キャノーラ油がわかる!その魅力とは

キャノーラ油の魅力とは何でしょうか。
キャノーラ油の魅力は、サラダ油よりも価格が安いことが多く、クセがない為、ちょっとした炒め物から揚げ物まで、幅広い料理に使える事だと言われています。
一般には、キャノーラ油と、サラダ油の違いが分らないという方も居るのですが、キャノーラ油とサラダ油は、どちらも食用植物油で、キャノーラ油の場合は、キャノーラ種を原料としたサラダ油というだけで、それらの違いはありません。
しかし、スーパーなどでは、キャノーラ油の方が、若干サラダ油よりも安い場合が多いので、その点でも、使い勝手が良いでしょう。
また、クセが少ないキャノーラ油だからこそ、沢山買っても、使いやすいと言われています。

キャノーラ油の保存方法

キャノーラ油にも、保存方法のポイントがあるのでしょうか。
油というと、使いやすさを重視する為に、コンロなどの近くに置いてしまいがちですが、キャノーラ油を含む油類は、日の光に当たったり、熱があるような場所に保存すると傷みやすいという傾向があります。
その為、キャノーラ油を保存する場合には、火の光が当たらない戸棚にしまった方が、いい状態で油を保存出来ると言えるでしょう。
そして、揚げ物用の油としてキャノーラ油を繰り返し使う場合には、油に揚げカスなどが残らないよう、油をこしてから入れ物などで保存した方が、油がいい状態で保存出来ると言われています。

キャノーラ油の種類

キャノーラ油にも種類があるのでしょうか。
基本的に、キャノーラ油は、食用植物性油の一種で、数ある菜種油のうちのキャノーラ種という品種から作られている油です。
日本国内では、サラダ油とキャノーラ油が分けて販売されている事が多いのですが、これは、使われている植物性油の種類が違うだけで、キャノーラ油自体も、サラダ油の一種だと言えるでしょう。
もちろん、キャノーラ油は、その他に配合されている成分(オレイン酸など)によって、同じ種類でも価格が大きく異なりますし、値段が高めのキャノーラ油の方が、健康効果は高いと言われている為、自分の予算、油の摂取量なども考えて、キャノーラ油を選ぶと良いでしょう。

キャノーラ油の有名産地

キャノーラ油の産地は、どこが有名なのでしょうか。
キャノーラ油の産地としては、カナダが有名だと言われています。
そもそも、キャノーラ油は、キャノーラ種という植物から採れる食用植物性油の一種なのですが、カナダやアメリカでは、遺伝子組み換えされたキャノーラ種が大量に栽培されており、価格面も安い事から、日本国内に大量に輸入されているのです。
ただ、日本国内では、また遺伝子組み換え食品に対して抵抗がありますから、キャノーラ油のボトルには「原料・キャノーラ(遺伝子組み換えでない)」と表示されている事も多いようです。
もちろん、国内でもキャノーラ油は作られていますが、生産量はとても少ないと言われています。

キャノーラ油の価格目安

油の値段は、毎年上昇傾向にありますが、食卓には欠かせないキャノーラ油の価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
これは、キャノーラ油を購入する場所や、地域によって異なりますが、一般的なキャノーラ油の価格は、1リットルあたり、700円~750円です。
ただ、キャノーラ油は、小分けになるほど割高になる傾向があるため、500mlサイズのキャノーラ油だと、500円ほどするのが普通だと言われています。
もちろん、激安スーパーのセールなどでは、さらに安い値段で販売されている事もあるのですが、全国的な平均では、このくらいの値段が妥当だと言えるでしょう。

キャノーラ油の栄養と効能

キャノーラ油には、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
キャノーラ油は、その名の通り「油」なので、栄養素のほとんどは脂質ですが、最近では、油分を分解しやすくする成分である、オレイン酸やリノール酸を多く配合したキャノーラ油が人気を集めています。
オレイン酸やリノール酸は、油が身体に入った時に、油の分解を助けるため、同じ量の油を摂っていても、身体に油が溜まりにくいように働いてくれるという効果があるのです。
もちろん、適量を使う分には、キャノーラ油も健康的な食材のひとつで、油を使う事で、食事の腹持ちを良くする効果があり、リラックス効果もあると言われています。

キャノーラ油のおいしい見分け方

キャノーラ油にも、おいしさを見分ける方法はあるのでしょうか。
キャノーラ油は、キャノーラ種を原料に作られた油の事で、キャノーラ油というだけでは、ほとんど違いがないと言われています。
基本的に、キャノーラ油はクセや臭いが弱いため、焼き物や揚げ物にも使いやすいですし、その点では、キャノーラ油そのもののおいしさを感じる事は少ないかもしれません。
ただ、キャノーラ油の種類によっては、油の分解を助けるオレイン酸やリノール酸などが豊富に配合されているため、味そのものよりも、健康への効果を重視する方も多く、それが、キャノーラ油の値段の違いにも関係していると言われています。