サクランボの保存方法

サクランボは、どんな風に保存したら良いのでしょうか。
サクランボは、乾燥に弱く、収穫から時間が経つと風味も落ちてしまうので、収穫から3日ほどまでが一番おいしいと言われています。
スーパーなどでサクランボを購入する場合でも、購入日から3日以内には食べた方が良いと言われており、1週間以上経つと、冷蔵保存しても、傷みやすくなると言えるでしょう。
そして、サクランボは、冷やしすぎると、甘みが薄れてしまう事も多いので、長時間冷蔵庫で保存するよりも、食べる前に冷水につけて、冷やすのが良いと言われています。
限られた季節にしか楽しめないサクランボですから、保存方法も重要だと言えるでしょう。

サクランボの食べ方

サクランボというと、そのままでも十分おいしいフルーツなのですが、ひと工夫を加える事で、さらにおいしく食べられると言われています。
まず、サクランボは軸を取ると鮮度が落ちやすいので、軸を付けたまま保存しましょう。
サクランボは、冷やしすぎると甘みが感じられなくなるので、食べる時には常温にするのが良く、ヘタを取らないまま水で洗って、粗塩をかけたり、塩水で洗うと良いそうです。
塩をかけるのは、サクランボの甘みを引き出す為だと言えるでしょう。
また、サクランボの軸を取った状態で、氷を作るお皿に入れると、見た目も可愛いサクランボの氷が出来るのでオススメです。

サクランボの種類

サクランボには、どんな種類があるのでしょうか。
サクランボの代表的な種類と言えば「佐藤錦(さとうにしき)」です。
佐藤錦は、サクランボの中でも果汁が多く、甘みが強いだけでなく、1粒が大きいのが魅力で、高級品になると1粒280円ほどになると言われています。
そして、スーパーでも良く見かけるのが、アメリカンチェリーという種類で、甘みが強く、価格が手頃だと言えるでしょう。
そして、サクランボの中には、月山錦(がっさんにしき)といって、果皮が黄色く甘みが強いサクランボもあり、一般にはあまり知られていないのですが、その珍しい見た目から、贈り物として購入される事が多いそうです。

サクランボの有名産地

サクランボの有名な産地はどこでしょうか。
国産のサクランボの産地と言えば、山形県が有名です。
山形県では、国内産サクランボの約93%を生産しており、甘みや大きさなど、サクランボの質も高いと言えるでしょう。
また、残りの7%は、北海道で収穫されています。
一般には、北海道でサクランボを作っている印象がないかもしれませんが、国内産のサクランボは、山形県か北海道のものに分かれる場合が多いと言えるでしょう。
そして、最近では、佐藤錦のサクランボのシェアが全体の65%程になっていると言われています。
ちなみに、海外からのサクランボの輸入先としては、アメリカが99%だと言えるでしょう。

サクランボの栽培

サクランボは、自宅でも栽培できるのでしょうか。
サクランボは果樹栽培の中でも、特に難しいフルーツの種類ですが、品種によっては一般家庭での栽培も可能です。
サクランボは、地植えでないと育てられないと考えている方も居るのですが、実際には、鉢植えでも育てる事が出来ますし、最短で3年ほど栽培すれば、サクランボの実も取れるようになると言えるでしょう。
特に、アメリカンチェリーの栽培は、国産のサクランボの品種よりも育ちやすいため、手入れも簡単だと言えるでしょう。
ちなみに、枝の剪定や誘引などをする事で、サクランボの落下を防止できると言われています。

サクランボの簡単な定番レシピ

サクランボを加工するなら、サクランボ酒がオススメです。
材料は、傷の少ないサクランボ1キロ、氷砂糖200g、ホワイトリカー1.8リットル、4リットルの貯蔵ビン1個、レモン2個です。
下準備として、まずは貯蔵ビンをキレイに洗い、逆さにして乾かします。
サクランボは洗って水気を切り、ヘタを取っておきましょう。
その後、サクランボと氷砂糖を交互に貯蔵ビンに入れていきますが、サクランボが傷付かないように丁寧に扱い、酸味を出す為にレモン2個の皮をむき、実だけ輪切りにして加えます。
そこにホワイトリカーを注いで密閉し、火の当たらない所で2ヶ月保存し、サクランボを取り除いてから、さらに3ヶ月熟成すれば出来上がりです。

サクランボがわかる!その魅力とは

サクランボの魅力とは何でしょうか。
サクランボの魅力は、独特の甘酸っぱさと、見た目の可愛らしさだけでなく、栄養分も豊富に含んでいる事だと言われています。
まず、サクランボといえば、ただ甘いだけでなく、酸味があるため、食べた時にさっぱりとしますし、フルーツポンチなどに入れても、色合いも良くなると言えるでしょう。
また、サクランボはバラ科の植物の仲間なので、食べ過ぎるとお腹を壊す事もあるのですが、少し食べるだけでも、咳を鎮めたり、便秘解消などの効果もあると言われています。
さらに、サクランボには、抗酸化作用や、動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があると言えるでしょう。

サクランボの価格目安

サクランボの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、サクランボの品種によっても異なります。
代表的なサクランボの品種としてあげられるのが、「佐藤錦」という品種で、大粒でツヤが良く、糖度の高いものになると、1粒280円ほどになる事もあると言えるでしょう。
ただ、一般のスーパーでは、サクランボ100gあたり、250円~300円ほどが価格の目安だと言われており、パック売りのサクランボの場合には、200gほどから販売されていると言われています。
ちなみに、サクランボ狩りの料金は、大人が2000円~3000円ほどだと言えるでしょう。

サクランボの栄養と効能

サクランボには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
サクランボには、カリウム、葉酸、アントシアニンなどが含まれています。
カリウムには、動脈硬化予防、高血圧予防の効果があり、葉酸は貧血予防に効果がありますが、栄養素の面で言うと、国内産のサクランボよりも、輸入品のサクランボの方が、栄養素は高いそうです。
また、アントシアニンは、ブルーベリーにも含まれているポリフェノールの一種で、眼精疲労を回復する効果があると言えるでしょう。
ただ、サクランボは、バラの仲間の植物と言う事もあり、食べ過ぎると毒性が強くお腹を壊してしまう事がありますが、その分、便秘の方にはオススメだと言われています。

サクランボのカロリー

サクランボには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
サクランボには、100gあたり60カロリーが含まれています。
サクランボのパックが200gほどから販売されていますから、パックの半分で100gになりますし、あまり大きくないサイズのサクランボであれば、10個分で38カロリーほどになると言えるでしょう。
サクランボには、カリウムや葉酸、ビタミンCなどが含まれているため、体にいいのですが、食べ過ぎるとお腹を壊してしまう事もあるので、注意が必要です。
しかし、便秘気味の方は、逆にサクランボを食べる事によって、お通じが良くなるため、おいしくダイエットをしたいという方にはオススメです。

サクランボのおいしい見分け方

サクランボは、どうやっておいしさを見分けたら良いのでしょうか。
サクランボは、皮にハリとツヤがあり、全体がキレイに色づいているものがおいしいと言われています。
特に、質の良いサクランボは、表面が光ほどのツヤがあると言えるでしょう。
また、サクランボの表面に傷がついていると、実が傷みやすいので、その部分だけ取り除いて、早めに食べきった方がいいそうです。
そして、サクランボの軸が枯れていないかどうかも重要で、軸が枯れているサクランボは、鮮度が低くなっているだけでなく、実が乾燥しておいしさが半減するので、購入前にチェックした方が良いでしょう。