タデの食べ方

タデは、食べられる植物なのでしょうか。
タデは、料理の材料として使われる事が少ないのですが、薬味として使われる事は多く、特に、鮎の塩焼きには、欠かせない食材だと言われてきました。
鮎の塩焼きは、タデで作ったタデ酢を加える事で、味にあきにくくなるだけでなく、殺菌の効果もあるので、お腹を壊しにくくなるというメリットもあるのです。
ただ、タデの中でも、食用とそうでない種類のタデがありますし、市販されているタデは、食べる事が出来ますが、野生のタデは、刺激が強すぎて、腹痛などの原因になる事もあるので注意した方が良いでしょう。
ちなみに、タデは、香りが強いため、お刺身のツマとしても、出される事が多いようです。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの栽培

タデは、自分でも栽培出来るのでしょうか。
タデは、野生の種類と、栽培出来る種類がありますが、最近では、自宅でも育てられるタデの苗などが販売されているので、家庭菜園をしている方にもオススメです。
タデは、そこまで苗が大きくないため、プランターでも栽培出来ますし、好きな時に収穫して食べられるのも、魅力だと言えるでしょう。
また、タデは、日当りが良く、風通しの良い場所であれば、初心者の方でも、簡単に育てる事も出来るので、オススメの植物だと言われています。
ただ、タデの種類によって、食用に適している種類があるので、購入時に間違えないように注意した方が良いでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの簡単な定番レシピ

タデは、どんな風に調理するのが良いのでしょうか。
タデは、基本的に薬味としての役割が大きいので、わざわざ調理する必要はありません。
昔から、タデは、お刺身のツマなどに添えられていた食材ですし、タデ自体を焼いたり煮込んだりする事は無いと言えるでしょう。
ただ、タデの葉っぱをすりつぶして作られるタデ酢は、お酢を使う料理になら使う事が出来ますし、その用途も沢山あると言われています。
特に、タデは、鮎の塩焼きに添えて出される事が多く、タデ酢の酸味が、鮎の塩焼きの味をしめてくれるといえるでしょう。
ちなみに、タデは、一度に沢山使い切れる食材ではないので、自宅で栽培して、使う度に収穫するのもオススメです。

投稿日: カテゴリー タデ

タデのカロリー

タデには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
タデの芽には、100gあたり43カロリーが含まれています。
43カロリーというと、野菜の中でも少し高めなのですが、タデの芽は栄養が集中している分、カロリーも高めだと言えるでしょう。
しかし、タデの葉っぱをすりつぶして作るタデ酢のカロリーは、100gあたり24カロリーほどと、そこまで高くないと言われています。
タデは、βカロテンや、ビタミンCを沢山含んでいる野菜ですから、疲労回復にも効果的ですし、まとめて沢山の量を食べる事がほとんどないので、その点では、そこまでカロリーを気にしなくても良いと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデがわかる!その魅力とは

タデの魅力とはなんでしょうか。
タデの魅力は、見た目が可愛らしく、香辛料や、お刺身のツマとしても使える事だと言われています。
タデというのは、「ヤナギタデ」と呼ばれる植物で、葉っぱが柳に似ており、先っぽに、小さなピンクの花を咲かせます。
このタデは、プランターで育てる事も出来、見た目も可愛いという魅力があるのですが、独特の香りと辛味があるため、昔から、香辛料やお刺身のツマにも使われてきたそうです。
食用のタデも販売されていますが、自分の家の料理に少し添える程度なら、そんなに量も必要ありませんし、普段から自分の家でタデを栽培するのも、オススメだと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの保存方法

タデは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
まず、食用に購入したタデは、新鮮なうちに食べてしまった方が、香りと辛味が強く、おいしいと言われています。
タデの中でも、天然の紅タデは一番辛味が強くおいしいと言われており、栽培の場合だと、青タデと言って、辛味が少ない品種になります。
また、乾燥に弱い植物なので、購入した場合には、冷蔵庫の野菜室で保存し、1週間以内に食べきりましょう。
さらに、自宅でタデを栽培している場合には、食べる直前に摘み取った方が、香りも良くおいしいと言われています。
ちなみに、タデは、タデ酢としても使われていますが、これは開封から3ヶ月以内には使い切った方が良いでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの種類

タデには、どんな種類があるのでしょうか。
これは、野生、栽培などによっても異なりますが、タデとは、「ヤナギタデ」という植物のひとつで、食用としては、紅タデと青タデが有名です。
紅タデは、野生の種類で、花が濃いピンク色をしており、辛味や香りも強く、タデの中では、高級品だと言われています。
また、青タデの場合は、栽培出来る分、辛味や香りは紅タデより弱く、生産量は多く、価格も安めだと言えるでしょう。
さらに、タデには、花の形が桜にそっくりなサクラタデや、身のカラチがかなり小さいポントクタデなどもあるそうです。
野生か栽培かによっても、タデの種類は大きく異なると言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの有名産地

タデの有名な産地と言えば、どこでしょうか。
タデの国内産地と言えば、福岡県で、その生産量は、全国のタデの7割を占めると言われています。
このタデは、鮎の塩焼きに添えられるだけでなく、タデの葉っぱをすりつぶして酢にした、タデ酢として食べられる事が多いと言えるでしょう。
また、海外では、ベトナムでタデを食べる文化が有り、輸入量自体は多くないのですが、輸入もしている国だと言えるでしょう。
ちなみに、タデは、プランターで育てる事も出来るので、家庭菜園でタデを育てている方も最近は増えて来ているそうです。
タデを購入する方は減ってきていても、タデを料理に使う家庭は、まだまだ健在だと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの価格目安

タデの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
タデは、鮎の塩焼きなどに添えられる植物で、あまり食用としては、使われる事が多くないため、市販のタデも、鉢植えなどで販売されている事が多いようです。
タデの苗は、1つ350円~500円ほどで販売されており、プランターなどで育てる方が多いと言われています。
もちろん、タデがうまく育てば、料理の付け合わせも使えますし、香辛料としての香りは良いので、観葉植物だけでなく、料理への応用も出来るでしょう。
ちなみに、タデは、「タデ酢」としても、販売されており、300mlあたり、400円ほどで購入出来るそうです。

投稿日: カテゴリー タデ

タデの栄養と効能

タデには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
タデは、辛味が強いため、薬味として使われる事の多い食材です。
その為、タデには、解毒作用や、殺菌効果が高いと言えるでしょう。
昔から、お魚の刺身には、ツマや薬味が付いていますが、これは、魚に含まれる細菌からお腹を守る為で、その分、タデのような薬味は、刺激が強く、食べ過ぎると、胃痛を起こす事もあるそうです。
さらに、タデの香りは、食欲増進にも役立つと言われており、特に鮎の塩焼きなどには、使われる事が多いと言われています。
最近では、タデが食べられる事を知らない方も多いのですが、少しなら、食べた方が、消化にも良いと言えるでしょう。

投稿日: カテゴリー タデ

タデのおいしい見分け方

タデは、どこでおいしさを見分けたら良いのでしょうか。
最近は、タデを食べるという機会自体が無いため、タデを直接見て、おいしさを見分ける事も難しくなってきました。
タデは、元々ヤナギタデという植物のひとつで、鮎の塩焼きに少し添えたり、お刺身のツマとしても食べられる事があります。
ただ、野生のタデは、紅タデといって、花が濃いピンク色をしており、辛味も強くおいしいと言われています。
タデは、栽培する事も出来ますが、これは青タデという品種で辛味がそこまで強くない為、薬味として使うのは、すこし物足りないと言えるでしょう。
天然か、そうでないかも、タデ選びには重要なのです。

投稿日: カテゴリー タデ