ディルの食べ方

ディルには、どんな食べ方があるのでしょうか。
ディルは、茎から花まで利用出来るハーブですから、その食べ方も異なります。
まず、ディルの茎と葉っぱは生のままでも、料理に添えたり、刻んで混ぜ込む事が出来ますし、採り立てのディルは、香りが強く、食材の風味を引き立てると言われています。
そして、花や茎の部分は乾燥させて、ハーブティーにするのがオススメで、ディルには、香りによる鎮痛作用、リラックス効果があるので、その点でも、香りを楽しめるハーブティーは体に良いと言えるでしょう。
ちなみに、ディルは、ピクルスやマリネにもよく使われているハーブだそうです。

ディルの栽培

ディルの栽培は、難しいのでしょうか。
ディルの栽培は、ハーブの中でも簡単な方だと言われています。
まず、ディルの種まきは、3月~5月、または9月~10月で、秋まきの方が、葉の収穫も長く出来ると言われています。
ディルは、日当りの用場所で育てるのが基本ですが、少し湿った土の方が、育ちやすいので、土が乾かないようにこまめに水をあげる事が大切です。
また、秋まきの場合には、寒さで枯れてしまう事があるので、室内に移動するなどの工夫が必要でしょう。
ディルの花が咲くのは、5月~7月にかけてで、花もハーブティーとして使う事が出来るので、乾燥させてから保存するのがオススメです。

ディルの簡単な定番レシピ

ディルには、どんなレシピがあるのでしょうか。
ディルの香りを引き出すなら、ポテトサラダがオススメです。
材料は2人分で、じゃがいも中3個、セロリ4分の1、ディル小さじ3、マヨネーズ適量、塩こしょう少々、ハム適量です。
まず、ジャガイモを皮ごと洗ってから、柔らかくなるまで茹でます。
ジャガイモの水を切ったらめん棒やフォークでジャガイモをつぶして、ディルをみじん切りにします。
ディルとセロリをジャガイモに混ぜ合わせて、マヨネーズを加えて、小さめに切ったハムを混ぜ込んでから、塩こしょうをすれば出来上がりです。
ディルの香りが引き立つポテトサラダは、夕食のおかずにもピッタリだと言えるでしょう。

ディルのカロリー

ディルのカロリーは、どれくらい高いのでしょうか。
ディルのカロリーは、100gあたり、23カロリーほどだと言われています。
これは、生のディルの葉っぱを計量した物で、乾燥させた物になると、同じ100gでも、内容量が多くなるため、326カロリーほどになると言えるでしょう。
また、ディルを使った料理には、ピクルスやマリネなどがあげられますが、これらは、そこまでカロリーが高いレシピではありませんし、マリネの場合は、ドレッシングの種類によって、かなりカロリー数も異なると言われています。
ディルには、特別な栄養素も含まれていない為、そこまでカロリーを気にする必要もないでしょう。

ディルがわかる!その魅力とは

ディルの魅力とはなんでしょうか。
ディルの魅力は、その効能にあると言われています。
ディルは、香りがとても良いハーブのひとつで、主にハーブティーや、魚の風味付け、サラダなどにも使われています。
このディルの香りには、神経を落ち着かせる効果や鎮痛作用もある為、昔科や薬用のハーブとしても使われてきたそうです。
ただ、ディルは特別な栄養素が含まれているわけではないので、あくまで香りによる健康効果を期待出来るハーブだと言えるでしょう。
ちなみに、ディルは、葉っぱ、種、花、茎など、幅広い範囲が使えるものなので、使い道が幅広いと言うのも、大きな魅力だといわれています。

ディルの保存方法

ディルは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
ディルは、花、葉っぱ、茎まで、様々な部分が利用出来るハーブですが、基本的には、使う前に収穫するのが良いと言われています。
ディルは、食用のハーブとして販売されている事が少ないので、自宅で栽培している方も多いですし、自宅で栽培した方が新鮮なディルが、いつでも手に入ると言えるでしょう。
また、ディルを長期保存したい場合には、ピクルスと一緒に漬け込むのもひとつの方法ですが、ハーブティーとして使う場合には、先に乾燥させてから、湿気などが入りにくい瓶などで保存するのが良いと言われています。

ディルの種類

ディルとは、どんな種類の植物なのでしょうか。
ディルは、昔から薬用のハーブとして使われてきたセリ科の植物で、地中海沿岸から西アジアが原産だといわれています。
このディルは、アニスのような香りがするのが特徴で、昔からピクルスに使われてきたハーブなので、ピクルスの香りにとても近いと言えるでしょう。
また、ディルは、見た目がフェンネルというハーブに似ているのですが、このディルとフェンネルは別の種類なので、野草を見分ける時には、注意した方が良いでしょう。
ちなみに、ディルは、ハーブティーだけでなく、スープやシチュー、ポテトサラダにいれるのも相性がいいといわれています。

ディルの有名産地

ディルの産地と言えば、どこなのでしょうか。
ディルは、元々、地中海~西アジアで栽培されていたハーブです。
地中海海沿岸は、ハーブの楽園と言われるくらい、ハーブの種類が多い地域なので、そこからアジアにディルが広まったと言えるでしょう。
また、国内のディルの生産は、福岡県、大分県などの九州が多く、暖かい気候の方が、育ちやすい事もこれに関係していると言われています。
ちなみに、海外では、インドやアメリカ、ヨーロッパからの輸出が多いのですが、日本国内では、あまりポピュラーなハーブではないですし、家で栽培する事も可能なので、最近では、家庭菜園でディルを育てている方も増えて来ているそうです。

ディルの価格目安

ディルの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
ディルの価格は、栽培用の種で190円~210円ほどが相場だといわれています。
この価格は、ネット、ホームセンターでも、ほとんど変わらないようです。
また、ディルの苗の価格は、1株300円ほどですが、沢山まとめて買えば、すこし価格が安くなる事もあると言えるでしょう。
さらに、ディルは、ハーブティーとして飲む事も出来るのですが、ディルのハーブティーのパックなどは販売されていないので、自分でディルを栽培する必要があると言われています。
そこまで栽培方法も難しくないので、ガーデニングやハーブティーが好きな方には、オススメです。  

ディルの栄養と効能

ディルには、どんな効能があるのでしょうか。
ディルは、特別な栄養成分が含まれているわけではないのですが、香りによる効能があると言われています。
ディルの香りは、神経の高ぶりを落ち着かせるといわれており、寝る前などにハーブティーとして飲むと、リラックス効果があると言えるでしょう。
そして、ディルの香りは鎮痛効果もある為、ヨーロッパでは、病院の自然治療薬として、ディルの種を煎じたお茶を出す事もあると言われています。
また、ハーブティーだけでなく、ピクルスやサラダに少し加えるだけでも、ディルの優しい香りがつくので、風味が増しておいしいと言えるでしょう。

ディルのおいしい見分け方

ディルは、スイートフェンネルと見た目が非常に似ていますが、一体どこで2つを見分けたら良いのでしょうか。
ディルとスイートフェンネルは、香りも似ているので、食べた時に、ピクルスにも似た香りが残るものが、ディルだといわれています。
最初の味は、どちらもアニスの香りがするのですが、後味がどうなるかで見分けるのが確実でしょう。
また、ディルの色合いは、少し青っぽい緑色ですが、フェンネルの場合には、葉っぱの色が、若干、黄緑色ぽいので、その点も見分けのポイントにするのがいいそうです。
ハーブは、似たような品種も多いので、正しく見分ける事が重要だと言われています。