ズッキーニの食べ方

ズッキーニを初めて調理する場合には、種を食べるのか、皮をむくのかなど、分からない事が多いと言われています。
基本的に、ズッキーニを調理する場合には、ズッキーニの頭とお尻の部分を切り落とす必要がありますが、種も食べられますし、皮も調理すれば、堅くは感じません。
ズッキーニは、食感がナスに似ている為、油分の少ないナスだと思えば、沢山の料理に応用が利くでしょう。
ズッキーニを使ったグラタンや、トマト煮、バター炒め、ナポリタンなど、イタリア料理には、特に相性が良いと言われています。
生の状態では堅いズッキーニですが、火を通せば、かなり柔らかくなるのも、大きな魅力だと言えるでしょう。

ズッキーニの栽培

ズッキーニは、自宅でも栽培出来るのでしょうか。
ズッキーニは、自宅でも簡単に栽培する事が出来る野菜のひとつです。
まず、ズッキーニの種まきは、4月~5月の中旬で、直径12センチのポットがあれば、栽培が可能で、直播きよりも、育苗してから育てると、失敗もしづらくなると言われています。
ズッキーニは、根が浅い野菜なので、土の乾燥には十分注意して、たっぷりと水をあげる必要があります。
また、双葉が開いた事には、育成の良いものを1つだけ残して、あとは間引きしてしまえば良いでしょう。
収穫は、ズッキーニが20cm~25cmほどに育った時で、収穫時期は、長いと2ヶ月ほど続くと言われています。

ズッキーニの簡単な定番レシピ

ズッキーニはどんな風に調理するのが良いのでしょうか。
ズッキーニは、食感がナスに似ている、カボチャの仲間の野菜です。
海外から入ってきた野菜と言う事もあり、あまりズッキーニの調理法を知らない方も多いのですが、コツを知っていれば、様々な料理に応用出来ると言えるでしょう。
例えば、ズッキーニ、トマト、ナス、ピーマン、たまねぎを炒めて、コンソメで煮込んだラタトゥイユは人気が高いと言われています。
また、種をくり抜いて、フライパンで炒めたベーコンや、ズッキーニの種を炒め、ズッキーニの器に入れた後、上にチーズを乗せて、オーブンで数分焼くズッキーニのチーズ焼きも、簡単で人気があるメニューだと言えるでしょう。

ズッキーニのカロリー

ズッキーニのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
ズッキーニは、そこまでカロリーの高い野菜ではありません。
このズッキーニに含まれるカロリーは、100gあたり14カロリーで、大体ズッキーニ1本で、28カロリーほどが含まれています。
ズッキーニは、カボチャの仲間で、食感は茄子に似ている事もあり、焼き物料理と特に相性が良いと言われています。
カリウムや、ビタミンCも多く含まれているため、高血糖、高血圧の方、美肌になりたい方は、ズッキーニを沢山摂取するのがオススメです。
イタリア料理などには、とても応用が利く野菜だと言えるでしょう。

ズッキーニがわかる!その魅力とは

ズッキーニの魅力って何でしょう。
ズッキーニには、種が無く、ほのかに甘みがある為食べやすいのが特徴です。
さらに、油とも相性がいいため、炒め物にしたり、ラタトイユなどの煮込み料理に使っても美味しく頂けます。
他の野菜と一緒にスープに入れて、ごはんを加えれば、カンタン洋風雑炊などにもなるので料理の幅も広がりますよね。
様々な料理法が可能なので、ズッキーニを食べ慣れて無い人でも、抵抗無く摂取する事が出来ます。
ちなみに、ズッキーニには、血圧を下げる効果があるカロテンが大量に含まれている為、油物を一緒に食べると油を分解して、血管の負担を減らせる効果があるようです。
家庭菜園でもカンタンに栽培出来るズッキーニの人気は、年々上がってきています。

ズッキーニの保存方法について

見た目はキュウリの仲間でも、実はカボチャの一種であるズッキーニ。
そんなズッキーニを大量にゲットしてしまった場合は、どんな風に消費、保存したら良いのでしょう。
幸運な事にズッキーニは、コンソメスープ、炒め物、グラタン、煮込み料理など、様々な料理の具材として応用が利きます。
沢山の野菜と煮込むラタトゥイユもフランス料理では有名ですが、そこまで手がこんだ料理でなくても、家庭料理のポイントとしてズッキーニを加えると良いでしょう。
それでも、ズッキーニが余ってしまった場合は、冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。
しかし、日にちが経過すると、ズッキーニの中がスカスカになってしまう事もあるので、要注意です。

ズッキーニの種類について

ズッキーニの種類って、実は沢山有るんです。
一番ポピュラーなズッキーニが、ダイナーという濃い緑のズッキーニで、スーパーなどで販売されているズッキーニのほとんどがこのダイナーです。
油との相性がいいため、煮物や揚げ物にも使い勝手が良いのが特徴です。
さらに、黄色いズッキーニであるオーラムは、ダイナーの姉妹品種で、こちらも生産量が多いズッキーニとしてよく知られています。
ズッキーニの種類はそれだけでなく、ゴールドラッシュ、ゴールドトスカ、グリーントスカ、ブラックトスカ、ボロネーゼ、オーロラ、モスグリーンなどなど数えきれないほどです。
その為、家庭菜園でズッキーニを育てる人が「今は3種類のズッキーニを育ててます!」と言う事もよくあるのです。

ズッキーニの有名産地について

最近は、自宅でズッキーニを栽培する家庭が増えてきているようです。
そんなズッキーニの国内一大産地は、あの東国原知事で知られる「宮崎県」。
南国フルーツの生産にも、近年かなり力を入れている宮崎県ですが、宮崎マンゴーにも負けない生産率を誇るのがズッキーニなのです。
宮崎県の年間を通して温暖な気候が、ズッキーニの栽培にはとても合っているようで、宮崎県産のズッキーニは緑色が濃く、食感が良い事で、評判がいいのです。
最近では、ズッキーニが一般家庭でも広く使われるようになり、ズッキーニの栽培も全国で行われるようになりましたが、宮崎県では、収穫されたズッキーニだけでなく、ズッキーニの種や苗なども販売されているそうです。

ズッキーニの価格の目安

フランス料理ラタトゥイユには、欠かせないズッキーニ。
ズッキーニは、スープに入れても、炒め物にしても美味しく頂けるマルチ食材ですが、一般的なズッキーニの価格っていくらぐらいなのでしょう。
普通のスーパーでズッキーニを購入すると、1kgで500円ほどが、価格の目安です。
ズッキーニ自体が大きめの野菜ですから、サイズによっては、ズッキーニ4本ほどで1kgになってしまうかもしれません。
こう考えると、ズッキーニは決してお安い野菜とは言えませんから、自宅菜園でズッキーニを栽培している主婦の方もかなり多いのだとか。
ズッキーニの栽培は、初心者でも簡単なので、小さなスペースで自家製ズッキーニを育ててみるのも良いかもしれません。

ズッキーニの栄養と効能

ズッキーニには、大量のカロチンが含まれています。
カロチンの効能は、身体の免疫力を上げてくれるため、粘膜の保護や風邪予防に効果的です。
特に寒い冬の時期には、暖かいラタトゥイユなどを食べて身体を温めつつ、免疫力を上げる事ができるなんて一石二鳥。
さらに、ズッキーニは油と相性がいいと言われますが、これは味だけの話しではなく、油と一緒に調理する事で、ズッキーニに含まれるカロチンを増やす事が出来る為なのです。
さらに、ズッキーニには、血液循環をよくするビタミンBも豊富に含まれている為、身体に溜まったムダな脂肪や水分を、外に排泄させる効果があるため、ズッキーニでばっちり毒抜きして、美肌を目指す事も可能なのだそうです。

ズッキーニのおいしい見分け方

おいしいズッキーニの見分け方には、いくつかポイントが有ります。
まず、皮全体にツヤがあり、先端の切り口が新しいものを選びましょう。
切り口が新しいと言う事は、収穫されて間もない証拠です。
さらに、ズッキーニを選ぶ時にサイズが大きい方が良いと思っている方がいるのですが、あまり大きいズッキーニは、中が空洞になっている事が多いため、小さくても太さか均一でバランスの良いものを選びましょう。
他にも、部分的に変色が有ったり、皮にシワが寄り始めているなどの症状があるズッキーニは、傷んでいるので、購入を控えましょう。
ちなみに、良いズッキーニを選んでも、日にちを置くと身がスカスカになってしまう事があるので、早めに消費しましょう。