ステーキがわかる!その魅力とは

ステーキの魅力とは何でしょうか。
ステーキの魅力は、やはり、お肉の味をシンプルに楽しめる事だと言われています。
ステーキと言えば、牛肉のヒレ部分を使う事が多く、柔らかく脂の乗ったヒレは、シンプルに焼くだけでも、牛肉の味を存分に楽しむことができます。
そして、ステーキの焼き方は、レア、ミディアム、ウェルダンの3種類に別れていますが、一般的にステーキの焼き方では、半生の柔らかいお肉が味わえるウェルダンが人気です。
さらに、ステーキは味がシンプルな分、牛肉の質が問われるため、神戸牛や、黒部和牛などの高級牛肉ステーキは、かなりの絶品だと言われています。

ステーキの保存方法

スーパーで購入したステーキ肉は、どのように保存するのが良いのでしょうか。
ステーキ肉は、基本的にパックで販売されているため、その日の内に、もしくは次の日に食べきれるようなら、パックを開けない状態で冷蔵保存するのが良いと言われています。
しかし、まだステーキをいつ食べるか決めていない場合や、1ヶ月ほどの長期保存をしたい場合には、購入後、すぐに冷凍保存して、食べる前に自然解凍するのが良いでしょう。
ただ、解答する時にレンジなどを使うと、ステーキが調理されてしまう事もあるので、常温で時間をかけて解答する事で、ステーキ肉の鮮度を保つ事が出来ます。

ステーキの種類

ステーキというと、サーロインステーキを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、ステーキにも使う部位や、調理法によって、沢山の種類があります。
まず、一番ポピュラーなステーキは、サーロインステーキで、肉質が柔らかく、厚切りで味わうのがおいしいと言われています。
そして、ヒレを使ったステーキも、赤身ステーキとして人気で、脂分が少ない分食べやすいのですが、弱火でじっくり焼く事がポイントで、加熱しすぎると堅くなるという性質もあるので、調理が難しいそうです。
さらに、リブロースを使ったステーキも厚みが有り、骨付きTボーンステーキなど、ボリュームのあるステーキとして人気があります。

ステーキの有名産地

ステーキの産地として有名なのは、どこなのでしょうか。
ステーキは料理名なので、産地というのはありませんが、基本的に牛肉がおいしい地域のステーキは有名です。
国産の牛肉で有名なのは、神戸牛や、松阪牛、米沢牛、黒部和牛などで、これらの地域では、新鮮な牛肉を使ったステーキも楽しめると言われています。
地元で食べれば、東京などのステーキ専門店で食べるよりも、若干お安くなりますし、旅行ついでに現地の味を楽しむのもオススメです。
ただ、和牛は輸入ギュニクに比べると、値段が高いため、一般家庭では、オーストラリア産や、アメリカ産の牛肉が、多く食べられているようです。

ステーキの価格目安

ステーキの価格は、どれくらいが目安になるのでしょうか。
これは、レストランやホテルで食べるステーキか、自宅で調理するステーキ用のお肉の値段かによっても異なります。
まず、ステーキハウスや、ステーキ専門店で食べられるステーキの価格は、お手頃なもので3000円ほど、かなり上質の牛肉を扱う専門店では3万円以上すると言われています。
もちろん、ステーキの専門店では、ステーキの部位や、大きさも選ぶ事が出来るので、それによっても値段は異なります。
そして、スーパーなどで販売されているステーキ用のヒレ肉の値段は、分厚い1枚のお肉に対して、1500円~2500円ほどだと言われています。

ステーキの栄養と効能

ステーキには、豊富なタンパク質が含まれています。
タンパク質は、骨や、皮膚、髪の毛、血液、筋肉などを作る上で欠かせない栄養成分です。
タンパク質を含むステーキを摂取する事で、虚弱体質の改善や、滋養強壮に効果がある上、貧血予防にも効果が期待出来ると言われています。
そして、ステーキを調理する時に、にんにくを使う事がよくあるのですが、このにんにくは食欲を増進させるだけでなく、消化を助ける効果があり、食べてからすぐにパワーが湧いてくるとも言われています。
ちなみに、ステーキにあわせて、人参やブロッコリーなどを食べると、タンパク質などの栄養分をバランスよく吸収出来るそうです。

ステーキのおいしい見分け方

おいしいステーキは、どうやって見分けたら良いのでしょうか。
神戸牛や、黒部和牛などの高級牛肉は、保証付きでおいしい分、普段口にする事もありませんが、安くておいしいステーキ肉は、どうやって選ぶのが良いかご存知でしょうか。
ステーキは、鮮度が重要で、スーパーなどでステーキ肉を購入する時には、まだお肉が赤いものを選ぶのが良いと言われています。
特に、お肉が1枚ずつパックに入っているものは、2枚、3枚入りのものに比べると、お肉が劣化しにくく、「1枚目のお肉を取ったら、下のお肉が茶色になっていた」という事もありません。
そして、ステーキは少し大振りのものの方が、噛み応えがあって、おいしいと言われています。