オレガノの食べ方

オレガノには、どんな食べ方があるのでしょうか。
オレガノは、ハーブの一種なので、オレガノがメインになるレシピはないようです。
その為、オレガノはピザや、スープ、パスタの上にふりかけられる事が多く、香り・風味付けとして使われていると言えるでしょう。
ただ、オレガノは、お肉や魚とも相性が良く、鶏肉をオーブンで焼く時は、表面に塩を塗り込んでから、オレガノをふりかけてから焼く事で、香りが良く仕上がるそうです。
特に、ホイル焼きの場合には、温める間に、オレガノの香りが食材にしみ込んで行きますから、オレガノの風味を楽しむには、ピッタリの食べ方だと言えるでしょう。

オレガノの栽培

オレガノは、家庭菜園でも育てられるのでしょうか。
オレガノは、栽培が簡単なハーブの一種なので、プランターで栽培することも可能です。
まず、オレガノの種まきは、3月の中旬~4月の下旬に行うのが良く、株分けの場合にも、この時期に行いましょう。
オレガノは、湿気に弱いハーブなので、梅雨から夏にかけては、風通しと日当りの良い場所に移動する事が必要でしょう。
水の量も、沢山あげる必要はないので、土の表面が乾いたら水を少しかける程度の方が、オレガノが育ちやすいと言われています。
ちなみに、オレガノの収穫は、6月上旬から9月の下旬までと長く、この間に、葉っぱと茎を乾燥させて保存するのもオススメです。

オレガノの簡単な定番レシピ

オレガノは、どんなレシピに使えるのでしょうか。
オススメの簡単レシピはスパゲッティトマトソースで、スパゲッティ200g、トマト水煮缶1缶、たまねぎ8分の1、おろしにんにく1かけ、オリーブオイル大さじ1、塩小さじ2分の1、バジル小さじ1、オレガノ小さじ1分の1、パルメザンチーズ適量です。
まずは、鍋にオリーブオイル、にんにく、たまねぎを入れて、きつね色になるまで炒め、そこにトマト缶、塩、バジル、オレガノを加えて、弱火で20分ほどに込みます。
その間にスパゲッティを茹でて、トマトソースが最初の3分の2くらいの量になったら、ゆであがったパスタと和えて出来上がりです。

オレガノのカロリー

オレガノには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
オレガノは、乾燥させた状態で、100gあたり306カロリーあると言われています。
こう聞くと、かなりの高カロリー食材だと思う方もいるのですが、オレガノは、乾燥させた状態だと、非常に軽くなりますし、袋入りで販売されているパックは、3gほどでも、一般家庭で数ヶ月使い続けられると言えるでしょう。
その為、オレガノをふりかける程度なら、オレガノのカロリーは、とても低いですし、むしろ整腸効果があるため、便秘解消など、体をキレイにしてくれる効果が高いと言われています。
ちなみに、オレガノは、イタリア料理によく使われているので、食事だけ見るとカロリーが高めに感じる方も多いようです。

オレガノがわかる!その魅力とは

オレガノの魅力とはなんでしょうか。
オレガノの魅力は、香りや味がとても優しいため、幅広いレシピに応用が出来る事だと言われています。
オレガノは、乾燥させた状態で販売されている事が多いのですが、そのままの状態では、あまり香りもしません。
しかし、料理にオレガノを少し加えるだけで、オレガノの香りと風味が加わり、特にトマト料理には相性が良く、おいしいと言われています。
また、オレガノは、昔から神経性の頭痛、生理痛、リウマチ痛などを和らげる効果があると言われており、消化促進や整腸効果もある為、体に優しいのも、オレガノの大きな魅力だと言えるでしょう。

オレガノの保存方法

オレガノは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
市販のオレガノは、葉っぱと茎を乾燥させて細かくした状態で販売されています。
オレガノは、袋に入って販売されている事もあり、出来るだけ湿気が入らないように、ジップロックに入れたり、密閉容器に移した方が、長持ちすると言えるでしょう。
乾燥している分、賞味期限に関しても、そこまで神経質になる必要がありませんし、湿気が入って、オレガノが少し固まってしまった場合でも、手でほぐせば、すぐに元に戻ります。
ちなみに、オレガノは、常温で保存するのが基本ですが、冷蔵庫に入れても風味などは変わらないので、好みによって保存場所を選ぶと良いでしょう。

オレガノの種類

オレガノには、どんな種類があるのでしょうか。
まず、食用のオレガノとして、一番多く市場に出回っているのが、イタリアンオレガノという種類です。
オレガノの見た目は、ミントにも似ていますが、香りが大きく異なり、オレガノは、生の葉っぱの状態だとあまり香りが強くありません。
イタリアンオレガノは、特に、トマト料理やパスタ、ピザなどに幅広く使われていると言えるでしょう。
また、オレガノの仲間には、マジョラムという種類もあり、こちらは見た目が皿にミントに似ているのですが、イタリアンオレガノに比べると、風味が弱いと言われています。
しかし、こちらも、イタリア料理には良く使われる品種だと言えるでしょう。

オレガノの有名産地

オレガノの産地と言えば、どこなのでしょうか。
オレガノは、元々、地中海沿岸が原産のハーブだと言われています。
その為、ギリシャやイタリア、トルコでは、昔から、薬用のハーブとして使われており、イタリア料理には、オレガノが欠かせないと言えるでしょう。
そして、その後、スペイン、フランスから南米にも、オレガノは渡り、現在では、全世界で幅広く使われているハーブだと言われています。
オレガノの産地自体も、ギリシャ、フランス、イタリアが多いのですが、食用として使われる事の多いイタリアンオレガノは、自家栽培も可能なので、オレガノが好きな方は、自分で育ててみるのもオススメです。

オレガノの価格の目安

オレガノの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
オレガノの価格は、2.5gほどが袋に入って75円、3gほどが瓶入りになって150円ほどだといわれています。
オレガノは、乾燥させてある物が販売されており、量は多くても、重さはほとんどないと言えるでしょう。
オレガノは、トマトの料理にとても相性が良いハーブとして知られており、トマトスープやトマトベースに少しだけ入れても、風味が良くなると言われています。
ちなみに、オレガノは、一般のスーパーでも販売されているので、辛くない、風味をつける為のスパイスとして、1度試してみると良いでしょう。

オレガノの栄養と効能

オレガノには、どんな効能があるのでしょうか。
オレガノは、昔から地中海沿岸で使われていたハーブで、食用とする事で、色々な健康への効果があると言われています。
まず、オレガノの香りは、神経性の頭痛や生理痛などの鎮痛効果があると言われており、オレガノを食べる事で、消化促進、整腸効果があるため、胃腸が荒れている時にオススメのハーブです。
また、オレガノには、殺菌効果があるため、オレガノを使って調理をする事で、肉や魚の食中毒を防ぐという効果もあると言われています。
ちなみに、オレガノはハーブティーとして飲むと、喉の痛みを和らげる効果もあるのでオススメです。

オレガノのおいしい見分け方

オレガノのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
残念ながら、市販のオレガノは、すでに葉っぱや茎を乾燥させた状態で販売されているので、見た目でおいしさを見極めるのは、難しいと言われています。
また、オレガノは、香り付けや風味付けに使われる事が多く、オレガノ自体に強い味がついているわけではないので、香りなどでも、おいしさを判断する事は出来ないようです。
ただ、一般的に、オレガノというと、色々な種類があるオレガノのうちの、イタリアンオレガノを指していますから、もし、自分でオレガノを栽培してみる時には、一番食用として使いやすい、イタリアンオレガノを選ぶのが良いでしょう。