シニガンがわかる!その魅力とは

シニガンの魅力とは何でしょうか。
シニガンの魅力は、その独特の酸味だと言えるでしょう。
シニガンは、元々フィリピンの伝統的なスープ料理で、豚肉と野菜を合わせてあるだけでなく、独特の酸味があるスープとして知られています。
国内では、あまり酸味が強いスープ自体、知られていませんが、シニガンには野菜も沢山入っているので、それだけでご飯も進むそうです。
また、シニガンには、豚肉、エビ、魚などが入っているため、スープ一品だけでも、かなりの栄養分が取れると言われています。
タンパク質、カルシウム、鉄分、亜鉛など、身体に不可欠な栄養素も、シニガンで十分補給出来ると言えるでしょう。

シニガンの保存方法

シニガンは、豚バラ、エビ、赤唐辛子、パティス(魚醤)があれば、自宅でも簡単に作れるフィリピンの代表的なスープです。
輸入食品を扱っているお店なら、フィリピン産のパティスも販売されていますし、このパティスさえあれば、シニガン作りも、本場の味に限りなく近づけるでしょう。
ただ、シニガンには、エビや魚などの魚介類も使われているため、自宅で調理した場合には、出来るだけ早めに食べきる事が大切です。
冬場なら、冷蔵庫で3日ほど保存が可能ですが、特に、夏場の時期はすぐに食品が悪くなってしまいますから、冷蔵保存でも、調理の翌日には全て食べきった方が良いと言われています。

シニガンの種類

シニガンにも、いくつかの種類があるのでしょうか。
シニガンは、フィリピンの伝統的なスープ料理ですが、その種類は3つに分けられます。
1つ目は豚肉を使ったシニガンで、2つ目はエビを使ったシニガン、3つ目は魚を使ったシニガンと、具材によって大きく分けられる事が多いようです。
どんな種類でも、国内ではよく手に入るため、調理する事は簡単ですが、豚肉を使ったシニガンには、油分が多いため、お腹にたまりやすく、エビや魚を使ったシニガンは、コクが深いという特徴があります。
また、シニガンの味付けに使うパティス(魚醤)は、ニョクマムやナンプラーでも代用が効くので、そこでも多少味の違いが出てくるでしょう。

シニガンの有名産地

シニガンの産地とは、どこなのでしょうか。
シニガンは、フィリピンの伝統的なスープ料理だと言われています。
フィリピンでは、豚肉を使ったシニガン、エビを使ったシニガン、魚を使ったシニガンの3種類に分けられる事が多く、特に魚介類がよく取れるフィリピンでは、魚介系のシニガンが人気だと言えるでしょう。
また、シニガンには、赤唐辛子を入れて辛く仕上げるものもありますが、フィリピン料理自体には辛い料理が少ないため、シニガンの場合も、辛味より酸味を重視して調理される事が多いと言われています。
ちなみに、フィリピンに近いインドネシアなどでも、シニガンに似たスープがよく飲まれています。

シニガンの価格目安

シニガンの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
シニガンは、どこで食べるかによっても異なりますが、国内のフィリピン料理店や、アジア料理店などで、食べる場合には、1人前700円~800円ほどが一般的な価格になっているそうです。
シニガンは、フィリピンでよく食べられている酸味が強いスープで、最近では、国内でも人気を集めていますが、フィリピン国内でシニガンを食べると、1人前200円ほどで食べられると言われています。
ちなみに、国内でシニガンを食べる場合には、アジアンレストランよりも、フィリピン料理店の方が、本場の味に近いシニガンを味わえると言えるでしょう。

シニガンの栄養と効能

シニガンには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
シニガンは、フィリピンの伝統的なスープ料理ですが、野菜だけでなく、豚肉、エビ、魚などが使われている分、含まれている栄養は多いと言われています。
まず、シニガンに含まれる豚肉には、体調を整える効果のあるビタミンB、皮膚や髪の毛を作るのに欠かせないタンパク質、骨粗しょう症を防ぐカルシウムが含まれています。
そして、エビにはカルシウムだけでなく、亜鉛や鉄分なども豊富に含まれているため、貧血気味の方にも、オススメだと言えるでしょう。
また、シニガンには、唐辛子も含まれており、冬場でも身体の内側から、身体を温める効果があると言われています。

シニガンのおいしい見分け方

おいしいシニガンは、どんな事で見分けたら良いのでしょうか。
これは、どこでシニガンを食べるかによって異なります。
シニガンは、フィリピンの代表的なスープ料理で、最近では、国内でも、その独特の酸味が人気を集めていますが、国内でシニガンを食べる場合には、出来るだけ、フィリピン料理だけを扱っているレストランに行った方が良いそうです。
アジアンレストランでも、シニガンを扱っている事があるのですが、アジアンレストランは日本人がオーナーの場合も多く、シニガンの味も、日本人好みに変えられているため、本場の味を楽しむのは難しいと言われています。
また、新鮮な魚介類を使う為にも、海辺に近いお店がオススメです。