは、外皮が乾燥しており、キレイな茶色をしているものを選ぶのが良いでしょう。
また、白たまねぎの場合には、皮の色も出来るだけ真っ白の物を選んだ方が、おいしいと言われています。