トマトスープの保存方法

調理済みのトマトスープは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
これは、トマトスープのタイプによって異なります。
他の野菜などが入っているサラサラタイプのトマトスープであれば、冷蔵庫で5日ほどの保存が可能です。
もちろん、具材にお肉や魚介類が入っている場合には、冬場でも3日以内に食べきるのが良いでしょう。
そして、トマトピューレをベースにした、トロトロタイプのトマトスープの場合には、トマトが酸化しやすくなっているので、冷蔵保存でも、調理から3日以内には食べきった方が良いと言われています。
トマトスープは、早く食べた方が、素材の味を楽しめるのです。

トマトスープの種類

トマトスープには、どんな種類があるのでしょうか。
トマトスープは、大きく分けて、サラサラのタイプと、トロトロのタイプに別れます。
まず、自宅で調理しやすいのは、たまねぎやにんじんを細かく刻んで、トマト、コンソメと一緒に煮込んだサラサラのタイプのトマトスープで、飲みやすいという点では、魅力があります。
このスープに、ショートパスタを入れれば、ミネストローネにもなるので、応用も利くメニューだと言えるでしょう。
また、トマトピューレや、トマトの缶詰を使ったトマトスープは、トマトの味が濃い分、トロトロのトマトスープに仕上げるとおいしいと言われています。

トマトスープの有名産地

トマトスープの産地と言えば、どこが有名なのでしょうか。
トロトロのトマトスープや、ミネストローネは、フランスやイタリアなどでよく飲まれているスープですが、最近では、国内でも人気が高いと言われています。
トマトスープの魅力は、トマトと少しの野菜があれば、すぐに、簡単に調理出来る事で、特に夏場においしくなるトマトは、トマトスープにもうってつけだと言えるでしょう。
そして、トマトの旬ではない冬の時期でも、缶詰のトマトなどを使えば、身体が温まるミネストローネなども作る事が出来ますし、特に国内産のトマトは甘みが強く、トマトスープによく合うと言われています。

トマトスープがわかる!その魅力とは

トマトスープの魅力とは何でしょうか。
トマトスープの魅力は、栄養分が豊富で、お腹にもたまりやすい事だと言われています。
まず、トマトスープには、豊富なビタミン群が含まれています。
お肌にいいビタミンCがトマトには沢山含まれているのは、一般にも知られていますが、その他にも、ビタミンA、H、Pなど、細胞の生成を助けたり、血管を丈夫にする栄養素が豊富に含まれているそうです。
そして、トマトスープには、ミネストローネなど、小さなパスタが入っている物もあり、ちょっとした空腹時にも、すぐ食べられ、お腹にたまりやすいという魅力があります。
カロリーも低めなので、特にダイエット中の方にはオススメです。

トマトスープの栄養と効能

トマトスープには、どんな栄養分が含まれているのでしょうか。
トマトスープは、特にビタミンを多く含んでいるスープだと言われています。
トマトスープの材料となるトマトには、肌に良いビタミンCが多く含まれていますが、その他にも、血管を強くするビタミンAや、細胞再生を強くするビタミンH、Pなども豊富に含まれています。
そして、トマトスープは、高血圧の予防などにも効果があると言われており、トマトジュースが苦手で飲みにくいという方は、トマトスープに切り替えてみるのも良いでしょう。
また、トマトスープは、弱った胃腸にも優しいので、胃腸の調子が悪い時にもオススメです。

トマトスープのおいしい見分け方

おいしいトマトスープを作る為には、おいしいトマトを見分ける事が欠かせません。
特に、トマトピューレタイプのトマトスープは、トマト本来の味がはっきりと出る物ですから、トマトの質によって、おいしさも大きく異なるのです。
おいしいトマトは、比較的小ぶりで、形が丸まるとしているものを選ぶと良いと言われています。
大きめのトマトは、トマト全体に栄養が行き渡っていない場合もあるので、小さくても形が良いものを選びましょう。
また、小さくても重みがあり、皮が濃い赤色で、小さな傷や、落とした跡などがないトマトを選ぶと、失敗しないと言われています。