クロアワビタケの食べ方

クロアワビタケを食べる時には、下準備などが必要なのでしょうか。
基本的に、クロアワビタケは下準備をしなくても、簡単に調理出来るキノコだと言われています。
クロアワビタケは、生の状態で販売されていますし、軽く水で洗って、包丁を使わなくても、簡単に手で食べやすい大きさに咲く事も出来ます。
調理方法は、他のキノコと同様に、ソテーや炒め物、蒸し物にするのが美味しいと言われていますが、クロアワビタケはサイズが大きめなので、あまり鍋物には向かないと言えるでしょう。
クロアワビタケは、キノコの肉厚なので形が崩れにくく、焼き物の方があっていると言われています。

クロアワビタケの栽培

クロアワビタケは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
残念ながら、クロアワビタケは、キノコ類の中でも栽培が難しいため、家庭菜園などで育てようとするのは、難しいと言われています。
クロアワビタケは、亜熱帯性のキノコなので、国内でもクロアワビタケを栽培しているのは、沖縄が中心で、様々な地域で栽培自体は始まっていますが、他のキノコと比べると、特に栽培が難しく、沢山の量を収穫するのが難しいと言えるでしょう。
クロアワビタケは、ネットなどを使えば、100g500円ほどで購入出来るので、まず一度味を試してみるのはオススメですが、クロアワビタケの栽培は研究の分野に入るほど、プロでも困難だと言われています。

クロアワビタケの簡単な定番レシピ

クロアワビタケは、どんなレシピで食べるとおいしいのでしょうか。
クロアワビタケは、お肉と合わせた方が、栄養分の吸収が良くなるので、ベーコンと一緒に炒め物にするのがオススメです。
クロアワビタケを軽く洗って、食べやすい大きさに切り、青菜も一口大に切ります。
ベーコンをごま油で炒めてから、青菜の茎、クロアワビタケ、青菜の葉の順でフライパンに入れて、鶏ガラスープの素、オイスターソース、塩こしょうなどで味付けすると、簡単にベーコンとクロアワビタケの炒め物が出来ます。
他にも、バターと一緒にソテーする方法などがあり、ホイル焼きにしてみるのもオススメです。

クロアワビタケのカロリー

クロアワビタケには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
クロアワビタケは、100gあたり19カロリーが含まれています。
クロアワビタケは、水分の多いキノコですから、カロリー自体もそこまで高くありませんし、沢山食べても、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。
また、クロアワビタケには、豊富な食物繊維が含まれているため、沢山食べる事で、老廃物を体外に出してくれる効果も高い為、ダイエットにもオススメです。
ただ、クロアワビタケは、一品で食べるよりも、お肉や他の野菜と合わせた方が、栄養バランスが良くなり、体が吸収出来る栄養分も多くなると言えるでしょう。

クロアワビタケの保存方法

クロアワビタケは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
パックなどに入って販売されているクロアワビタケですが、購入後は冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
しかし、クロアワビタケは、鮮度が落ちると、どんどん傘が開いて、表面もカサカサになってきますから、購入した当日か翌日には使いきるのがベストだと言われています。
そして、クロアワビタケを調理する時も、あまりゴシゴシ水で洗うと、傷んでしまう事が多いので、水をためたボールに漬けたり、さっと洗い流す程度で十分だと言えるでしょう。
ちなみに、クロアワビタケは、物にあたると変色しやすいので、他の野菜の下に置いて保存するのは避けた方が良いそうです。

クロアワビタケの種類

クロアワビタケとは、アワビタケと何がちがうのでしょうか。
一般には、クロアワビタケとアワビタケが分けられて販売される事も多いのですが、基本的に、これらは同じ物だと言われています。
あえていうなら、クロアワビタケは、成長すると水分量が上がり、アワビタケの場合には、そこまで水分量が上がらないため、少しみずみずしさが違うと言う事でしょう。
クロアワビタケは、日本国内ではクロアワビタケ自体、あまり食べられていないため、クロアワビタケの種類と言うのも知られていませんが、クロアワビタケの本場である中国では、クロアワビタケの種類も、日本国内よりもずっと多いと言われています。

クロアワビタケの有名産地

クロアワビタケの産地では、どこが有名なのでしょうか。
このクロアワビタケは、亜熱帯性のキノコの一種なので、日本国内では、沖縄がクロアワビタケの産地だと言われています。
沖縄で収穫されたクロアワビタケは、傘が大きく、身も厚い為、うま味も強いと言われています。
また、中国からクロアワビタケを輸入する事も多いのですが、他のキノコと違って、生で販売される事の多いクロアワビタケは、鮮度が落ちやすいというデメリットもあると言えるでしょう。
ただ、日本国内で消費されるクロアワビタケは、少なめなので、中国産の方が量は多いのですが、国内産だけでも、そこまで大きな影響がないと言われています。

クロアワビタケの価格目安

クロアワビタケの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、クロアワビタケのサイズによっても異なりますが、クロアワビタケの価格は、100gあたり500円だと言われています。
もちろん、50gで250円で販売されている事もありますが、クロアワビタケは、生の状態で販売されている為、沢山買っても、すぐに傷んでしまうと言えるでしょう。
クロアワビタケは、まだ、そこまでポピュラーなキノコの種類ではない為、大きなスーパーや、ネットで購入する方も多いと言われています。
栄養素は高く、身が大きい分、ボリュームもあるので、一度試してみると良いでしょう。

クロアワビタケの栄養と効能

クロアワビタケには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
クロアワビタケは、ビタミンB1、B2、D、鉄分、カリウム、食物繊維などを豊富に含んでいます。
クロアワビタケは、豚肉や牛肉と合わせて調理すると、お肉に含まれる栄養素を体に吸収しやすくするという効果があるので、お肉と一緒にソテーにするのがオススメです。
そして、他のキノコと同じように、食物繊維を含んでいますから、便秘気味の方は、クロアワビタケを含む、沢山のキノコを食べた方が良いと言われています。
ちなみに、クロアワビタケに含まれるカリウムは、動脈硬化や高血圧を抑える効果があるそうです。

クロアワビタケのおいしい見分け方

クロアワビタケは、どんな風においしさを見分けたら良いのでしょうか。
クロアワビタケを店頭で見かけた場合には、まずクロアワビタケの傘が開ききっておらず、厚みがあるものを選びましょう。
クロアワビタケの傘は、時間が経つと、どんどん開いてきますから、完全に開ききっていない物の方が、鮮度が良いと言われています。
そして、下のヒダも、変色などがなく、綺麗な線を描いている物を選ぶと、失敗しないでしょう。
ただ、クロアワビタケの傘は、上に向かって開いているのですが、開き過ぎて、上向きに反り返っている物は、出来るだけ購入を控えた方が良いと言われています。

クロアワビタケがわかる!その魅力とは

クロアワビタケの魅力とはなんでしょうか。
クロアワビタケの魅力は、低カロリーなのに、栄養素のバランスが良く、肉厚なので、調理しても煮崩れしにくい事だと言われています。
まず、クロアワビタケには、豊富な食物繊維、ミネラル、ビタミン群が含まれています。
特に、お肉や、他の野菜との相性が良く、他の食材と合わせる事で、栄養分の吸収率を上げてくれるというメリットもあるそうです。
さらに、クロアワビタケは、一本一本の身が大きいため、ソテーにしても、形が崩れにくく、肉厚なのが魅力だと言われています。
キノコ類の中では、あまり知られていないクロアワビタケには、本当にたくさんの魅力がつまっているのです。