セージの食べ方

セージには、どんな食べ方があるのでしょうか。
セージは、ピリッとした香りが特徴的なハーブのひとつなので、臭い消しの為に、お肉料理に使われる事が多いと言われています。
セージの調理法で一番有名なのが、ソーセージですが、自宅でソーセージを作る事は難しいですから、シチューやカレーなど、お肉を使う煮込み料理などに応用してみると良いでしょう。
また、乾燥させたセージは、お湯で抽出してハーブティーにする事も出来ますし、この方法だと、喉の痛みにも良く効くので、風邪を引いた時には、特にオススメです。
ちなみに、セージの葉っぱは、入浴剤として使う事も出来るそうです。

セージの栽培

セージは、どんな風に栽培したら良いのでしょうか。
まず、セージは、4月上旬~下旬、9月中旬~10月の中旬頃に種まきを行います。
水やりは、土の表面が乾いた時にたっぷりと与える事が必要で、特に夏の間は、土が乾きやすいので、水をこまめにあげる事が大切です。
また、肥料も株を育てる上で大切なので、4月に種まきをする場合には、4月の芽がでてから6月の花が咲き終わる頃まで月1回ほど、肥料をあげる必要があるでしょう。
ちなみに、セージは、ダニなどの害虫に噛まれやすいので、水やり、日当り、肥料、風通しなどに気を使って、丈夫な株に育つようにする必要があります。

セージの簡単な定番レシピ

セージを使った簡単なレシピはあるのでしょうか。
セージは、昔からソーセージに使われてきた香辛料ですが、自宅でソーセージを作るのは難しいですから、セージのピリッとした味を活かしたポテトサラダはいかがでしょうか。
材料は2人分で、ジャガイモ2個、バター大さじ2、生のセージ1束、塩こしょうです。
まず、ジャガイモの皮をむいて、700wの電子レンジで5分ほど火を通します。
セージは、よく洗ってから刻んで、ポテトにバタを加えてつぶし、混ぜ合わせます。
最後に塩こしょうを加えて味を整えたら、早くて簡単なセージのポテトサラダの出来上がりです。

セージのカロリー

セージには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
乾燥させたセージには、100gあたり384カロリーが含まれています。
セージは、乾燥させてから、ハーブティーとして使ったり、パウダー状にして、料理に使う事が多いのですが、乾燥したセージ100gというと、かなりの量になります。
実際に料理に使うのは、1gあるかないか、という位ですから、あまりセージのカロリーに関しては、気にする必要がないと言えるでしょう。
ちなみに、セージは、お肉の臭い消しとして使われる事がほとんどなので、セージを使ったソーセージなどのカロリーは、比較的高めだと言われています。

セージがわかる!その魅力とは

セージの魅力とはなんでしょうか。
セージの魅力は、種類によって、観賞用、食用、お香用など、様々な使い方が出来る事だと言われています。
セージは、別名でサルビアと呼ばれるハーブの一種で、花の色はピンク、ブルー、レッド、ホワイト、パープル、イエローなど、本当に鮮やかで、観賞用の植物として人気があります。
また、セージの品種によっては、食用にする事も出来る為、香り付けのハーブとして使われる事も多いのが、セージの魅力だと言えるでしょう。
さらに、セージは、お香のように焚く事で、パワーストーンなどの浄化にも使う事が出来ますから、その点でも、使い道が多いのが、大きな魅力だと言われています。

セージの保存方法

セージは、どんな風に保存すれば良いのでしょうか。
まず、生のセージの葉っぱは、密封した状態で、野菜室で保存します。
食用のセージの場合には、料理に少し葉っぱをいれるだけで、お肉などの臭みが消えるので、重宝すると言えるでしょう。
また、セージをある程度の量保存する場合には、セージを洗ってから乾燥させて、水分が完全に飛んでから、瓶詰めなどにするといいそうです。
セージは、フリーズドライ、パウダーなど、形も異なりますから、出来るだけ湿気を避ければ、長期保存にもピッタリだと言われています。
ちなみに、セージの粉を焚くと、パワーストーンの浄化にも有効なので、セージが余っている場合には、使ってみると良いでしょう。

セージの種類

セージとは、どんな種類のハーブなのでしょうか。
セージは、別名でサルビアと呼ばれるハーブの一種で、ソーセージの香辛料として良く使われています。
香りは、少しぴりっとしていて、お肉の臭い消しにも効果的だと言えるでしょう。
ただ、全てのセージが食用に出来るわけではなく、主に、コモンセージという種類のセージで、観賞用のセージは、ピンクやパープル、ブルー、レッド、イエローなど、本当に様々な色合いがあると言われています。
ちなみに、セージのパウダーを焚くと、パワーストーンの浄化にも効果的で、食用のセージである必要はないですが、乾燥させたセージが合っているでしょう。

セージの有名産地

セージの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
セージの原産は、フランスだと言われています。
ハーブの産地として有名な南フランスでは、セージ以外にも、様々な種類のハーブが育てられており、野生のハーブを組み合わせた香辛料も、販売されているそうです。
最近では、セージを国内で栽培・販売している業者の方も多く、自家栽培でセージを育てる一般家庭も多くなってきていると言われています。
日本国内では、食用のセージ以外にも、パワーストーンの浄化に使われるパウダー状のセージも人気があり、観賞用の植物としても、バリエーションが多いため、楽しめると言えるでしょう。

セージの価格目安

セージの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
フリーズドライにしたセージの価格は、1.5gあたり、280円だと言われています。
セージは、加工法によって、価格も異なり、同じ瓶入りのセージでも、パウダータイプは、11gあたり260円と少し安くなると言えるでしょう。
また、最近では、セージを自宅で育てる方も増えて来ている為、ホームセンターでは、セージの種を袋入り200円ほどで販売していると言われています。
ちなみに、セージには、様々な種類があり、観賞用のセージと、食用のセージなど、用途が違う場合もあるので、購入前にしっかりと確認した方が良いでしょう。

セージの栄養と効能

セージを食べると、どんな効能があるのでしょうか。
まず、セージには、タンニンという成分が含まれており、このタンニンに抗菌や止血、鎮痛の効果があると言われています。
また、セージには、抗酸化作用もあるため、老化防止にも効果的で、特に香辛料としてセージを使うのが良いと言えるでしょう。
そして、セージは、入浴剤として使ったり、ハーブティーにする事も出来るので、セージの味が苦手な方でも、セージを試す方法は沢山あると言われています。
ちなみに、セージのハーブティーは、セージを熱湯で抽出するだけで出来、喉の痛みを和らげる効果もあると言えるでしょう。

セージのおいしい見分け方

セージのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
まず、セージと一言で言っても、その種類は様々で、食用に出来る種類には限りがあります。
まず、一般に食用として流通しているのが、「コモンセージ」という種類で、主に、ソーセージなどの肉料理に、肉の臭い消しとして使われています。
そして、観賞用のセージは、花の色が鮮やかで、コモンセージとは、品種が大きく異なるため、食用として栽培するなら、かならずコモンセージを選ぶようにしましょう。
また、おいしいセージは、ピリッとした香りがあるので、パウダーなどにした時の香りも重要だと言われています。