トリュフの食べ方

トリュフは、どんな風な食べ方をするものなのでしょうか。
トリュフは、キノコの一種で、スライスしてトッピングに使われる事が多いのですが、黒トリュフの場合には、料理に混ぜ込んだり、調理用としても使えると言われています。
白トリュフの場合には、火を通すと香りが弱くなってしまうという特徴があるため、生食でスライスするのが一般的だと言えるでしょう。
フランスやイタリアでは、トリュフの季節になると、一般のレストランのパスタにも、トリュフがかけられる事があり、その年に、トリュフが豊作かどうかも、トリュフ料理の価格に影響すると言われています。

トリュフの栽培

トリュフは、栽培出来るのでしょうか。
トリュフを栽培している地域もありますが、一般的には、トリュフの栽培は、非常に難しいと言われています。
トリュフは、土の中で育つ茸なので、ある程度の大きさにならないと、地上まで出てきませんし、トリュフ園などはあっても、大量生産が難しいと言えるでしょう。
また、野外でトリュフを探す時は、メスの豚や犬を使って、香りで探し当てる事が多く、トリュフの香りは、オスの豚が出すフェロモンの香りにも似ていると言われています。
ただ、豚だと、トリュフを見つけた瞬間に食べてしまう事が多いので、最近は、主に犬が使われているそうです。

トリュフの簡単な定番レシピ

トリュフには、どんなレシピがあるのでしょうか。
おもてなしのパーティー料理なら、トリュフの豆乳フランがオススメです。
材料は、豆乳400cc、卵4個、ブランデー大さじ1、黒トリュフ1個、塩小さじ1です。
まず、ボウルに卵を割り入れて、解きほぐしてから、豆乳と良く混ぜて、ザルでこします。
黒トリュフを半分だけ削りいれて混ぜ合わせて、耐熱容器に入れます。
加熱容器が入る鍋にお湯を入れて湧かしてから、耐熱容器を入れ、フタをして、弱火で3分ほど加熱します。
その後、日を止めて、20分ほどおき、フタと開けて、残りのトリュフをスライスしてトッピングし、さらに5分蒸らしたら出来上がりです。

トリュフのカロリー

トリュフには、どのくらいのカロリーがあるのでしょうか。
トリュフには、100gあたり、44カロリーが含まれていると言われています。
トリュフというと、高級食材なので、カロリーも高いと想像する方もいるのですが、トリュフは、キノコの一種ですから、他のキノコと同様のカロリーがあると言えるでしょう。
ただ、トリュフをトッピングにする料理は、パスタやオードブルなど、カロリーが高めなので、トリュフ単品では、そこまでカロリーがなくても、調理する段階で、高カロリーレシピになる事があるので、注意が必要です。
ヨーロッパでは、トリュフが食べられる事が多いので、旅行の際に、少しだけ試してみるのも良いでしょう。

トリュフの保存方法

トリュフは、どんな風に保存するのが良いのでしょうか。
トリュフは、冷凍された状態で販売されている事が多いので、保存は冷凍庫、解凍は、袋に入れた状態で、周りに氷水を入れて、解凍するのが良いと言われています。
トリュフは、とにかく香りが重要な食材ですから、水に漬けたり、洗ったりするのは、もっての他で、氷水をビニール袋越しに漬ける事で、解凍が早くなると言えるでしょう。
ただ、1度解凍したトリュフは、再冷凍出来ないので、解凍したら、ラップやジップロックなどに入れて、冷蔵庫で保存すると良いでしょう。
この時に、エアークッションなどで包むと、冷蔵庫の開閉時の温度上昇を防げると言われています。

トリュフの種類

トリュフには、白トリュフと黒トリュフがありますが、この2つには、どんな違いがあるのでしょうか。
まず、トリュフとして、一般に広く知られているのが、黒トリュフです。
黒トリュフは、フランス、スペイン、イタリアなどで生産されており、この黒トリュフは、香りがそこまで強くない為、調理用に使う時は、他の野菜と同様に、量が必要になると言われています。
一方、白トリュフは、主にイタリアで生産されており、黒トリュフよりも香りが強い分、高級で、1キロ数十万円で販売される事もよくあると言えるでしょう。
また、料理に使う場合には、白トリュフの方が、生で食べられる事が多いそうです。

トリュフの有名産地

トリュフの産地としては、どこが有名なのでしょうか。
トリュフは、主にヨーロッパで生産されているきのこの一種です。
ヨーロッパの中でも、フランス産のトリュフは、世界に流通しているトリュフの45%をしめていると言われており、香りが強いフランス産のトリュフは、特に価値が高いと言えるでしょう。
また、スペインやイタリアでも、トリュフの生産が盛んで、イタリアでは、黒トリュフだけでなく、白トリュフの生産が多いと言われています。
さらに、最近では、スウェーデン、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカでも、トリュフの生産が行われているそうです。

トリュフの価格目安

トリュフの価格は、いくらぐらいなのでしょうか。
トリュフは、超高級食材として知られていますが、トリュフの中にも、様々なグレードがあるため、一概に、トリュフがいくらというのは、難しいようです。
ネットなどで販売されているトリュフは、100gあたり、3000円~5000円と言われており、希少価値の高い種類になると、さらに値段が上がると言えるでしょう。
また、トリュフは、料理のメインに使うよりも、トッピングとして使われる事が多いため、量がそこまで多くなくても、料理を引き立ててくれる役割があると言われています。
ちなみに、トリュフの中でも、香りが良いフランス山のトリュフは、価格が高いそうです。

トリュフの栄養と効能

トリュフには、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。
トリュフは、香りを楽しむ為の食材なので、特別な栄養素は含まれていないと言われています。
もちろん、トリュフもキノコの一種なので、食物繊維や、カリウムなどは含まれていますが、トリュフという食材が、香り付けの為に食べられる物だと言えるでしょう。
トリュフは、スライスすると、その瞬間に香りが広がるという特徴が有り、この香りの強さが、価格などに影響してきます。
その為、フランス産のトリュフは、特に香りが強く、値段も高く設定されているそうです。
トリュフは、そこまで栄養がある食材ではないと言えるでしょう。

トリュフのおいしい見分け方

トリュフのおいしさは、どこで見分けたら良いのでしょうか。
トリュフは、高級食材で、一般には、ほとんど出回らないため、現物を見て購入する事が皆無です。
ただ、トリュフは、見た目だけでおいしさを判断するのが難しく、多くの場合は、香りの強弱で価格なども異なると言えるでしょう。
一般的に、トリュフは、スライスした途端に香りが広がるのですが、そのままの状態ではほとんど香りがしません。
しかし、フランス産や、イタリア産のトリュフは、その香りも強い為、高価な種類だと言えるでしょう。
中には、ヒマラヤ産のトリュフもありますが、香りは、フランス産のトリュフに比べると少ないようです。

トリュフがわかる!その魅力とは

トリュフの魅力とはなんでしょうか。
トリュフの魅力は、なんと言っても、その香りだと言われています。
トリュフというと、きのこの一種なのですが、その独特の香りは、トリュフをスライスした瞬間、部屋全体に広がるそうです。
その香りが、食欲を増進すると言えるでしょう。
特に、トリュフのグレードが大きく別れているのは、このトリュフの香りが強いかどうかにもよる部分が大きく、フランス産のトリュフは、特に香りが強く、1キロ数十万円で取引される事もあるそうです。
普段の食事では、ほとんど食べる事のないトリュフですが、機会があれば、一度試してみるのが良いでしょう。