クロカワの食べ方

クロカワは、下準備が必要なのでしょうか。
クロカワは、生の状態で販売されている事が多いので、下準備は、ほとんど必要ありません。
キノコ類は、調理する前に、水でジャブジャブと洗った方が良い種類もあるのですが、クロカワの場合には、水で洗いすぎるとうま味が流れてしまうため、濡らしたキッチンペーパーで表面を拭く程度で十分でしょう。
また、下茹でをする方もいますが、下茹でをすると、クロカワに含まれるビタミンCなどが流れ出てしまうので、基本的に調理前に下茹でをする必要はないと言われています。
クロカワのおいしさを引き出す為には、しっかりとクロカワの扱いを知る事が大切なのです。

クロカワの栽培

クロカワは、栽培出来るキノコなのでしょうか。
一般的に、クロカワは、アカマツやシラビソなどの針葉樹林内の地上に生えるキノコなので、人工的に栽培するのは難しいと言われています。
松茸のシーズンが終わった後の少しの間しか取れませんから、その点でも、貴重なキノコだと言えるでしょう。
昔は、沢山の地域で収穫されていたクロカワも、最近では、ほとんど無くなってしまったと言われており、岩手県など、一部の地域で栽培、ネットを通して販売などを行っている業者があるのみだと言われています。
また、同じクロカワでも、地域によって、味わいが異なるため、おいしいクロカワを購入するのも、難しいと言えるでしょう。

クロカワの簡単な定番レシピ

クロカワは、どんな風に調理すればいいのでしょうか。
クロカワは、おかずよりも、おつまみ向けのキノコなので、調理法も簡単だと言われています。
例えば、クロカワを食べやすい大きさに切って、ホイルに入れ、グリルで5分ほど焼き、醤油をかければ、即席クロカワのホイル焼きが出来ますし、クロカワを軽く茹でてから、酢みそで和えるのもおいしいと言えるでしょう。
ただ、クロカワは、お湯に通すと、栄養分が出て行ってしまうため、出来れば、ホイル焼きや網焼きのように、栄養分を流さない調理方法がオススメです。
ちなみに、クロカワは、肉厚な所もポイントなので、切る時も少し厚めに切るようにした方が、おいしいと言われています。

クロカワのカロリー

クロカワには、どのくらいのカロリーが含まれているのでしょうか。
クロカワは、100gあたり20カロリーほどが含まれています。
しかし、クロカワを含むキノコ類は、栄養素が豊富な事でも知られており、ビタミン群は、疲労回復や、スタミナアップに効果があると言えるでしょう。
特に、お肉と一緒に合わせて食べる事で、さらに体への栄養吸収率があがるという効果があるので、その点でも、いくつかの食材と合わせるのがオススメです。
また、クロカワには、インスリンという血糖値を下げる栄養分も含まれている為、糖尿病予防にも効果的ですし、毎日食べる事は出来なくても、ヘルシーな食材だと言えるでしょう。

クロカワの保存方法

クロカワは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
クロカワは、生の状態で秋口に販売されるキノコです。
ネット通販を通して販売される事も多いので、手元に届いたら、冷蔵庫で保存するのが良いでしょう。
しかし、冷やしすぎるとうま味も減ってしまいますし、日にちも持たないので、購入から3日以内には、食べきった方が良いと言われています。
クロカワは、苦みが強いキノコの一種なので、網焼きにして醤油を垂らすだけでも、お酒のおつまみになりますし、苦みを活かした調理法がいくつも紹介されているので、チェックしてみると良いでしょう。
ちなみに、クロカワはぶつけると、その部分が変色して悪くなりやすいので注意が必要です。

クロカワの種類

クロカワには、様々な種類があるのでしょうか。
クロカワは、イボタケ科クロカワ属のキノコで、「クロハチ」や「クロハツ」と呼ばれる事もありますが、これらは全て同じ種類のキノコです。
クロカワの特徴は、直径5センチ~20センチと大きさに差があり、特に味に苦みが強い事でも知られています。
また、松茸の時期が終わってから、クロカワのシーズンが始まるため、秋の味覚としても、一部で人気を集めていると言えるでしょう。
ただ、クロカワは、収穫量が少ない為、価格は比較的高く、100g1000円ほどする為、あまり気軽に購入出来るキノコの種類ではないと言われています。

クロカワの有名産地

クロカワの産地は、どこが有名なのでしょうか。
クロカワは、収穫量自体少ないのですが、国内産では、岩手県のクロカワが多いと言われています。
クロカワは、松茸のシーズンが終わってから出てくる種類のキノコで、独特の苦みが強くある事で知られていますが、国内での収穫量は非常に少なく、一般にも流通していないキノコだと言えるでしょう。
ただ、クロカワは、需要もそこまで高くないキノコなので、海外からの輸入量も比較的少ないですし、沢山摂れないキノコだからこそ、価格が高く、需要も安定していると言われています。
ネット販売なども多いので、機会があれば、味見してみるのが良いでしょう。

クロカワの価格目安

クロカワの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
クロカワは、貴重なキノコなので、100g1000円ほどで取引されています。
一般のスーパーで、クロカワを目にする事は、滅多にありませんが、タイミングが良ければ、ネット通販でクロカワを販売しているお店を見つける事が出来るでしょう。
ただ、クロカワは、毎年の収穫量が少ない分、かなり高級なキノコという扱いになる為、販売先によっては、さらに値段も上がると言われています。
ちなみに、クロカワは、苦みの強いキノコなので、初めて食べる方にとっては、少し食べにくいタイプの食材だと言えるでしょう。

クロカワの栄養と効能

クロカワには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
クロカワは、キノコの仲間なので、豊富な食物繊維、ビタミン、ミネラルを含んでいます。
ご存知の通り、食物繊維は、便秘解消に効果的で、腸の具合が悪い方も、沢山食物繊維をとる事で、体調が回復すると言われています。
そして、クロカワは、ビタミンも多く含んでいるため、他の野菜やお肉と一緒に食べる事で、それぞれの栄養の吸収率を上げてくるというメリットもあると言えるでしょう。
ちなみに、クロカワは、独特の苦みがあるキノコなので、万人受けする物ではありませんが、苦みがクセになり、毎年欠かさずにクロカワを購入するファンの方も居るそうです。

クロカワのおいしい見分け方

クロカワのおいしさは、どこで見分ける事が出来るのでしょうか。
まず、クロカワは、大きなものになると直径20センチほどまでになる黒いキノコです。
おいしいクロカワは、身がつまっているため、見た目にも、身がむっちりしているのが分かります。
そして、傘全体に傷が無いことも重要で、何かにぶつけたり、傷になったりすると、その部分が赤紫色になるので、注意しましょう。
また、柄の部分が太い物も、栄養が行き渡っている証拠なので、おいしさを見分けるポイントとしては、重要です。
ちなみに、クロカワは、一般のスーパーなどに販売されておらず、ネット通販などが主になるので、信頼出来るお店で購入する事も大切だと言われています。

クロカワがわかる!その魅力とは

クロカワの魅力とはなんでしょうか。
クロカワの魅力は、独特の苦みだと言われています。
クロカワは、キノコの中でも、かなり苦みが強い種類で、網で直火焼きにする事で、おつまみにも出来るそうです。
特に、おいしいクロカワを販売しているお店では、クロカワの苦みだけでなく、うまみも感じられるのが大きな魅力だと言えるでしょう。
もちろん、クロカワは、収穫量が非常に少ないため、価格も高く、一般には流通していないのですが、一度ハマってしまうと、そのおいしさに魅了されると言われています。
中には、「クロカワは、松茸よりおいしい」という方までいるので、機会があれば、一度購入していみるのがオススメです。