ゴーヤの食べ方

ゴーヤには、ゴーヤチャンプルー以外の食べ方があるのでしょうか。
ゴーヤは、苦みが特徴的なので、あまり創作料理には使われないのですが、ワタを取ってスライス、塩を入れたお湯で少しだけ湯がけば、苦みも弱くなるため使いやすくなると言われています。
ご家庭によっても異なりますが、ゴーヤが好きな方は、湯通しをしてから、生野菜と一緒にサラダにして食べる方も居ますし、冷しゃぶの野菜の付け合わせとして使う場合もあるようです。
また、おつまみとして食べるなら、ゴーヤをスライスして、脂でざっとあげ、塩味を付ければ、ゴーヤチップスとしても食べられるので、オススメです。

ゴーヤの栽培

ゴーヤも、プランターで栽培出来るのをご存知でしょうか。
ゴーヤは、苗で販売されている事が多く、苗を植え付ける時期としては、5月下旬から6月頃が良いと言われています。
種からゴーヤを育てる場合には、4月の下旬くらいから種まきをしておくのが良いと言われており、種を幕前に、種を一晩、水に付けておくとは継がしやすくなるそうです。
発芽温度は25度~28度と高めなので、気候も暖かくなってきてから栽培を始めるのが良いでしょう。
ちなみに、プランターは30cm程度の深さが必要で、実の収穫時期は、開花後、2週間から3週間ほどだと言われています。

ゴーヤの簡単な定番レシピ

ゴーヤの定番レシピと言えば、「ゴーヤチャンプルー」です。
ゴーヤチャンプルーは、沖縄料理のひとつで、ゴーヤ独特の美が身を活かした炒め物料理として知られています。
家族4人前のゴーヤチャンプルーの材料は、ゴーヤ1本、木綿豆腐1兆、モヤシ一袋、豚肉100g、卵2個、その他、にんじん、椎茸を入れても美味しいと言われています。
ゴーヤは、薄切りにして、少しお湯で湯がき、フライパンで少し焼き目を付けておいた豆腐と豚肉と傷めます。
その子に、モヤシを加え、火が通ったら、塩こしょうをして、溶き卵を加えて出来上がりです。
ちなみに、かき混ぜる時は、お豆腐が崩れないように注意しましょう。

ゴーヤのカロリー

健康食材と知られているゴーヤは、低カロリー食材としても知られています。
ゴーヤは、100g当たり、18カロリーと、野菜の中でも非常にカロリーが低く、独特の苦み成分がダイエットにも有効だと言えるでしょう。
ゴーヤの料理方法として知られているゴーヤチャンプルーは、卵の量を減らせば、沢山の野菜を一緒に食べる事が出来ますし、ゴーヤの種類によっては、苦みが少ない物もあり、お子様にも、沢山食べてもらえるそうです。
ちなみに、ゴーヤには、ビタミンCや葉酸が含まれるため、美白になりたい方、妊娠している方に、特にオススメの食材だと言われています。

ゴーヤの保存方法について

ゴーヤの鮮度を守る為には、購入後に自宅でする保存方法が重要になります。
まず、ゴーヤを購入したら、中の白いワタと種を取り除きます。
ゴーヤは冷蔵庫で保存しても、ワタや種から腐り始めてしまう事が多いので、ワタと種は購入後すぐに取り除いてしまいましょう。
ワタと種を取り除いたゴーヤは、ラップで空気が入らないように包み込んで、冷蔵庫で保存します。
ゴーヤは乾燥に弱い為、ここで中に空気が入ってしまうと、ゴーヤが早く傷んでしまいます。
ちなみに冷凍庫に入れると、解凍した時にシナシナになってしまうので、必ず冷蔵庫で保存しましょう。
この保存方法さえ守れば、冷蔵庫で1週間ほど保存する事が可能です。

ゴーヤの種類について

ゴーヤって、緑色で、皮がブツブツしていて、とても苦い野菜だと思っていませんか。
もちろん、一般に流通しているゴーヤは、そのような特徴が多いのですが、ゴーヤの種類によって、皮の質、色、味わいはかなり異なります。
まず、沖縄で一番知られているのが、「あばしゴーヤ」という種類のゴーヤで、緑色が強く、胴体部分が太いのが特徴です。
苦みは比較的少なく、食べやすいのが特徴です。
しかし、中には、真っ白な皮の色をした「純白苦瓜」という種類もあります。
普通のゴーヤに比べると、この純白苦瓜の苦みはかなり強く、一般にもあまり流通していないそうです。
ベトナムや、オーストラリアなど海外産のゴーヤも最近では、輸入されているので、味の違いを試してみるのも良いでしょう。

ゴーヤの有名産地について

ゴーヤの産地と言えば、ご存知の通り、日本の南国「沖縄県」です。
ゴーヤというのは「若い瓜」という意味の沖縄の方言で、「沖縄におけるゴーヤの歴史はすでに600年を超えている!」と言うのだから驚きです。
国内で流通しているゴーヤのほとんどは、この沖縄産のゴーヤで、オーストラリアや、アメリカなどでもゴーヤの栽培が行われていますが、まだ輸入野菜としてはポピュラーではないようです。
ゴーヤの特徴というと、独特の強い苦みですが、沖縄で食べられているゴーヤの中には苦みが弱いゴーヤも沢山有ります。
本土で食べるゴーヤと、暑い気候の沖縄で食べるゴーヤは、味の感じ方も違うかもしれません。

ゴーヤの価格の目安

ゴーヤっていくらが、一般の価格目安だと思いますか。
ゴーヤの価格目安は、ゴーヤ1本130円~150円ほどです。
国内で販売されているゴーヤのほとんどが、沖縄から直送したものなので、海外から輸入していない分、値段が安くなる事はあまりありません。
国内でゴーヤを栽培出来る地域もかなり限られているため、ゴーヤが、沖縄以外の地方に広がり始めたのも、ここ10年ほどの事なのです。
そんなゴーヤは、1本と言っても、かなりボリュームがありますから、1本買えばゴーヤチャンプルー5人前くらい作っても、まだあまりが出るほどの大きい野菜です。
ゴーヤは、栄養もたっぷり含まれているので、1本150円と言っても、そこまで高くないと言っていいでしょう。

ゴーヤの栄養と効能

ゴーヤには、豊富な栄養成分が含まれている事で知られていますが、実際には、どんな栄養成分が含まれているのかをご存知でしょうか。
ゴーヤには、なんと他の野菜に比べて、多くのビタミンCが含まれています。
ビタミンCは疲労畏服するだけでなく、美肌を保つ栄養成分としても知られていますよね。
特に、毎日強い日差しを浴びている沖縄の人達が、日常的にゴーヤを摂取するのにも、そういう理由があるのかもしれません。
さらに、ゴーヤの苦み成分には食欲増進だけでなく、血糖値を下げる硬貨のあるモモルデシンという成分が含まれています。
最初は、ゴーヤ独特の苦みに慣れないかもしれませんが、食べているうちにあなたもゴーヤの虜になってしまうかもしれません。

ゴーヤのおいしい見分け方

おいしいゴーヤの見分け方をご存知でしょうか。
おいしいゴーヤは、正面の異母が密集していて、皮の色合いにもツヤがあるのが特徴です。
さらに、新鮮で苦みが少ないゴーヤほど濃い緑色をしています。
ゴーヤは調理する前に水でさらす事で、苦みを少なくする事が出来ますが、やはり新鮮なものをそのまま使うのが、一番である事に変わりはありません。
もちろんゴーヤに含まれる水分が多いほどおいしいので、持った時に重みのあるものを選びましょう。
見た目は大きくても重みの無いゴーヤは、調理した時にパサパサしやすく、苦みも強い上、栄養分もおいしいゴーヤに比べて少ない為、注意して見分けましょう。

ゴーヤがわかる!その魅力とは

「ゴーヤの魅力って何ですか」と訊かれたら、あなたはなんと答えられますか。
ゴーヤの魅力は、ゴーヤの一番の特徴である「苦み」だと思います。
ゴーヤを初めて食べると、その苦みで舌がイガイガするのですが、数回食べてみると、不思議な事に、この苦みがむしろクセになってしまうのです。
さらにゴーヤの苦みには、血糖値を下げるのに効果的なモモルデシンという栄養成分が含まれています。
つまりあの苦みこそ、ゴーヤの一番の魅力と言えるのです。
さらに、ゴーヤは調理方法が簡単なので、「ゴーヤチャンプルーを自宅で作るようになってから、子供でもゴーヤを好んで食べるようになった」という事もよくあるようです。