タッカルビがわかる!その魅力とは

タッカルビの魅力とは何でしょうか。
タッカルビの魅力は、料理1品でもボリュームがあり、韓国版の鉄板焼きとして、数人で鉄板を囲んで食べられる事だと言われています。
まだ、国内では、そこまで浸透していないタッカルビですが、本場韓国では、家族や、学生の間で親しまれている庶民的な料理なのだそうです。
そして、タッカルビには、キャベツ、ニラ、長ネギ、ショウガ、さつま芋など、様々な野菜が含まれており、メインに使われるお肉も鶏肉のモモ肉と、ヘルシーな食材と言うのも、人気を集めている秘密だと言われています。
この食材の組み合わせなら、食べる量も気にしなくていい為、特に女性には、魅力のある料理だと言えるでしょう。

タッカルビの保存方法

タッカルビの保存方法には、なにかポイントがあるのでしょうか。
まず、通販などで販売されているタッカルビの場合、空気の入らない真空パックに包まれている事が多いので、基本的には冷蔵保存で問題ありません。
ただ、タッカルビは、韓国版の鉄板焼きといわれる韓国料理ですから、調理後のタッカルビは、冷蔵保存で3日以内に食べきってしまった方が良いでしょう。
タッカルビには、キャベツや、さつま芋、ニラ、ショウガなどが沢山使われており、あまり長期間保存したり、冷凍すると、野菜の鮮度が落ちてしまうのです。
しかし、お肉をタレに漬けてから、タッパーなどで調理前に冷凍保存するのはオススメです。

タッカルビの種類

タッカルビにも、種類があるのでしょうか。
タッカルビは、鶏肉を唐辛子などのタレに漬け込んで、野菜と一緒に鉄板で炒める韓国料理ですが、鶏肉の代わりに豚肉や、牛肉を使う事は、ほとんど無いようです。
ただ、韓国料理と言えば、辛いタレがポイントになるものですから、タッカルビに使うタレも、唐辛子だけでなく、様々な韓国の香辛料を混ぜるのが、韓国流なのだとか。
そして、鶏肉をタレに漬けている時間も、日本人なら20分~30分ほどで十分ですが、本場韓国では、3時間ほどタレに漬け込む為、辛さもかなり強いと言われています。
国内の韓国料理店で、本場のタッカルビの味を試してみるのもオススメです。

タッカルビの有名産地

タッカルビの産地と言えば、韓国です。
韓国では、タッカルビをダッカルビと呼ぶ事もあり、鶏肉を甘辛いタレに漬け込んでから、野菜と一緒に鉄板で炒める、庶民の味として親しまれているそうです。
韓国の中でも春川(チュンチョン)という地域では、タッカルビに欠かせないジャガイモが沢山取れるため、タッカルビで有名な地域としても知られています。
もちろん、タッカルビは、国内の韓国料理屋さんや、韓国の首都・ソウルの韓国料理屋さんでも味わう事が出来、韓国産の地鶏の種類によっても、味にバリエーションがあるそうです。
ちなみに、韓国には、タッカルビの専門店も沢山有ると言われています。

タッカルビの価格目安

タッカルビの価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
これは、タッカルビを食べるお店によっても異なります。
まず、タッカルビは、鶏肉をタレに漬けて、野菜と一緒に炒めた韓国料理で、韓国料理店などでタッカルビを食べた場合には、1人前1000円ほどになると言われています。
もちろん、国内産のタッカルビを通販などで購入した場合には、1人前の値段も300円ほどになり、自宅で作れば、さらに予算も安くなるでしょう。
ただ、タッカルビに必要になるタレには、韓国の香辛料などが沢山必要になるため、まったく韓国料理の調理経験がないと、難しいと言われています。

タッカルビの栄養と効能

タッカルビには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
このタッカルビの材料は、鶏肉のモモ肉、長ネギ、たまねぎ、さつま芋、ニラ、キャベツ、ショウガ、切り餅などで、安く沢山手に入る材料が集まっています。
そして、タッカルビは、調理前に唐辛子などを使ったタレに漬け込み、その後、野菜とあわせて鉄板で焼く料理です。
まず、鶏のモモ肉には、タンパク質が豊富に含まれており、長ネギやたまねぎ、ニラには、血液をサラサラにする効果があると言われています。
さつま芋やキャベツには、お腹の調子を整える食物繊維が含まれている為、タッカルビは、特に女性に魅力の多い料理だと言えるでしょう。

タッカルビのおいしい見分け方

タッカルビにも、おいしい見分けのポイントがあるのでしょうか。
タッカルビは、鶏肉のモモ肉や、沢山の野菜をタレに漬けて、鉄板で炒めた韓国料理で、韓国では庶民の味として、学生などに多く食べられていると言われています。
このタッカルビをお店で食べる場合には、やはり韓国料理屋さんがオススメで、タレのブレンドがしっかりと分かっている分、本場の味を楽しめるという魅力があります。
そして、自宅で自家製タッカルビを作る場合にも、お肉や野菜の鮮度だけでなく、漬けるタレのブレンドにこだわる事で、おいしいタッカルビを作る事が出来ると言われています。