クリタケの食べ方

クリタケには、毒がないのでしょうか。
クリタケは、日本でも、食用として知られている貴重なキノコの種類です。
現在の所、クリタケは、天然でしか収穫出来ないキノコなので、収穫時期も10月に限られており、他のキノコ類に比べると価格も若干高めだと言えるでしょう。
ただ、クリタケと見た目が似ているキノコであるニガクリタケには、猛毒が含まれており、アマチュアのキノコ狩りで、間違って収穫してしまう事もあるので注意が必要です。
このニガクリタケは、クリタケだけでなく、なめこやナラタケにも形が似ており、クリタケを販売する業者が間違って販売する事は、ほとんどありませんが、自分でキノコ狩りをする時には、気をつけた方が良いでしょう。

クリタケの栽培

クリタケは、栽培する事も出来るのでしょうか。
クリタケは、原木栽培で育てる事も出来ると言われていますが、これはとても難しく、市販されているクリタケのほとんどは、天然物だと言われています。
クリタケは、ナラの枯れ木に生息する事が多く、ミズナラの枯れ木には、特にクリタケが群生している事もあると言えるでしょう。
しかし、クリタケの栽培として可能なのが、原木栽培で、クリタケの菌を原木に打ち込むのですが、湿度や温度などの管理が非常に難しく、大きなクリタケを作るのには向いていないと言えるでしょう。
ちなみに、クリタケは原木栽培しても、成長のスピードが、他のキノコに比べてとても遅く、商売にするのは難しいと言われています。

クリタケの簡単な定番レシピ

クリタケは、どんな風に調理するのが定番なのでしょうか。
クリタケは、クセがなく、風味の良いダシが出るため、汁物や天ぷらに使うと、香りを楽しめると言われています。
新鮮なクリタケは、ふんわりとキノコの香りがするので、風味を楽しむと言う面でも、お吸い物やお味噌汁の具材にしたり、天ぷらにするのがおいしいのです。
また、ご飯と一緒に炊き込んでも、クリタケの香りがお米の一粒一粒に染み渡って風味がつくと言えるでしょう。
ちなみに、クリタケは、すこし食べごろを過ぎると、茎が堅くなってしまうのですが、その時には、茎を佃煮にすると、おいしく食べられると言われています。

クリタケのカロリー

クリタケには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
クリタケには、100gあたり、18カロリーほどが含まれていると言われています。
クリタケを含むキノコ類は、カロリーもそこまで高くないので、ダイエット中の方にもオススメで、豊富な食物繊維を摂取出来るという面もあるでしょう。
ただ、クリタケは、1品で食べるよりは、お肉や他の野菜と合わせて食べた方が、お互いに栄養分の吸収を助けるという効果がある為、オススメです。
クリタケは、バターソテーにして食べられる事も多いのですが、カロリーが気になる方は、鍋物の具材としてクリタケを使っても、他の野菜やお肉を沢山摂取出来るので、メニュー次第で、様々なバリエーションを楽しめると言えるでしょう。

クリタケの保存方法

クリタケは、どんな風に保存した方が良いのでしょうか。
クリタケは、基本的に天然の物なので、日持ちはしないと言われています。
購入した場合にも、出来るだけその日の内に調理してしまった方が良いと言われているため、ソテーや、鍋物の具材など、量を使えるレシピを試してみるのも良いでしょう。
しかし、クリタケは、時間が経つと、カサが開いて、茎が堅くなってしまうのですが、その場合でも、茎の部分を佃煮に加工すれば、おいしく食べられるので、使い道はあると言われています。
クリタケの香りや、風味を楽しむなら、新鮮なうちに調理するのが良いでしょう。

クリタケの種類

クリタケには、他にも種類があるのでしょうか。
クリタケは、同じ種類のクリタケでも、生息場所によって、形などが異なります。
クリタケは、見た目が栗に似ている事から名付けられたのですが、多くの場合は、枯れたナラの木などに生息しています。
ミズナラの木などにも密集して生息しているため、キノコ狩りの時には、枯れ木探しから始めた方が、キノコを見つけられる可能性も上がるでしょう。
また、地面から生えてくるクリタケは、カサも平べったく大きいという特徴があります。
ただ、クリタケに見た目が似ている猛毒のニガクリタケは、サイズも小さめですし、見た目もクリタケより黄色っぽい色をしているので、間違わないように注意しましょう。

クリタケの有名産地

クリタケの産地と言えば、どこでしょうか。
クリタケの国内の産地は、岩手県が有名です。
このクリタケは、10月中しか、収穫する事が出来ないキノコで、期間限定でネットなどでも販売されていますが、受付開始からすぐに売り切れてしまう場合も多いと言えるでしょう。
一般の八百屋さんでは、クリタケが販売される事が少なく、販売されていても、とても価格が高いと言う事が多いので、あまり口に出来る機会がないと言われています。
ちなみに、クリタケは、中国でも収穫されますが、生ものは悪くなりやすいため、乾物にしてから輸出される事の方が多いと言えるでしょう。

クリタケの価格目安

クリタケの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
クリタケは、収穫量自体が少ないため、価格も100g500円ほどと高めに設定されています。
もちろん、この価格は、天然のクリタケの価格なので、栽培クリタケになると、少し価格が安くなりますが、クリタケ自体が貴重なキノコなので、あまり購入出来るチャンスも多くないと言えるでしょう。
そして、クリタケが収穫出来る時期も、10月のみで、期間が限られている事も、クリタケの価格を上げている要因だと言われています。
ちなみに、クリタケはお味噌汁や、鍋物、ソテーにして食べるとおいしいキノコだと言えるでしょう。

クリタケの栄養と効能

クリタケには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
クリタケは、食物繊維や、葉酸などが豊富に含まれていると言われています。
このクリタケを沢山食べる事で、腸内環境が正常化されるため、便秘解消に役立つといえるでしょう。
そして、クリタケには、血液を作り出す葉酸も含まれている為、生理中や妊娠中の女性にもオススメの食材です。
ただ、クリタケは、他のキノコと比べて、特別に栄養分が多いわけではないので、それよりも香りや味を楽しむ為のキノコだと言えるでしょう。
ちなみに、天然のクリタケの収穫時期は10月のみで、その時期のクリタケは、栄養素も高いと言われています。

クリタケのおいしい見分け方

クリタケは、どんな風に見分けたら良いのでしょうか。
クリタケは、名前の通り、栗の実によく似ているため、山栗と間違えると言われる事がありますが、クリタケはその他にも、ニガクリタケというキノコにとても似ています。
しかも、このニガクリタケというのは、猛毒を持っているキノコなので、キノコ狩りの時に、間違えて収穫してしまわないように注意した方がいいでしょう。
2つを見分けるポイントは、クリタケの方が、カサも茎も太めで、茎も茶色っぽいと言われています。
ニガクリタケは、カサと茎が黄色っぽく、食べた時の苦みもあるので、いくつかのポイントを総合して判断した方が良いでしょう。

クリタケがわかる!その魅力とは

クリタケの魅力とはなんでしょうか。
クリタケの魅力は、香りが良く、様々な料理に応用出来る事だと言われています。
まず、クリタケは、栗のような見た目で、キノコ狩りでもよく収穫されているキノコですし、香りが良いため、食べやすいと言えるでしょう。
そして、クリタケの調理法は、お味噌汁の具材にしても良いですし、軽く湯がいて、大根おろしを添えた和え物にするのもオススメです。
さらに、クリタケは、時間が経つと、カサが開いて茎が堅くなるのですが、この茎は、佃煮にすれば、おいしく食べられるため、使い道が沢山あるのも、クリタケの大きな魅力だと言えるでしょう。