チキン南蛮がわかる!その魅力とは

チキン南蛮の魅力とは何でしょうか。
チキン南蛮の魅力は、南蛮酢の甘酸っぱさと、タルタルソースのコクを一緒に味わえる事だと言われています。
元々、宮崎が発祥のチキン南蛮は、全国のコンビニや、お弁当屋さんで、持ち帰り用総菜としてすぐに手に入る上、普通の食事とは、ちょっと違う味わいを楽しめるのが人気を集めています。
タルタルソースと鶏肉は、良いコンビネーションですし、そこに、南蛮酢が加わる事で、3つの味を一緒に楽しむ事が出来、コクが強いのに飽きが来ないと言うのが、チキン南蛮の魅力だと言えるでしょう。
チキン南蛮のクセが強すぎるという方も居るのですが、チキン南蛮を食べるお店によっても、味に大きな違いがあると言われています。

チキン南蛮の保存方法

調理済みのチキン南蛮を保存する場合には、冷蔵庫で保存するのが良いと言われています。
チキン南蛮は、鶏肉にしっかりと火が通っていれば、すぐに腐ってしまう事がほとんどありませんし、調理から3日以内であれば、お弁当に入れても問題なく食べられるそうです。
ただ、チキン南蛮は、タルタルソースも添えて食べるもので、鶏肉そのものよりも、タルタルソースの方が、早く悪くなってしまう事が多いと言われています。
その為、お弁当に入れるなら、タルタルソースも3日以内で、冷蔵保存したもの、もしそれ以降に食べるようなら、タルタルソースだけ、別でもう一度作り治りた方が良いでしょう。

チキン南蛮の種類

チキン南蛮は、かけるソースによって様々な味のバリエーションを楽しむ事が出来ます。
定番のチキン南蛮と言えば、鶏肉に南蛮酢で下味をして、タルタルソースをかけるものですが、中には、タルタルソースだと胃がもたれてしまう方も居るので、さっぱりと大根おろし醤油や、ポン酢で味付けをするのもオススメです。
そして、チキン南蛮にチーズをかけたり、レモンでシンプルに味付けするのもオススメで、少し洋風の味を楽しみたい場合には、クリームソースもアウト言われています。
特に、かんきつ系や、クリーム系のソースは、チキン南蛮と相性が良いので、自分の好みにあわせて、少し作り替えてみるのも良いでしょう。

チキン南蛮の有名産地

チキン南蛮の産地と言えば、宮崎県です。
宮崎県の延岡市には、今でも、チキン南蛮を初めてメニューに出したレストラン「おぐら」が有り、宮崎県内では、定番の家庭料理として知られています。
特に、宮崎県のスーパーなどでは、チキン南蛮用のタレも販売されている事が多く、タルタルソースなども各家庭によって、味に違いがあるそうです。
しかし、現在のチキン南蛮は、全国的に有名なメニューのひとつなので、お弁当屋さんや、コンビニ、スーパーのお惣菜コーナーなどで、すぐに手に入るお弁当として人気を集めています。
ちなみに、地鶏が有名な地域でも、チキン南蛮が作られる事が多いそうです。

チキン南蛮の価格目安

チキン南蛮の価格は、いくらぐらいが目安になるのでしょうか。
居酒屋などで出されているチキン南蛮の価格は、800円~1000円ほどが相場だと言われています。
もちろん、チキン南蛮の味付けや、鶏の種類によっては、さらに値段が高くなる事もありますが、一般的な居酒屋の価格目安はこのくらいだと言えるでしょう。
そして、最近では、チキン南蛮のタレだけを販売している事もよくあり、この価格も300円~600円ほどです。
タレがあれば、自宅でも調理するのが簡単になるため、家庭料理としてチキン南蛮を楽しみたい方には、オススメだと言えるでしょう。

チキン南蛮の栄養と効能

チキン南蛮には、豊富な栄養成分が含まれていると言われています。
チキン南蛮は、ヘルシー食材と言われる鶏肉を使っているだけでなく、血液をサラサラにする効果の高いお酢や、タンパク質の多いタルタルソースを使っているバランスの良い食材です。
鶏肉は、カロリーが低い割にタンパク質が多く含まれているため、ダイエット中の方が沢山食べても、問題ありませんし、揚げ油でドロドロになってしまいがちな血液を南蛮酢がサラサラに変えてくれます。
そして、タルタルソースには、タンパク質、ビタミンなどが含まれているため、肌や、骨を作る上で、重要な栄養素をしっかりと補給する事が出来るでしょう。

チキン南蛮のおいしい見分け方

チキン南蛮には、おいしさを見分けるコツがあるのでしょうか。
チキン南蛮は、鶏肉と南蛮酢の下味だけでなく、タルタルソースの味が重要だと言われています。
もちろん、チキン南蛮を作る上で、素材の味は欠かせないため、地鶏がおいしい名古屋や、宮崎、鹿児島などのチキン南蛮は特に美味しいようですが、他の地方でも、タルタルソースにこだわっているお店では、チキン南蛮も美味しいと言われています。
自宅でチキン南蛮を作る場合にも、甘酢よりもタルタルソースにこだわって作った方が、美味しいチキン南蛮を作れるそうなので、自分なりに試してみるのもオススメです。