コールラビの食べ方

コールラビというと、あまり一般的ではない野菜なので、食べ方を知らない方が多いと言われています。
コールラビは、キャベツの変種なのですが、見た目も味もカブに似ている為、漬け物、スープ、炒め物、煮物など、様々な料理に応用が利くそうです。
もちろん、コールラビは、生でそのままかじるような野菜ではないので、薄くスライスして浅漬けにしたり、サラダに加えてもおいしいと言えるでしょう。
ちなみに、コールラビは、家庭菜園などで育てる事も可能で、市販のもののように、サイズがとても大きくなる事は少ないのですが、自分で育てている分、採れたての味を楽しめるのが、魅力だと言われています。

コールラビの栽培

コールラビは、どんな風に栽培すれば良いのでしょうか。
コールラビの種まきは、春まきの場合、3月上旬~4月の中旬で、夏まきは、6月の上旬~中旬、秋まきの場合には、9月の上旬~下旬に行います。
コールラビは、冷涼な気温の方が成長が良く、生育適温も20度前後と言われており、特に乾燥に弱い野菜なので、水をたっぷりあげる事が大切です。
また、コールラビを高温期に植える時には深植えをしない、乾燥する時期には、敷きわらを敷いてあげるのも大切です。
ちなみに、コールラビは、肥料をあげた方が大きく育つので、肥料を日常的にあげる事も重要だと言われています。

コールラビの簡単な定番レシピ

コールラビには、どんなレシピがあるのでしょうか。
コールラビは、カブと似ている野菜なので、調理法もカブに似ています。
簡単なレシピなら、コールラビを使ったスープがオススメで、コールラビ1個、ウィンナー2本、マッシュルーム5個、茹でインゲン5本、コンソメ2個が材料です。
コールラビは、皮をむいてから食べやすい大きさに切って、ウィンナーも切り込みを入れておきます。
マッシュルームはスライスして、インゲンは、軽く茹でてから、食べやすい大きさに切り、鍋に600ccの水と野菜を入れて加熱します。
コールラビが浮き始めたら火を止めて、コンソメを入れたら出来上がりです。

コールラビのカロリー

コールラビのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
コールラビには、100gあたり21カロリーほどが含まれています。
コールラビは、ひとつひとつの実が大きいため、ひとつだけでも、けっこうな重みになります。
しかし、コールラビは水分量が多く、カロリー数は野菜の中でも、平均的な数字なので、その点では、ダイエット中の方にも、オススメの野菜だと言えるでしょう。
コールラビには、美肌に有効なビタミンCや、疲労回復効果のあるβカロテンなども含まれていますから、その点では、栄養バランスも良い野菜だと言われています。
ちなみに、コールラビは、お肉と合わせて食べると、さらに栄養の吸収率が上がると言われています。

コールラビがわかる!その魅力とは

コールラビには、どんな魅力があるのでしょうか。
コールラビの魅力は、栄養素が豊富で、希少価値の高いレアな野菜だと言う事です。
まず、コールラビは、キャベツ科の野菜のひとつで、見た目はカブに近いと言われています。
このコールラビには、カリウムや、ビタミンC、βカロテンなどが豊富に含まれている為、疲労回復や動脈硬化、心筋梗塞の防止、美肌効果なども高いと言えるでしょう。
また、コールラビは、あまり市場に出回っていない野菜なので、価格も若干高くなりますが、ヨーロッパの料理では、使われる事も多いので、ひと味違ったレシピに挑戦するのには、オススメの野菜だと言われています。

コールラビの保存方法

コールラビは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
コールラビは、葉っぱつきで販売されている事もあるキャベツ科の野菜ですが、鮮度を高くキープする為には、まず、葉っぱの部分を切り落としてしまいましょう。
葉っぱを付けたままだと、保存している間に、コールラビの水分が葉っぱに吸い取られてしまいますから、購入したら、すぐに切り落とすのが正解なのです。
そして、コールラビは、新聞紙に包んで冷蔵庫に入れておくと、周りの乾燥や、冷たすぎる冷気からコールラビを守る事が出来るのでオススメです。
ちなみに、コールラビは、漬け物に加工してから保存するのも良いと言われています。

コールラビの種類

コールラビには、どんな種類があるのでしょうか。
コールラビは、アブラナ科の植物で、一般的には、キャベツの変種として知られています。
しかし、コールラビの見た目は、キャベルよりもカブに近いため、調理法も、漬け物にしたり、スープに入れたりする事が多いようです。
また、このコールラビにも、色がクリーム色の物と、紫色の物などがあり、味わい自体はそこまで違いませんが、色合いによって、使われる料理にも違いがあると言えるでしょう。
ちなみに、コールラビの栄養分は、キャベツの種類の中でも、若干少ないため、栄養分よりも、水分量が多い野菜だと言われています。

コールラビの有名産地

コールラビの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
コールラビは、日本国内であまり食べられていない野菜なので、生産量自体が少ないのですが、その中でも、神奈川県や長野県での生産量が多いと言われています。
元々、コールラビという名前はドイツ語で、アジアよりもヨーロッパの方が、コールラビの消費量も多いと言えるでしょう。
コールラビの調理法も、カブと良く似ており、ピクルスやサラダにするだけでなく、炒め物や煮物として調理される事が多いと言われています。
ちなみに、コールラビには、水溶性の高いビタミンCが多く含まれているので、スープなど、流れ出た栄養分も食べられる調理法がオススメです。

コールラビの価格目安

コールラビの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
コールラビの価格は、100gあたり200円ほどだと言われています。
しかし、コールラビは、あまり一般に出回っていないため、価格面でも普通の野菜よりかは効果だと言えるでしょう。
そして、コールラビは、ひとつだけでも、200g以上と重みのある野菜なので、ネット上でも、1キロ単位で販売されている事もあり、一般向けの販売の方が少ないと言われています。
ちなみに、コールラビ栽培用の種は、一袋420円ほどとお手頃で、希少価値の高い野菜なので、家庭菜園をしている方には、オススメだと言えるでしょう。

コールラビの栄養と効能

コールラビには、どんな栄養分が含まれるのでしょうか。
コールラビは、キャベツの変種なので、栄養分のバランスもキャベツに近いと言われています。
このコールラビには、カリウム、ビタミンCなどが豊富に含まれています。
カリウムは、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などを予防するのに役立つと言われており、体に溜まった塩分を外に出してくれるため、むくみ防止にも役立つと言えるでしょう。
そして、コールラビに含まれるビタミンCは、美肌に役立つ栄養分として知られており、さらに、βカロテンなども含んでいる為、老化防止や疲労回復の効能もあると言われています。

コールラビのおいしい見分け方

コールラビは、どこでおいしさを見分けたらいいのでしょうか。
コールラビは、見た目がカブに似ているのですが、実際には、キャベツの一種として知られている野菜です。
コールラビには、皮の色が紫のものと、白のものの2種類があり、色合いが鮮やかな物を選ぶのが良いでしょう。
特に、皮に傷がついていないかどうかは、とても大切で、全体の形も丸みが綺麗な物を選んだ方が良いそうです。
そして、新鮮なコールラビは、葉っぱもみずみずしいため、鮮度のチェックは葉っぱで見分けると良いでしょう。
ちなみに、白いタイプのコールラビは、緑色も強い事が多いのですが、こういう種類なので、問題ありません。