スギナの食べ方

スギナは、どんな風に食べるのが一般的なのでしょうか。
スギナは、春の胞子茎がツクシで、秋の季節になると、茎の植物として育ち、秋の茎を乾燥させると、健康効果の高いスギナ茶になると言われています。
スギナ茶は、お茶のパックで袋売りされている事がほとんどで、60gほどから購入出来るため、始めての方でも、購入しやすいと言えるでしょう。
味としては苦みが強く、始めて飲むと少し飲みにくさを感じる方も居るそうです。
しかし、スギナ茶には、ミネラルやカルシウムが豊富に含まれており、自律神経を整えたり、ストレスが溜まっている方にも効果があるので、1日1杯から始めてみるのもオススメです。

スギナの栽培

スギナは、自分で栽培出来るのでしょうか。
スギナは、ツクシを胞子茎として育てる植物で、基本的には、自力で群生する事が多いようです。
スギナは、浅い茎を広範囲に巡らせていますから、見つけた場合にそこの部分だけ持ち帰って植え替えると言う事は可能ですが、ダイヘンだと言えるでしょう。
スギナ茶を加工している地域でも、基本的には、天然のスギナを使ってお茶を作っていますから、その点でも、あまり栽培に向いている植物ではないようです。
ちなみに、スギナをお茶にする場合には、秋に生えているスギナの茎を使うため、収穫時期が限られているのを注意した方が良いでしょう。

スギナの簡単な定番レシピ

スギナにも、簡単に出来るレシピがあるのでしょうか。
スギナを食べる場合には、おひたしや和え物にする事が多いようです。
スギナは、茎の植物ですから、収穫後は全体を良く洗って、3分ほど熱湯で茹でます。
スギナには、トゲなどもついていないので、下準備などはほとんど必要なく、調理も簡単な食材だと言えるでしょう。
しかし、スギナが収穫出来る地域は、限られているため、スギナ茶の方が、購入しやすいですし、健康への効果も高いと言われています。
特に、スギナの独特の苦みは、調理して食べるよりも、スギナ茶として飲んだ方がクセが少ないため、飲みやすいと言えるでしょう。

スギナのカロリー

スギナのカロリーはどの位あるのでしょうか。
スギナのカロリーは、100gあたり、25カロリーほどです。
しかし、これは生の状態のスギナのカロリーで、乾燥させた場合にはカロリーも、もっと高くなると言えるでしょう。
ただ、スギナは、あまり生の状態で食べられる事は無く、多くの場合は、お茶として煎じて飲まれています。
その為、茶葉自体のカロリーは高くても、実際にお茶として抽出されるカロリーは、少なめになると言えるでしょう。
ちなみに、スギナは、茹でておひたしにする事も出来ますが、その場合でも、カロリーは低めになる為、ダイエット中の方でも安心して食べられると言われています。

スギナがわかる!その魅力とは

スギナの魅力とはなんでしょうか。
スギナの魅力は、ミネラル分が多く、健康への効果が高い事だと言われています。
スギナは、山菜のひとつですが、鉄やリンなどのミネラル分を沢山含んでいるため、自律神経に不安がある方や、皮膚炎を持っている方、ストレスを感じている方にも、オススメです。
そして、スギナは、そのままの状態ではなく、スギナ茶として販売されている事の方が多く、食材として使わなくていい分、レシピを考えたりする手間がほとんどかからないのも、ひとつの魅力だと言えるでしょう。
また、スギナ茶の場合でも、ノンカフェインなので、眠る前に飲んでもリラックス効果が得られると言われています。

スギナの保存方法

スギナは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず、スギナは、スギナ茶として飲まれる事が多いため、自分でスギナを収穫出来た場合でも、早めに乾燥させてお茶にしてしまった方が良いと言われています。
もちろん、スギナは、茹でてからおひたしにしたり、炒め物にも使えますが、独特の渋みのある山菜なので、人によっては、かなり食べにくく感じる場合もありますから、お茶にするのが無難だと言えるでしょう。
ちなみに、購入したスギナ茶の場合にも、出来るだけ、湿気を避けて、ジップロックなどで保管し、出来るだけ早めに使いきった方が良いと言われています。

スギナの種類

スギナには、どんな種類があるのでしょうか。
スギナというのは、トクサ科の植物で、浅い近く期を伸ばして成長する植物です。
このスギナは、春になると、一般にツクシと呼ばれる胞子茎を出す植物なので、厳密に言えば、スギナとツクシは同じ植物だと言えるでしょう。
そして、スギナは、秋頃になると、ツクシでは無く、緑の茎を成長させる植物で、この秋に育つ茎の部分を乾燥させてお茶にすると、栄養分も豊富に摂取出来ると言われています。
ツクシが山菜の一種なので、スギナ自体も、山菜として調理される事が多いのですが、最近では、生のスギナよりも、お茶に加工されたスギナの方が、販売量が多いと言えるでしょう。

スギナの有名産地

スギナの産地とは、どこなのでしょうか。
スギナの産地は、徳島県が有名です。
徳島県では、天然のスギナの収穫量が非常に多く、加工なども、国内で行っていると言われています。
また、スギナ茶の産地としては、中国もあるのですが、風味や栄養価は、やはり国内産の方が優れていますから、その点では、値が少し貼っても、国内産の方がオススメです。
ちなみに、スギナは、ツクシと同じ植物なので、様々な地域に生えてはいますが、実際に食用やお茶用になると、量も必要ですし、普通の町では、スギナを栽培しない限り、ある程度の量を収穫するのは難しいと言われています。

スギナの価格目安

スギナの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
これは、商品によって異なります。
スギナというのは、山菜のひとつなのですが、苦みが強く、健康への効果が強いため、「スギナ茶」として販売される事が多いようです。
スギナ茶の価格は、60gほどで1600円ほどで、ネットで購入する場合には、別で送料もかかります。
60gというと、1日1回飲んだとして、大体1ヶ月分ですから、日常的に飲む場合には、大きなパックを購入した方がお買い得だと言えるでしょう。
また、山菜というと、生で販売されている事が多いのですが、スギナの場合には、産地が限られており、葉っぱの部分が多いため、あまり生食としての販売は無いと言われています。

スギナの栄養と効能

スギナには、どんな栄養分があるのでしょうか。
スギナには、鉄分やリン、サポニンなどのミネラル分が豊富に含まれています。
その為、自律神経を整えるのに効果があると言われており、気持ちが落ち着かない、ストレスが溜まっている、不眠が続いている方には、特にオススメです。
また、スギナには、豊富なカルシウムが含まれているため、骨の形成を助けたり、骨を強くするのにも効果的だと言えるでしょう。
さらに、スギナには、血糖値や高血圧を抑えてくれるカリウムなども、豊富に含まれている為、1日1杯飲みつづけるだけでも、健康への効果が高いと言われています。

スギナのおいしい見分け方

スギナのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
スギナは、全国的にも一部でしか生息していませんが、スギナを見つけた場合には、いくつかの事をポイントに選ぶのが良いと言われています。
まず、スギナは、大きな物よりも、地上に出たばかりのものの方が、柔らかく香りも良いそうです。
その為、スギナは、少し小さめでもおいしいと言えるでしょう。
また、枝を伸ばしていないものなので、形もタケノコ状のものを摘んだ方が良いと言われています。
ただ、スギナは調理法がありますが、それよりも、むしろ乾燥させてお茶として飲む方が一般的で、飲みやすいので、おいしさを見分けるのは難しい部分も多いと言えるでしょう。