スイカがわかる!その魅力とは

スイカの魅力とは何でしょうか。
スイカの魅力は、食欲が無くなりがちな夏場でも、沢山の水分を取る事が出来る果物であるだけでなく、1つの量が多い分、家族みんなで食べられる果物だと言う事です。
スイカは、夏においしくなる果物の1つですが、甘い果汁のほとんどは水分で出来ています。
夏の間は、気が付かない間に、たくさんの水分を失ってしまいがちですから、スイカでおいしく健康的に、水分を摂取出来るのは、大きな魅力です。
そして、スイカは、スイカ割りなど野外のアクティビティーとしても楽しむ事が出来、家族だけでなく、友人同士のキャンプなどでも、みんなで食べられるのが魅力だと言えるでしょう。

スイカの保存方法

「大きなスイカを買ったは良いけど、冷蔵庫に入らない!」なんて事ありませんか。
スイカは大きくて甘いのが魅力ですが、食材をぎゅうぎゅうに冷蔵庫へ溜め込んでいる主婦としては、困った果物だと言えるでしょう。
しかし、スイカはそのまま冷蔵庫に入れるのではなく、皮を外したり、中身だけくり抜けば、沢山のスペースが無くても、タッパーなどで保存が出来るでしょう。
ただ、スイカは夏がおいしい時期と言う事もあり、出来れば、切ってから3~4日以内に食べ切るのがベストです。
ちなみに、スイカは、沢山の水分を含んでいる分、冷凍すると、解答した時にベチョベチョになってしまい、おいしくないので、冷蔵保存が1番です。

スイカの種類

スイカには、どんな種類があるのでしょうか。
スイカには、大きく分けて、3種類があります。
1つ目が大玉スイカで、重さは3キロ~5キロほどが一般的ですが、ものによっては7キロ~9キロほどになるものがあるようです。
この大玉スイカには、「縞王」「富士光」「甘泉」などが浮く稀手織り、しゃりっとした歯触りの良さが特徴です。
2つ目が小玉スイカで、「紅小玉」「ひとりじめ」などが含まれており、重さも1、5キロ~3キロほどが一般的で、甘みは大玉スイカよりも強いと言われています。
そして、3つ目が黄色スイカで、果皮が緑色で、果肉が黄色いのが特徴的です。
最近では、黄色スイカでも甘い品種が冷えてきているそうです。

スイカの有名産地

スイカの国内産地と言えば、山形県や、北海道などですか、最近では、アメリカや韓国産のスイカも増えてきています。
国内産のスイカは、改良を重ねているだけあって、甘いのが特徴で、特に山形県産のスイカは、シャーベットのようにシャリシャリした食感が特徴だと言われています。
ただ、国内産のスイカでは、熊本県や、千葉県のスイカの方が出荷量が多く、山形県産のスイカは、国内産のスイカの中でもブランドスイカだと言えるでしょう。
ちなみに、韓国産やアメリカ産のスイカは、大玉のものが多く、価格も国内産のスイカに比べると安いため、最近では輸入スイカを販売するスーパーも増えてきています。

スイカの価格目安

夏の果物の代表格と言えばスイカですが、スイカの価格は、いくらぐらいが目安なのでしょうか。
これは、スイカの産地や銘柄、大きさによっても異なりますが、一般的なスーパーで売られているスイカは、5キロほどで、1500円~1800円ほどが、価格の目安になるようです。
もちろん、スイカの中でも、特に実が甘い事で知られている黒スイカの価格は、同じ大きさでも3000円以上しますし、逆に、スイカの産地である北海道で、農家から購入すれば、さらに値段が安いと言えるでしょう。
その為、スイカの価格も、販売の状況や、銘柄によって、大きく異なるのです。

スイカの栄養と効能

スイカには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
スイカの約90%は水分と言われていますから、「栄養満点の果物!」と言うわけではありませんが、水分を失いがちな夏の時機にもおいしく、沢山の水分を取れるのは、スイカの魅力です。
そして、スイカには、ビタミンAやビタミンB、カリウムなどが含まれており、美肌効果や、風邪予防などに効果的だと言われています。
さらに、スイカには、利尿効果を高めるシトルリンという成分が含まれているため、水分を沢山摂取しても、身体をむくみにくくさせる効果があるようです。
ただ、スイカは、冷やして食べるのが一般的で、水分量が多い分、食べ過ぎると下痢になる事もあるので、注意しましょう。

スイカのおいしい見分け方

おいしいスイカは、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
一般的に、大きいスイカよりも、小さめのスイカの方が、栄養が実の全体に行き渡っていておいしいと言われています。
大きくて甘いスイカを作るのは、プロの農家さんでも難しいと言われており、サイズが大きくても、中がスカスカのスイカも、よく販売されているので注意が必要です。
そして、スイカを全体で見た時に、あまりスイカの形がぼこぼこしていないというのも、おいしいスイカを見分けるポイントだと言われています。
スイカを叩いた音で、おいしさを見分けるという方法もありますが、おいしいスイカは見た目にも分かるものなのです。